TEL.03-3586-1522info@car-auc.jp
ご存知ですか?その車カーオークションなら20%安く買えます。

5ナンバーステーションワゴン最後の砦ホンダシャトルがマイナーチェンジ

(引用:ホンダ公式HP)
2019年9月、トヨタは、新型カローラセダンとステーションワゴンのカローラツーリングを発表しました。カローラといえばかつての国民車。少し前まで街中を走るセダンやワゴンの多くがカローラという時代がありました。
 
そしてカローラといえば、日本の道路事情にあった丁度良い5ナンバーサイズがいわばアイデンティティでした。ライバルが3ナンバーとなっても、国内向けモデルは頑なに5ナンバーを守り続け、だからこそカローラを乗り継いできた!というベテランドライバーもいたのです。
 
3ナンバーと5ナンバーの定義
 
しかし、ついにその縛りがなくなってしまいました。新型カローラは3ナンバーサイズになってしまったのです。3ナンバーといっても全幅が1,745㎜にワイド化されただけなので極端に大きいわけではありません。
 
しかし、カローラが3ナンバーになった!というのはそれだけでカーメディア界隈では大きなニュースとなるほど、衝撃的なこと。特に筆者が気になったのは数少ない5ナンバーステーションワゴンの一台がなくなって(旧モデルが一部販売継続されますが)しまったこと。もはや残るはホンダのシャトルくらい(バンは除く)です。5ナンバーステーションワゴンは、ニーズも高くないので、もはや切り捨てられる存在なのでしょうか。
 
いや、そんなことはありません。残るホンダのシャトルをあらためて見てみると、実用的かつ優れた居住性を持つ実力派の一台であるのがわかります。
 
さらに、つい先日2019年5月には、マイナーチェンジが実施されより魅力的な一台へと進化も遂げているのです。まだまだこのクラスのステーションワゴンに、ニーズがあるということの証明でしょう。そこで、新しくなったシャトルについてそのコンパクトステーションワゴンならではの魅力や、マイナーチェンジのポイントなど、詳しく探ってみます。
 
 

シャトルとはどんなクルマなのか?ベースのFITとの違いは?

ホンダシャトルの車体

(引用:ホンダ公式HP

 
ついに、5ナンバーステーションワゴンの一台、カローラワゴンが3ナンバーに(旧カローラワゴンのカローラフィールダーもグレードを絞り残されていますが)なってしまいました。5ナンバーサイズは日本の道路事情や交通事情を考えた日本ローカルの規格。グローバル市場を考えればもはやその縛りは意味がないとはいえ、日本国内で使用するならとても便利で使いやすい規格であることは間違いありません。
 
また、そんな5ナンバーにこだわりクルマ選びをしてきたというベテランドライバーもいるはずです。特にステーションワゴンは、仕事にも遊びにも使えるとても便利なクルマ。だからこそコンパクトな5ナンバーサイズにこだわり、歴代5ナンバーステーションワゴンを乗り継いできたというケースも間違いなくあるはずです。
 
では、そのようなステーションワゴン派は、今後どうすればいいでしょう?今のクルマを乗り続けるしかないのか?実は、そのよう方にピッタリなのがホンダのシャトルなのです。FITやフリード、ジェイドなどの陰に隠れ、意外に見逃されがちですが、れっきとした5ナンバーサイズの立派なステーションワゴンです。
 
そして、2019年5月10日には、マイナーチェンジが実施されました。コンパクトなステーションワゴンが好きという方にとってはもはや最後の砦というべき貴重な存在がこのシャトルですが、そもそもどんなクルマなのか。
 

簡単にいってしまうと大ヒットコンパクトカー、FITをベースとしたコンパクトステーションワゴンです。発売されたのは2015年で、ベースとなったのは3代目FIT。

 
先代に当たるのはFITシャトルで、こちらも2代目FITをベースとしたステーションワゴンでした。その違いは車名にFITがついているかいないかです。
 
でも、この違いが意外に位置づけやイメージを大きく左右しています。先代にたるFITシャトルは車名にFTIと付いていることからFITのロングバージョンというイメージが非常に強く、ステーションワゴンというよりも5ナンバーサイズのローフールミニバン的な印象がありました。
 
しかし、現行モデルのシャトルはFITの車名が取れたことで、FITとは別の車種という印象を受けます。そのため、に基本的なコンセプトは変わっていないのですが、FITよりも上級のステーションワゴンというイメージであり、また位置づけ的にもそうなっているのです。
 
 

FIT派生車ながら独自の魅力を磨いたステーションワゴン

ホンダシャトルのハンドル

(引用:ホンダ公式HP

 
シャトルのスタイリングの基本はFITに準じており、フロントウインドウが大きく寝たミニバン風のフォルム。しかし、ルーフが後方に大きく伸びたことで、ボリューム感が増し、車格も随分とアップして見えます。また、フロントマスクなども、軽快でスポーティなイメージのFITに対して、立体感のある上質なイメージなのが印象的です。
 
そのサイズは前述したようにコンパクトな5ナンバーサイズ。全幅は1,695㎜と5ナンバーいっぱいで、これはベースとなったFITと変わっていません。
 
しかし、全長はステーションワゴンらしく4,400㎜となっており、これはFITよりも40㎝も長い数値。その分を広々とした荷室にあてており、ステーションワゴンらしく、快適な居住性と、優れた積載性を高いレベルで両立しています。それでいて長すぎない丁度良い設定です。
 
シートの配列はフィットと同じで2列の5人乗り。もともと広さで定評のあるFITがベースなので、コンパクトな5ナンバーサイズながら、ミドルサイズのステーションワゴン並みに広さが確保されています。
 
全高は、1545mm(FF)で、これは、立体駐車場などにも対応可能な高さ。ルーフも長く、フィットとは天井の形状も異なっており頭上の空間は握りコブシ1つ半と余裕があります。都市部ではこの絶妙な高さが意外に便利で、ミニバンなどが駐車できないちょっと古めの立体駐車場が利用できるというはなかなかのアドバンテージでしょう。
 
シャトルのスタイリング
 
またインテリアも基本はFITに準じていますが、インパネ周りにソフトパッドなどを多めに使用することでより高級感が増しています。
 
パワーユニットは、1.5リッターガソリンエンジンとモーターによるハイブリッド。そして。直噴1.5リッターガソリンエンジンの2種類。これらはいずれもフィットと共通のユニット。燃費に優れており、また、走りのパフォーマンスに不足を感じることはないでしょう。
 
このように、あらためてそのスペックを並べてみると、5ナンバーステーションワゴンとして非常に魅力的な一台であることが分かるはずです。
 
そして、先日、その魅力をさらにアップさせるマイナーチェンジを実施されましたがその内容を次のパートで細かく探ってみましょう。
 
 

何が変わった?新型シャトル

ホンダシャトルのハンドル

(引用:ホンダ公式HP

 
今回のマイナーチェンジでは、ボディの形状を大幅にリニューアルする、というような大胆な変更はありません。しかし、フロントとリア周りのディテールのデザインなどが細かく変更されており、従来よりも低重心でワイドなスタイリングが強調されています。
 
例えば、前後のバンパーのフォルムやフロントのフォグライトの形状が大きく変わっていて、幅いっぱいに伸ばされたクロームメッキパーツも相まってより低さを感じさせるデザイン処理が施されています。
 
さらに、テールゲートとリアコンビネーションランプのデザインも一新。テールゲートはプレスラインなども変更されており、より高級感あるものとしながらリアビューのシャープさを際立たせています。
 
他にもアウタードアハンドルやフロント・リアバンパーまわり、また、サイドシルモールなど随所にクロームメッキパーツを配することで、上質なイメージが演出されており、思いのほかイメージが変わっています。
 
従来のシャトルはFITよりも上級なステーションワゴンという位置づけでありながら、カジュアルなイメージも漂っていましたが、デザインが変更されたことでFITとの差別化がさらに進み、上質で高級感あるコンパクトステーションワゴンという印象に変わっているように感じられます。
 
インテリアも同様の方向性で変更を実施。従来はインテリアの加飾にメッキパーツが使われていましたが、これを上品な光沢感のあるピアノブラックにしています。
 
さらに、シートデザインなども変更。加えて新たに本革シートを設定するなどより質の高いインテリアにグレードアップしています。他にはリアセンターアームレストへのカップホルダーが追加。また、見えないところにも手が加えられていて、防音材の見直しの実施によって静粛性が向上。居住スペースの快適度が大きく増しています
 
他にも、従来から設定されていた安全運転支援システム「ホンダセンシング」にも変更点があり、オートハイビーム機能が追加されています。これは、前走車や対向車を検知して、ハイ/ロービームを自動で切り替えるというもの。前方の視界確保と、切り替え操作の頻度の低減で、内とドライブの安全性と快適性が大きく向上するはずです。
 
変更点をまとめると
 

価格に関しては以下の通り。
 

グレード エンジン 駆動方式 価格
HYBRID・Honda SENSING ハイブリッド FF 211万8,960円
4WD 231万3,360円
HYBRID X・Honda SENSING FF 237万4,920円
4WD 256万9,320円
HYBRID Z・Honda SENSING FF 255万9,600円
4WD 272万1,600円
G・Honda SENSING ガソリン FF 177万5,520円
4WD 196万9,920円

 
マイチェン前の価格が177万120円(G・Honda SENSING/FF)~263万1,960円(HYBRID Z・Honda SENSING/4WD)なので、わずかにアップしていますが、変更内容を考えると、妥当、と言うかむしろお買い得感が増していますね。
 
ちなみに、新しいカローラツーリングの価格は201万3,000円~299万7,500円です。最上級グレードはほぼ300万円。先代カローラフィールダーと比べるとだいたい50万円ほど高くなっています。車格がアップしたせいか随分と立派なプライス。もはやクラスが違います。
 
このように価格を比べてみてもシャトルの魅力が光ってきます。手ごろなサイズの5ナンバーステーションワゴンが欲しいという方には、まさにぴったりな一台。先代カローラフィールダーから乗り換えるクルマがない!とお困りの方も、この新しいホンダシャトルに注目してみてはいかがでしょう。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp
入札無料!格安カーオークションならカーオークション.jp!