中古車オークション落札・出品代行最安なら「カーオークション.jp」

オークション初めての方
03-6867-8529 受付時間:平日10:00-19:00
中古車オークションなら「カーオークション.jp」

金色に輝くエンブレムアルファード「S”TYPE GOLD”」

トヨタ公式HP

金色に輝くエンブレムアルファード「S”TYPE GOLD”」

エンブレムアルファード「STYPE GOLD」

(引用:トヨタ公式HP

 
国産ミニバンの中でも、ライバルに対して圧倒的な人気を誇っているアルファード/ヴェルファイアです。トヨタのLクラスミニバンとして登場以来、登録台数でも歴代ナンバー1人気をキープし続け、3代目となる現行モデルもその地位は全く揺るいでいません
 
illust-alphard-grade-special
 
そんな人気のアルファード/ヴェルファイア(以下アル/ヴェル)に2020年5月1日、特別仕様車、S「TYPE GOLD」(アルファード)と「Z”GOLDEN EYES”」(ヴェルファイア)が設定されました。このゴージャスなゴールドをあしらった特別仕様車は現行モデル、先代モデルでも何度か設定されておりその都度注目を集めてきた特別なクルマです。
 
なんといってもゴールドというゴージャスな響きと、人気ゆえ中古となっても値段が落ちないほど優れたリセールバリュー。アルファードファンなら是非とも手に入れたい特別仕様車といえるでしょう。でも、ゴールドといってもどんな点が特別なのか? また、なぜそんなにも人気なのか? きっとご存じない方いるでしょう。そこで、ゴールドな特別仕様車でも特に人気の高いアルファード「S”TYPE GOLD”」に注目して、その装備内容や人気の理由などをあらためてチェックしてみましょう。
 
 

国内ミニバンの中でもナンバーワン人気の高級ミニバン兄弟

エンブレムアルファード「STYPE GOLD」

(引用:トヨタ公式HP

 
日本国内における最高級ミニバンといえばだれがなんといってもトヨタのアルファードとヴェルファイア兄弟で決まりでしょう。かつては日産のエルグランドやホンダのエリシオンなどといったライバルも頑張っており、互いに競い合って市場を盛り上げてきましたが、気が付けばエルグランドはモデルチェンジも実施されず、エリシオンはオデッセイに統合され消滅。結果、アル/ヴェルがそれらのライバルを圧倒してしまいました。寂しい面もありますが、それだけ優れたミニバンであるということの証明なのでしょう。
 
Lクラスミニバンとしては販売台数もこの2車種がぶっちぎりです。日本で手に入る、ゴージャスで存在感抜群の高級ミニバンを選ぶとなったらもはやアル/ヴェルしか、選択肢はなし! といっていいほどの状況です。
 
でも、確かつい最近もっと大型のミニバンがトヨタから発売されたのではなかったか? 確かに2019年の12月に、トヨタブランドとしてはさらにボディサイズの大きなミニバン「グランエース」が発売となっています。
 
でも、このグランエースはアルファードやヴェルファイアのようなパーソナルユースの高級ミニバンではなく、送迎用の業務用高級ミニバン(マイクロバス?)という位置づけです。ベース価格こそアルファードなどより高額ですが、使用目的がそもそも違います。豪華で快適なのはあくまで後席で、ドライバーはなんというか運転手という扱い。なので、現在でもトヨタブランドのパーソナルユース高級ミニバンといえば、アル/ヴェル兄弟で間違いはないのです。
 
また、レクサスチャネルでは中国向けに高級ミニバンLexus LM(約2,530万円!)が投入されていますが、これに関しては現在日本発売がアナウンスされていません。それにそもそもこのLexus LMもアルファードがベース。ということは、アルファードの延長線上にあるモデルですからやはりアルファード(とそのバリエーションであるLM)が、トヨタの最高級ミニバンであることには間違いないといっていいでしょう。
 
そんなアルファード/ヴェルファイアといえば、人気の高さだけでなくリセールバリューが優秀であることでも知られています。海外、特にアジア圏では日本以上にアル/ヴェルは高級ブランドとして認知されており、びっくりするほどの高値で取引されています。
 
そのため輸出での需要が非常に高く中古車としても驚くほど値が落ちないのです。海外だと1,000万円オーバーでも引き合いがあるといいますから日本で高く仕入れても、全然儲けがでるのでしょう。オーナーとしては高値で手ばなすことできるのですからうれしい限り。高額車ゆえに買う時には負担が大きいですが、価値が下がらないのですから長い目で見ればむしろお得に乗れるクルマといっていいかもしれません。
 
 

ゴールドの名を持つ特別仕様車とは

エンブレムアルファード「STYPE GOLD」

(引用:トヨタ公式HP

 
そんな高級ミニバンとして盤石な地位を築いているアル/ヴェルですが、通常のカタログモデルだけでなく、期間限定で投入される特別仕様車の人気も非常に高いことで知られています。通常モデルにはない特別なパーツが装着され、充実した装備なども追加しつつなおかつ買い得感の高い価格設定となっているのですからファンとしては注目しないわけにはいきません。
 
それに、期間限定なので次はいつ投入されるのかはわかりませんし、次の特別仕様車が同じような装備や仕様となるかも不明です。そのため発売されたとなったらいち早く手に入れるべきものでもあるのです。
 
そして数あるアル/ヴェルの特別仕様車の中でも、特に人気が高いといわれているのがゴールドをあしらった特別仕様車です。歴代何度か設定されてきましたが常に高い人気を誇ってきました。もともと豪華なアル/ヴェルに、高級感満点のゴールドのパーツをあしらって、さらにゴージャスに仕立てたのですから、人気となるのもむしろ当然のこと。その人気は驚くほどで新車だけでなく中古となっても高値で取引されているといわれていますから相当のものです。
 
そんなアル/ヴェルファンが待ち望んでいたゴールドの名の付いた最新の特別仕様車が、2020年5月1日ついに発売となりました。2015年に発売となった現行のアル/ヴェルとしてはようやくの設定です。単にゴールドアクセサリーの装着という意味では2016年に「TYPE BLACK」というゴールドのエンブレムを装着した特別仕様車もありましたが、現行のアル/ヴェルでゴールドと名の付く特別仕様車はこれが初です。
 
おそらく今か今かとまっていた方もいるはずです。当然のごとく今回もカタログモデルではなく期間限定の特別仕様車。以前買い逃してしまい、くやしい思いをしたというなら、すぐにディーラーに走った方がいいかもしれません。
 
そんな人気高騰は必至の今回の特別仕様車は、どのような点が通常モデルと違い、どんな装備となっているのか、もちろん知りたいですよね。そこで、アル/ヴェルの中でも特に人気の高いアルファードの特別仕様車「S”TYPE GOLD”」に注目して、その特別仕様の内容を詳しくチェックしてみました。
 
 

ゴージャス仕様のS”TYPE GOLD”はガソリン2WDモデルで424万円から

エンブレムアルファード「STYPE GOLD」

(引用:トヨタ公式HP

 
S”TYPE GOLD”は、アルファードのカタロググレードであるSをベースに、エクステリアパーツにゴールドのアクセントを加えたほか、スモークメッキなどの特別な仕様を随所に採用することで、高級感や特別感をいっそう高めた特別仕様車です。価格はアルファード S”TYPE GOLD”2WDが424万円からとなっています。
 
一番気になるのは、やはりそのエクステリアでしょう。では、どのような仕様となっているのか。まずフロント周りで目立つのがゴールドの専用エンブレムです。スモークメッキ+黒メタリック塗装された、これも専用装備のフロントグリルの中央に金色のエンブレムが燦然と輝いています。
 
それでいて下品に見えないのはスモークメッキが施されたボンネットフードモール&フロントバンパーモールが装着されているからでしょう。ギラギラとした派手なパーツですべてを装飾するのではなく、エンブレム以外のトーンをダーク系として適度に抑えることでうまくバランスさせています。他にも、バックドアガーニッシュがスモークメッキになっているなどディテールの演出にも抜かりはありません。
 
ヘッドライトはベースのSグレードにはオプションとしても設定されていない3眼LEDヘッドランプ(通常は2眼LED)が装着されています。上級グレードの装備が標準で装着されているのもうれしいですが、スモークメッキ+ブラックエクステンションが施されているなどS”TYPE GOLD”ならではの特別感のある仕様になっているのも大きなポイントでしょう。
 
グリルやモール類、さらにスモークメッキ仕様のLEDフロントフォグランプモール(こちらも特別仕様)と合わせて、フロントフェイスをクールに引き締めています。もちろんアダプティブハイビームシステム(AHS)機能も搭載。
 
足回りには高輝度塗装の18インチアルミホイール(ガソリン車のみ)を装着。フロントフェイスほどのインパクトはありませんがアルファードにふさわしい上質感がりますね。
 
 

ゴールド仕様はスマートキーにまでしっかり施されている

エンブレムアルファード「STYPE GOLD」

(引用:トヨタ公式HP

 
エクステリアを飾る装備以外では、有害な紫外線や日射によって車内の温度を上昇させる赤外線をカットしてくれるスーパーUVカット+IRカット機能に加え撥水機能付のフロントドアグリーンガラスが装備されています。こちらはハイブリッドのSグレードにはもともと標準装備ですが、ガソリン車のSグレードではオプションとしても設定されていません。見た目にはわかりませんが夏にかけてありがたい装備といえるでしょう。
 
そのほかにも、メッキモール付きのサイドマッドガードやLEDコーナリングランプ、フロントとリアのターンランプもLEDシーケンシャルになるなど充実した内容となっています。
 
さらにオーナーの所有欲をくすぐってくれるのがゴールドメッキ加飾の施されたスマートキーでしょう。ノーマルのキーのクロームメッキ部分がゴールドになっているだけなのですが、印象がまるで違います。市販のカスタマイズパーツで同じようなものはありますが、トヨタの純正品かつS”TYPE GOLD”だけの特別なものですからオーナーとしてこれはうれしいはずです。
 
設定されるボディカラーはラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク、ホワイトパールクリスタルシャイン、ブラック、スパークリングブラックパールクリスタルシャインの計4色。こちらは通常のSグレードと変わりませんが特別仕様のエクステリアパーツが装着されている分その印象はかなり違っています。
 
 

特別仕様の装備内容を見ればお買い得度は非常に高い

エンブレムアルファード「STYPE GOLD」

(引用:トヨタ公式HP

 
エクステリアだけでなくもちろんインテリアにも特別仕様が施されています。シート表皮はパーフォレーション加工が施されたウルトラスエードと合成皮革を組み合わせた専用品。見た目には落ち着きのあるシックな印象で、ウルトラスエードを使っているので肌触りも素晴らしいはずです。
 
また、ドライバーが運転中常に触れている部分である、ステアリングにはメタルウッド(ゴルフクラブではありません。メタリックな輝きを持つウッド調素材)に本革巻きの4本スポークステアリングホイールを採用。
 
さらに、室内側のドアハンドルにはメッキ加工が施されています。また、コンソールボックスはハイグレードタイプとなり、金属調加飾とこちらにも工芸品のような高級感満点のメタルウッドが使われています。頭上を見上げるとルーフ部分のカラーも特別仕様。ブラックカラーとなっており、ピラーなども同じくブラックで統一。S”TYPE GOLD”の名にふさわしい高級感あるキャビン空間が演出されています。
 
他にはワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア(デュアルイージークローザー+バックドアイージークローザー、挟み込み防止機能付)や、アクセサリーコンセント(AC100V・100W)、スマートエントリー(ウェルカムパワースライドドア&予約ロック機能付)にプッシュスタートシステム、パワーバックドア(挟み込み防止機能付)、ナノイー(フロント・リア)などが装備されています。このようにざっと並べてみただけでも非常に充実した内容となっています。
 
パワーユニットなどには変更はありません。ベース車となっているSグレードと共通で、2,493ccの直列4気筒DOHCガソリンエンジン(182ps/24.0kg・m)と、2,493cc直列4気筒DOHCガソリンエンジン(152ps/21.0kg・m)+前モーター(105kW/270N・m)/後モーター(50kW/139N・m)の2タイプを設定。駆動方式はガソリンエンジンに2WDと4WDを、ハイブリッドはE-Fourmの4WDを採用。全3タイプとなり、7人乗り仕様のみで気になる価格(税込み)は以下になります。
 

アルファード 特別仕様車S“TYPE GOLD”
パワーユニット 駆動方式 価格
2.5Lガソリン 2WD 424万円
4WD 449万5000円
ハイブリッド 4WD 504万円

 
ちなみにベースとなっているSグレードはガソリンエンジンの2WDモデルが390万8000円、4WDモデルが416万3000円、ハイブリッドが479万9000円となっています。大体ベースグレード+34万円といったところですね。
 
 

人気車ゆえに争奪戦は必至!入手は急いだほうが良いかも

エンブレムアルファード「STYPE GOLD」

(引用:トヨタ公式HP

 
金額だけ見るとやはりそれなりに高くはなっていますが、3連LEDやデュアルパワースライドドアといった人気の機能装備がはじめから装備されていますし、なんといってもS”TYPE GOLD”だけのゴージャスなエクステリアパーツなども装着されています。特別仕様の内容を考えればむしろお買い得といっていいでしょう。
 
また、ゴールドの名のついたアルファード特別仕様車は歴代どれも大人気をなり中古車市場でも高値で取引されています。リセールバリューも間違いなく期待できるでしょう。そういう意味ではお買い得は非常に高い一台といって間違いありません。
 
なんといっても目立ちますし、大人気車ゆえに街中にあふれているアルファードとは一味違った、そのゴージャスなエクステリアやインテリアに優越感が感じられることも間違いありません。とはいえこのアルファードS”TYPE GOLD”はあくまで期間限定の特別仕様車です。気が付いたらなくなっていたなんてこともあるかも。是非このクルマが欲しい! という方は、今すぐ急いで手に入れる算段をしたほうがいいかもしれません。欲しいけど予算が厳しくて…。という方は、カーリース会社などに問い合わせてみることをおすすめします。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp