TEL.03-3586-1522info@car-auc.jp
ご存知ですか?その車カーオークションなら20%安く買えます。

大人気のタントにコスパの高い

ダイハツ公式HP
 
 

大人気のタントにコスパの高い「Xスペシャル」が新登場

大人気のタントにコスパの高い「Xスペシャル」が新登場

(引用:ダイハツ公式HP

 

軽自動車の中でも最も人気のあるジャンルがスーパーハイトワゴンです。そして、そしてそのジャンルを切り開いた元祖といえば間違いなくダイハツのタントでしょう。
 
「Xスペシャル」の特徴
 
かわいらしいスタイルに圧倒的な室内空間の広さ、さらにシートアレンジも多彩で使い勝手に優れ、空気抵抗が大きそうなのに燃費も優秀で経済性も高い。そんな数々の魅力が、特に軽自動車に対して実用性を求める層に受け、2003年に登場以来、現在も大ヒットを続けています。
 
現行モデルは2019年に登場した4代目です。初代からのコンセプトを崩すことなく最大の魅力ともいうべき「ミラクルオープンドア」も踏襲しながら、最新の安全装備を満載して人気を加速させました。そしてそんな新型タントに新たに加わった新グレードが「Xスペシャル」です。値段が上昇し続ける軽スーパーハイトワゴンの中でもかなり魅力的なプライスを設定し注目を浴びていますが、果たしてこの「Xスペシャル」とはどんな特徴を持ちどのような人に向いているのか。また、本当にお買い得なのか? 既存のグレードと比較しながらその魅力を探ってみましょう。
 
 

スーパーハイトワゴンの先駆者タント新型は走りも実用性も大きく進化!

スーパーハイトワゴンの先駆者タント新型は走りも実用性も大きく進化!

(引用:ダイハツ公式HP

 
今でこそホンダN-BOXという絶対的な王者が君臨していますが、軽自動車のスーパーハイトワゴンというジャンルを確立したのは間違いなくダイハツタントです。現在まで3度のフルモデルチェンジが行われており、現行モデルは4代目。登場は2019年なのでスペックは最新で数々の新機能を備えており、その魅力はライバルに決して引けは取りません。むしろ新しい分アドバンテージもあります。
 
そんな歴代タントの特徴でありアイデンティティともいえるのが「ミラクルオープンドア」。これが便利で代々タントを乗り継いでいるという人も少なくありません。左側(助手席側)リアスライドドアにセンターピラー(Bピラー)がないため、助手席側開口部が圧倒的に大きくベビーカーやたくさんの買い物の荷物などもスムーズに積み込めるというのは、特にファミリードライバーからみると大きな魅力なのでしょう。
 
そんな定番にミラクルオープンドアを踏襲しつつ、新型では中身が一新されており土台となるシャシーから、サスペンションなどの部品配置もゼロベースで再構築した「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」を採用。そのためボディ剛性も約30%向上していながら、車重は約40kg軽量化。さらにサスペンションやブレーキブースターも最適化チューニングが施されています。
 
加えてCVTには世界初となるスプリットギヤを用いた新技術を採用したD-CVTも搭載。きびきびとした走りと、高速走行での静粛性、さらに優れた燃費も実現しています。様々な自動車メディアを見ても、走りの質感に関してはライバル以上という評価もあるほどです。つまりは相当な進化を遂げているのです。
 
 

充実した安全機能に上級ミニバンに並の多彩な装備

充実した安全機能に上級ミニバンに並の多彩な装備

(引用:ダイハツ公式HP

 
最新の軽自動車ですからもちろん安全面も万全です。最廉価グレードの「L」に設定された「スマートアシスト非装着車」以外のすべてのグレードに「次世代スマートアシスト」が搭載されています。衝突警報機能や衝突回避支援ブレーキ機能、さらに車線逸脱警報機能に車線逸脱抑制制御機能やブレーキ制御付き誤発進抑制機能(前方・後方)他、充実した装備内容となっていて上位グレードには全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)やLKC(レーンキープコントロール)他の運転支援機能をオプション装着することも可能です。今どきのクルマ選びでは安全装備は何よりも重要なポイントですがこれなら安心ですね。
 
そして、何よりも気になるのが助手席側のスライドドアの特別な機能です。タント自慢の「パノラマオープンドア」がどのようにバージョンアップしているのか。助手席ドアと助手席側スライドドアをフルオープンすると、最大開口幅はなんと1,490㎜。これは先代もモデルと実は変わっていませんが、運転席が前後に大きくスライド(最大540mm)できるようになった上、助手席も380㎜のスライドを実現したことで乗り降りや荷物の積み下ろし、さらに運転席から後席への室内ウォークスルーがよりスムーズに行えるようになっています。つまり使い勝手が大きく向上しているということです。
 
 

後席スライドドアの使い勝手が大きく向上した

後席スライドドアの使い勝手が大きく向上した

(引用:ダイハツ公式HP

 
パワースライドドアに新たに搭載された「タッチ&ゴーロック」機能も注目です。ミニバン系の定番、後席パワースライドドアは狭いところでも全開にできて、開口部も大きくとても便利ですが、ネックはヒンジ式ドアに比べて開閉に時間がかかること。特にパワースライドドアは事故防止のためゆっくりと開閉するようにプログラムされているため、クルマを降り、ドアロックをしようとしても完全にスライドドアが閉まってくれるまで待つ時間が生まれます。それがイライラすると考える人もいるでしょう。
 
しかし、この「タッチ&ゴーロック」機能があれば、後席のパワースライドドアが閉まりきる前に、フロントドアハンドルに手を触れドアロック予約をすることができるのです。この機能を使うとドアが閉まりきったあとに自動でドアロックしてくれるので待つ必要もなく、ドライバーはすぐにクルマから離れることが可能というわけなのです。
 
加えて、あらかじめ車内スイッチで「タッチ&ゴーロック」を設定しておくと、クルマに戻ってきた際に、電子カードキーを持っていればスライドドアが自動で開くように予約(ウェルカムオープン機能)することまで可能です。ベビーカーを押していても、買い物の荷物で両手がふさがっていてもドアノブに触れることもなくスムーズに車内に乗りこむことができるのですからこれは便利なこと間違いありませんね。
 
 

最新のタントが128万円で買える新グレード「Xスペシャル」

価格と特徴の比較
 
このように魅力的な一台となった新型タントですが、気になるのはその価格です。機能性や安全性が向上した分価格は今やコンパクトカーを超えるほどになってしまいました。最廉価グレードのL(スマートアシスト非装着車)は113万円(税込124万3,000円)と一見リーズナブルに見えますが、こちらは今や必須の安全装備が全く装備されないグレード。これを選ぶ人はまずいないというか、選ぶべきではないグレードです。
 
そして、最上級グレード「カスタムRS“セレクション“」となると、4WDモデルは179万5,000円(税込197万4,500円)とほぼ200万円に届かんとするレベルの高価格軽自動車です。最廉価と最上級の差は73万1,500円と幅が非常に大きくここまで差があるとどのグレードがベストなのか選ぶのは簡単ではなく悩ましいところです。
 
しかし、そんな新型タントに、絶妙な価格のお買い得プライスの新グレード「Xスペシャル」が追加となったのです。必要な装備がちゃんとついてその価格はなんと税抜きで128万円(2WDモデル・税込140万8,000円)です。もちろん必須の安全装備も標準で、スマートキーも採用されています。では、なぜこのようなプライスが実現できたのか? 安い分やっぱり我慢しなくてはいけないことがあるのか。
 
 

Xスペシャルの安全装備は最新スペックの充実した内容

Xスペシャルの安全装備は最新スペックの充実した内容

(引用:ダイハツ公式HP

 
詳しく見てみましょう。まずベースとなったグレードですがこれは従来からラインアップされている「X」です。「X」の2WDモデルの価格は135万5,000円(税込149万500円)ですから、「Xセレクション」はベースモデルよりも8万2500円安くなったということになります。では肝心の装備はというとどのようになっているのか。
 
まず安全装備に関してですが、こちらはXと遜色ありません。衝突回避支援ブレーキ機能 (対車両・対歩行者)に衝突警報機能(対車両・対歩行者)が標準搭載で、さらに誤発進防止に効果的なブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方 ・後方)や、高速走行に安心の車線逸脱抑制制御機能も搭載、加えて車線逸脱警報機能に認識支援先行車発進お知らせ機能、標識認識機能(進入禁止)やAHB (オートハイビーム)まですべてついています。これだけ充実していれば安心ですよね。ただ唯一駐車支援システムのオプション追加ができないのが違いです。でも、これはそれほどデメリットとは言えないでしょう。
 
その他USBソケットがなくなり、360°UVカットガラスや運転席シートリフター、格納式シートバッグテーブルなどのオプションの設定がない、という点は少し気になりますが、こういった快適装備は決してないと困るというものではないので、その分安くなったと考えれば納得できるものではないでしょうか。
 
 

8万円も安い分やはり装備面で物足りない部分もあり

では8万円以上もどのようにして価格を下げることができたのか。やはりというか当然ですが装備の簡略化がおこなわれています。これが、特になくても困らないものであればいいのですが、調べてみるとこれが思いのほか大きな変更点になっています。
 
タントの個性でありライバルに差をつける最大の魅力が「ミラクルオープンドア」。センタピラーを内蔵した大きなスライドドアによって、軽自動車とは思えないほどの大きな開口部を得られるというもので、小さなお子さんを持つファミリーユーザーにとっては、これがあるからタントがいいんだ! と思わせるほどの重要な要素です。
 
もちろんこのXスペシャルにも「ミラクルオープンドア」は装備されています。しかし、その開閉に関してですが完全に手動になってしまいました。ベースとなったグレード「X」の場合左側パワースライドドアは標準装備でオプション(5万5,000円)で右側パワースライドドア(ワンタッチオープン機能/ウェルカムオープン機能/タッチ&ゴーロック機能付き)を追加することもできます。
 
しかし、Xスペシャルでは右側も左側もパワースライドドア機能はなしで、オプションで追加することもできないのです。つまり、大きく重いスライドドアを、毎回手動で開閉しなくてはいけないということになります。加えてスライドドアの両側ともイージードアクローザー機能も搭載されていません。重いスライドアは小さなお子さんや力の弱い女性、お年寄りなどの場合半ドアとしてしまうことがありますが、イージークローザーがあればそれを回避できます。
 
でも、その機能がないのでリアシートを頻繁に使用する場合はドライバーがその都度手を貸すことになるかもしれません。これは思いのほか厄介ではないでしょうか。特に左側(助手席側)スライドドアはタントの個性ともいうべきパナラマオープンドアとなっているためドアにピラーが内蔵されており、余計に重くなっています。それなのにこの装備の簡略化はかなりのマイナスポイントといえるのではないでしょうか。
 
 

シンプル装備は車中泊用のベース車両としておすすめ

シンプル装備は車中泊用のベース車両としておすすめ

(引用:ダイハツ公式HP

 
このように安いのには相応の理由があるのです。装備が簡略化されているということを理解しないで、お買い得だから! という理由だけでこのタントのXスペシャルを購入してしまうと、あとあと大きな後悔をする可能性があるでしょう。特に「ベビーカーを乗せやすそうだからタントがいい!」などと考えているファミリードライバーにとっては「Xスペシャル」は、決して良い選択とは言い切れないでしょう。
 
とはいえ「Xスペシャル」が決しておすすめできないグレードというわけではありません。使い方によってはとてもお得なグレードともいえます。なんといってもできるだけお買い得な最新スーパーハイトワゴンが欲しい! という方にとっては大いに興味を引く存在ですし、後席に人を乗せる機会もあまりなくスライドドアは手動でも構わないという人には間違いなくお得なグレードです。
 
例えば軽スーパーハイトワゴンを車中泊用として欲しい、というなら、装備がシンプルな分、自分なりのインテリア作りなどもしやすい分むしろピッタリの一台といえるかもしれません。
 
 

装備が簡略化されているがお買い得なのは間違いなし

このようにタントの新グレード「Xスペシャル」は、注目すべきグレードであるのは間違いありません。ただし、そのリーズナブルなプライスだけに注目するのではなく、シンプルで必要十分な装備内容になっているということについてもキチンと把握しておかなくてはいけないということをご理解いただけたでしょうか。
 
クルマとしての基本性能はハイレベルなので普段使いには不足を感じることはないでしょうが特にファミリーユースでは、欠点を実感する可能性があります。でもその必要十分でシンプルな装備があなたの使い方にマッチするのではあればあえて選ぶのも決して悪い選択ではありません。なんといっても最新のタントがリーズナブルな価格で手に入るわけですし、広いうえに経済的で、使い勝手に優れているわけですから、理解して乗ればきっと最高の一台になってくれるはずです。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp
入札無料!格安カーオークションならカーオークション.jp!