中古車オークション落札・出品代行最安なら「カーオークション.jp」

オークション初めての方
03-6867-8529 受付時間:平日10:00-19:00
中古車オークションなら「カーオークション.jp」

簡単メンテナンスウインドーコーティング

 
 

カーリース車でもできる簡単メンテナンスウインドーコーティングをしよう

カーリース車でもできる簡単メンテナンスウインドーコーティングをしよう
 
雨の日の運転は視界が雨にさえぎられるため、特に慎重な運転が求められます。少しでもクリアな視界を得るためにはワイパーの使用が欠かせませんが、ワイパーだけでは快適な視界を得ることはむつかしいでしょう。そこで合わせて使うといいのがウインドーコーティング剤です。
 
専用のウインドーコーティング剤をフロントガラスに塗っておくだけで雨粒は弾かれ走行風であっという間に前方がクリアになります。そのすっきりと視界は実に爽快で一度使えばその快適さに手放せなくなるともいわれています。
 
もちろん塗るだけの簡単施工なのでカーリース車でも使用は問題ありません。むしろ積極的に使うべきでしょう。そんな簡単に施工でき、優れた効果を発揮してくれるウインドーコーティング剤について、注意点やその正しい使い方についてあらためてご紹介します。
 
 

ウインドーコーティング剤が雨粒を弾くメカニズムとは

ウインドーコーティング剤が雨粒を弾くメカニズムとは
 
ガラスコーティング剤を使用するとなぜ雨粒を弾き飛ばすことができるのか。そのメカニズムを簡単に説明しましょう。ガラスコーティング剤にはシリコンポリマーをベースにしたシリコン系のものと、撥水ポリマーにフッ素を配合したフッ素系のものがあります。その撥水のメカニズムは基本的にどちらも変わりません。
 
シリコンもフッ素もガラスの表面に撥水ポリマーが化学結合させることで、目には見えないガラス表面の凹凸を埋めます。そして均一な撥水被膜を形成することで、雨粒がガラス表面にとどまることができなくなり結果優れた雨弾き効果を発揮するのです。コーティングされたガラスの表面に雨粒が付着しても、すぐに水玉状になって重力で流れ落ちてしまいます。
そこに走行による風圧が加わることでフロントウインドーの外方向へと次々と弾かれていくのです。
 
撥水被膜自体は透明なので施工しても視界を遮ることはありません。そのため雨の日でも晴れの日でもクリアな視界が確保されるというわけです。
 
もちろんウインドーコーディング剤だけで雨の日が万全というわけではありません。しかし、コーティングを行っておくとワイパーだけの使用よりも快適なのは確かです。それに作業自体も簡単。
 
さらに、ちょっとしたメンテナンスの一つなのでカーリース車両でも施工することに問題はありません。リース車だからクルマのメンテナンスはやらない方がよい、などと思っている方も、ぜひDIYで挑戦してみるべきです。とても簡単です。
ただ、その手軽さゆえに安易に使用して本来の機能を果たせていないということも意外に少なくないようです。
 
もし、ウインドーコーティング剤を使用しているのに今一つ効果がないな、と感じているなら、もしかしたらあなたの使い方が間違っているのかもしれません。
 
 

その性能の高さを店頭でデモやがて雨の日の定番のアイテムに

その性能の高さを店頭でデモやがて雨の日の定番のアイテムに
 
ウインドーコーティング剤の定番商品といえばソフト99のガラコシリーズと、錦之堂のスーパーレイン・Xシリーズでしょう。実はウインドーコーティング剤の元祖はレイン・Xシリーズです。なんでも元々は米軍の戦闘機の風防(キャノピー)に塗るために開発されたものなのだそうです。クルマ用として使われるようになったのはもちろんアメリカから。はじめはラリーカーなどレース用の車両に使われたとのこと。それが高く評価されてやがて市販車にも使われるようにあると大ヒット、そして1982年に日本に導入されました。
 
はじめこそそのメリットがなかなか理解されず、すぐにヒットとはなりませんでしたが、販売店の店頭でその性能の高さを実演デモすることで徐々に人気となり、やがて、テレビCMで一気に認知が広がると圧倒今に定番商品となったのです。今では誰もが知る商品となっています。
 
そしてレイン・Xシリーズに対抗するライバル商品(その代表がソフト99のガラコです)などが次々と登場し、今では数えきれないほどの商品が売られています。どれを選べばいいのか迷ってしまうほど。とはいえ優れた性能や評判の高さからいうとやはりスーパーレイン・Xシリーズと、ガラコシリーズを選んでおけば間違いはないでしょう。
 
こういったウインドーコーティング剤はカー用品店だけでなく、ディスカウントストアや一部コンビニなどでも手に入ります。その種類もとても豊富で同じブランドでも、特徴の違いによって様々なタイプが用意されています。タイプとしては大きくわけると2つあります。それがシリコン系コーティング剤と、フッ素系コーティング剤です。
 
シリコン系コーティング剤と、フッ素系コーティング剤
 
 

シリコン系とフッ素系その違いとは

シリコン系とフッ素系その違いとは
 
この2つどのような違いがあるのでしょうか。まずシリコン系ですが、一般的なウインドーコーティング剤はこちらのタイプの方が多いようです。特徴は価格が比較的リーズナブルで施工が簡単であること。以前は施工後の乾燥の工程が必須でしたが最近のシリコンタイプでは乾燥不要という手間のかからないものもあります。これなら梅雨や秋の台風シーズンなどのわずかな晴れ間でも施工が行えます。
 
もちろん撥水効果にも十分優れています。耐久性に関しては依然よりも格段に高くはなっていますがコーティング被膜はさほど強くありません。コーティング剤に対応していないワイパーを使用すると、はがれてしまうこともあります。
さらに、丁寧に施工しないとむらなくコーティングができず、油膜のようなギラつきがウインフドーに残ってしまいます。
もう一つのフッ素系のコーティング剤は被膜の耐久性が非常に高いというのが最大の特徴です。その分高価ですが費用対効果で考えるとかえってお得かもしれません。
 
説明書道理に丁寧に施工すればたとえワイパーを使ってもその効果は簡単には消えません。普通に半年以上撥水効果が鰓得るものもあります。
 
ただし、肝心の撥水性能に関してですが、これはシリコン系よりも多少劣るとされています。とはいえ機能としては十分で、大きな不満を感じることはないはずです。それになんといってもコーティング被膜がシリコン系よりも強い。ちょっとした汚れや油にもコーティング被膜がはがれることはなく、こまめなメンテナンスをしなくとも撥水性能が持続するという点もメリットといえでしょう。
 
欠点としては施工に手間がかかるということでしょうか。シリコン系以上に丁寧な作業が必要で、コーティング被膜を強固にするには施工後12時間~24時間の乾燥が必要です。そのため、シリコン系のようにわずかな晴れ間の間に施工がするというのはできません。24時間以上雨が降る可能性のないときに慎重に作業する必要があるでしょう。面倒といえば面倒かもしれません。
 
 

シリコン系とフッ素系の良いとこ取りハイブリッドタイプとは

この2つのタイプのほかにもシリコン系とフッ素系の双方の特長を持ったハイブリッド型というものもあります。シリコン系の優れた撥水効果と、フッ素系のような耐久性を良いとこ取りのコーティング剤ですが、その施工は簡単ではないようです。最近は市販品としても売られていますが、下地処理を徹底しないと本来の効果が得られず、使いこなしは少々難しいようです。
 
むしろ市販品というよりも、カーコーティングの専門店が施工するプロ用の撥水コーティング剤として使われることが多く、専門店で施工してもらうとかなりの耐久性が期待できるようです。しかしDIYではじめて使用するなら、シリコン系やフッ素系の方が扱いやすく仕上がりもうまくいくでしょう。
ちなみに、市販のシリコン系とフッ素系を混ぜてもハイブリッド型にはなりません。混ぜて使うのはNGです。むしろ効果が落ちる可能性があります。
 
また、以前シリコン系を使っていて、それをキチンと落とさずにフッ素系を施工するのもおすすめしません。被膜がムラになってしまい撥水効果が落ちてしまう可能性が高いです。
 
 

完璧な仕上がりを目指すなら下地処理を徹底的に行おう

完璧な仕上がりを目指すなら下地処理を徹底的に行おう
 
こういったウインドーコーティング剤を使ったことがあるという方はこのコラムを読んでいる方にたくさんいるはずです。しかし、やってみたけど期待したほど撥水効果がなかった、やっぱりDIYではだめなのか…、と感じている方もきっといるでしょう。
 
ただ、そのようなケースでは往々にして正しく施工できていないことのほうが多いです。そもそもパッケージの説明にあるような正しい手順で施工しているでしょうか? とりあえずコーティングすれば大丈夫だろう…、などと思って適当に施工をしていないでしょうか? 
 
例えば掃除です。コーティング作業をする前にフロントウインドーをしっかりと洗うことが重要です。また、古いコーティング剤が残った状態でその上から雑にコーティングを行っていないでしょうか? ウインドーコーティングは、フロントウインドーのガラスの表面にシリコンやフッ素のコーティング幕で覆うというものです。そのガラスの表面が汚れていたらコーティング幕が正しく定着するわけはないのです。
 
そして、古いコーティング剤が残っていれば新しいコーティング幕がムラになってしまうのも当たり前です。ムラになったコーティングは撥水性能にもばらつきができてしまい、かえって視界を遮ってしまうかもしれません。パッケージ書かれているような優れた撥水効果と耐久性能はクリーンなガラス面に施工してこそ初めて得られるものなのです。作業の手を抜けば本来の効果は得られなくて当たり前でしょう。
 
施工の際は天気や気温も影響を受けます。できれば晴れていて、湿度も低いほうがいいです。そのほうがコーティング剤も乾燥しやすく、被膜もムラになりにくいでしょう。
 
そしてと、にかく大切なのはガラスの下地作りです。つまり、洗車からはじめるのが正解です。洗車をするのですから当然天気も肝心です。雨の日に施工をするのは極力避けましょう。屋根のある駐車場であっても、コーティング剤の乾燥が遅くなるのでできれば雨の日の作業は避けた方が間違いありません。
 
天気が問題なく、しばらく雨が降らないとなったらまずは洗車を行います。そして、ガラスの表面のホコリや泥、油汚れをしっかり落とすことからはじめます。
 
 

ガラスコンパウンドなどで古いコーティング剤を削り落とす

ガラスコンパウンドなどで古いコーティング剤を削り落とす
 
洗車だけでは十分ではありません。洗った後には古いコーティング剤や油膜をしっかり除去しましょう。カー用品店などでは、そのための用品もウインドーコーティング剤と一緒に売られているはずです。それがウインドークリーナーや、ガラスコンパウンドです。こういった用品を使うことで、洗車では落とせないしつこい油膜や、古いコーティング剤を落とすことが可能です。
 
使い方は簡単です。洗車で表面の汚れを落としたら、次にクリーナーやコンパウンドを少量スポンジに取りあとは丁寧にガラス面を磨いていきます。ガラスの隅々までしっかりとこすって、しつこい汚れを削り落としましょう。
 
汚れを落とせたら水洗いをします。水をかけてみて、ガラスの表面で水が弾かれることなくベターと広がれば、油膜や古いコーティング剤はしっかりと落ちています。そうでない場合は再度クリーニング作業を繰り返しましょう。
 
問題なければ水分を乾いたウエスでしっかり拭き取ります。そしてガラス面を完璧に乾燥させます。気温が低い場合はデフロスター機能を使いガラス面を温めつつ乾かしましょう。これでコーティングの下準備は完了です。
 
 

ガラスに手をつかないように慎重に塗り込みしっかり乾燥

下準備ができたら、ようやくコーティング作業の開始です。まずはコーティング剤の説明書きに目を通してください。製品によって施工方法や乾燥時間などが変わってくるので、まずはそれを把握しておきます。おおよそ理解したらようやくコーティングをはじめましょう。
 
施工中に気を付けなくてはいけないのがガラス面に手を付けないことです。手の油分がついてしまうとコーティングの液剤を弾いてしまい撥水被膜がムラになってしまいます。慎重に、なおかつムラにならないようにコーティング剤を塗っていきます。コーティング剤は厚塗りしても撥水被膜が厚くなるわけではないので、使う量は適量です。
 
塗り込みは特に難しいことはありません。隅々まで塗り込めばいいだけ。ガラスの全面にムラなく塗り込むことができたら乾燥したことを確認して軽く拭き上げれば完了です。シリコン系の場合は施工後すぐに乾燥するので作業もあっという間に終わるはずです。
 
もう一つのタイプ、フッ素系のコーティング剤を使用する場合はちょっと注意が必要です。なぜなら撥水被膜の硬化に時間がかかるためです。製品によって違いはありますが、フッ素系のコーティング剤の場合は、だいたい12時間から24時間ほどの硬化時間が必要です。
 
そうしないと本来の撥水効果や耐久性は得られないので気を付けてください。翌日の天候なども把握したうえで作業するようにしましょう。
 
 

ワイパーやウォッシャー液も合わせて交換しよう

ワイパーやウォッシャー液も合わせて交換しよう
 
下準備をして正しい施工でコーティングを施せば、撥水効果によって雨の日でもクリアな視界が得られるでしょう。ぜひ試してみてください。
 
ウインドーコーティング剤は簡単に施工できて、撥水効果によって雨の日の視界を確保してくれるとても役立つアイテムですが、コーティング剤だけですべての雨に対処できるわけではありません。
ウインドーコーティング剤の撥水効果を長持ちさせたいなら、合わせてウインドーコーティング対応の摩擦の少ないグラファイト系のワイパーに交換しましょう。以前こちらのコラムでワイパーの交換方法を紹介しているのでそちらも参考にして下さい。
 
また、ウォッシャー液もウインドーコーティング剤と同じブランドのウインドーコーティング対応のものに変えるのがおすすめです。効果が長持ちするうえに、撥水効果が落ちてきたなと感じた時に使用すると撥水力が復活します。また、ワイパーを動かした際に発生する耳障りなビビり音なども防げます。どちらもDIYで行える簡単なことですので、メンテナンス初心者の方じゃ合わせて交換作業に挑戦してみてください。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp