TEL.03-3586-1522info@car-auc.jp
ご存知ですか?その車カーオークションなら20%安く買えます。

最新ディーゼルエンジンに不可欠な AdBlue(アドブルー)って何?

本格派SUV用のパワーユニットといえば、一昔前なら低速トルクに優れ、燃費も良いディーゼルエンジンがベストといわれていました。そのためランクルやパジェロといった本格派SUV車(クロカン車)の主力モデルには、必ずディーゼルエンジン搭載グレードがラインナップされていたものです。
 
また、走破性を重視するクロカンファンも、そのディーゼルエンジンならではのメリットを理解しており、購入の際にはディーゼルエンジン搭載モデルを選ぶのが当たり前のことでした。人気ゆえにリセールバリューも高かったというのも選ばれていた理由だったのでしょう。
 
しかし、残念ながらそれはもう過去のことです。世界的にディーゼルエンジンに対する風当たりが強くなる中、SUVを含め国内向けの乗用モデルで、ディーゼルエンジン搭載車をラインナップに用意しているのはマツダ車を除けばもはや数えるほどしかありません。
 
例えばトヨタであれば、ディーゼルエンジンを搭載する乗用車はSUVのランドクルーザープラドと、ピックアップトラックのハイラックスくらいです。そう、最上級SUVである200系ランクルにももはやディーゼルエンジンは設定されていないのです。
 
でもつい数年前まではヨーロッパではディーゼルのほうが主流だ、などと言われていましたよね。そして日本に輸入されてくるモデルにも多くのディーゼル車がラインナップされていました。しかし、気がつけば徐々にそのラインナップからディーゼルエンジン搭載車が少なくなってきています。なぜなのか?ディーゼルエンジンは、もはや世界的にも過去の物なのでしょうか?
 
 

ディーゼルエンジンは本当に環境にやさしくないのか?

carlineup_landcruiserprado_performance_engine_pic_01

(出展:TOYOTA)

 
そもそもディーゼルエンジンはとても効率に優れたエンジンで、同じ排気量ならガソリンエンジンよりも大きなトルクを発揮してくれます。
 
それでいて燃料の消費も少ないという特徴も持っています。さらにエンジンそのものがとても頑丈で、長期間、調距離の使用にも耐え、長持ちするということから、特にヨーロッパでは長年高く評価されてきたのです。
 
しかし、ディーゼルエンジンは、年々厳しくなる排気ガス規制に対応させるのが難しい、コストがかかる、ということから、徐々にニーズが減っていき、今では、そのシェアは縮小傾向にあります。
 
確かにディーゼルエンジン搭載車はガソリンエンジン搭載車に比べて構造が複雑な分価格がアップしてしまうのは仕方ありません。ではクリーンでないという点はどうでしょう?本当に環境にやさしくないエンジンなのでしょうか?実はそれは誤解なのです。最新のディーゼルエンジンの排気ガスは、実際にはガソリンエンジンと同等のクリーンさを持っているのです。
 
それなのに、そのことがあまり理解されていない。特に日本では、ディーゼルよりもハイブリッドなどの人気が高く、また過去にはニュースなどで、古いディーゼルエンジン特有の黒い排気ガスがセンセーショナルに取り上げられたこともあって、いまだにディーゼルエンジンに対して、クリーンではないというネガティブなイメージが持たれているのではないでしょうか。
 
機会があれば、是非最新のディーゼルエンジンを搭載するクルマに乗ってみてください。昔のディーゼルエンジンよりも騒音も振動も小さく、それでいてスタートから力強い走りを見せてくれるはず。また、後ろに回って排気管に注目してみても決して黒い煙などは吐き出していないはずです。非常に優れたパワーユニットであることは変わりなく、さらにクリーン化も進んでいるのです。
 
例えばランクルプラドとハイラックスにディーゼルエンジンをラインナップするトヨタの場合は、ヨーロッパ車やトラックなどでも主流である「尿素SCRシステム」という装置を使うことによって、ディーゼル排出ガスをしっかりとクリーンにしています。そしてディーゼルエンジン搭載車の人気も決して低くない。
 
また特に低速トルクが重視されるトラックなどでもディーゼルエンジンは間違いなく必須。まだまだディーゼルエンジンは過去の物ではないのです。
 
 

ディーゼルエンジンの排気をクリーンにする尿素SCRシステム

ランクルプラドも装備していると前述した「尿素SCRシステム」ですが、この名前をはじめて聞いたという方もきっと多いのではないでしょうか。ガソリンエンジン搭載車やハイブリッドカーでは聞いたことのない装置です。では、どのようなものなのか簡単にいってしまうとディーゼルエンジンから排出される窒素酸化物(NOx)を浄化するというものです。トヨタの乗用ディーゼルエンジンの排気管の途中にはこれが装備されています。
 
その原理を説明すると、有害物質である窒素酸化物(NOx)をアンモニア(NH3)と化学反応させることで、窒素酸化物(NOx)を、大気に無害な窒素と水に分解し排出させるというものです。
 
窒素酸化物(NOx)は、高温でものが燃えるときに発生する窒素の酸化物の総称で、一酸化窒素(NO)や二酸化窒素(NO2)などです。特に二酸化窒素(NO2)は温室効果ガスの一つであり近年特に問題とされているもの。また、人体に対しても有害で呼吸器に好ましくない影響を与えるとされています。
 
この窒素酸化物は、ようするに窒素と酸素の化合物です。つまりシンプルに考えれば、ここから酸素を奪ってしまえば無害な窒素に変えることが可能ということになります。
 
では窒素酸化物(NOx)から酸素を奪い、窒素(N₂)と水(H2O)に分解するにはどうすればいいのか?そこで登場するのが「尿素SCRシステム」なのです。
 
尿素SCRシステムが使うのはアンモニア。アンモニアは窒素酸化物の中の酸素と結合する性質があり、窒素酸化物にアンモニアを吹きかけることで化学変化を起こり窒素(N2)と水(H2O)に還元することができます
 
ただ、アンモニアはそのままでは取り扱いが難しく、危険であり、また臭いなどもあります。そのためクルマにそのまま積むわけにはいきません。
 
そこで、高品位尿素水(Adblue/アドブルー)の形でクルマのタンクに貯蔵されているのです。この尿素水は、噴射されるとエンジンの配熱によって加水分解されアンモニアガスとなり、NOxが含まれた排気ガスを浄化してくれるというわけです。図にするとこのようになります。
 
尿素SCRシステム説明図
 
ちなみに尿素は化粧品などにも含まれる無害な成分であり、クルマで使用されている高品位尿素水はアドブルー(Adblue)と呼ばれています。
 
尿素SCRシステムに補充するアドブルーは無色で無害の液体ですので扱いは難しくありません。最近はカー用品店などでも容易に手に入れることが可能です。
 
 

アドブルーはなくなってしまうとエンジンの始動ができなくなる

Motor oil pouring.
 
アドブルーはタンクに貯蔵されていると書きましたが、当然ですが、走行距離が増えれば燃料と同じように徐々に消費され、やがてはなくなってしまいます
 
そして、このアドブルーがなくなると、実はエンジンが始動できなくなってしまうのです。ではどれくらい走るとどれだけ消費されるのかというと、およそ1,000km~1,500km走行ごとに1L消費するとされています。
 
ランクルプラドの場合、アドブルーのタンクの容量は12Lですから、だいたい1.2万キロから1.5万キロごとに補充が必要となるというわけです。
 
燃料のように頻繁に入れなくてはいけないというわけでうはありませんが、一般的な使用なら1年ごとくらいに補充が必要ということになるでしょう。
 
アドブルーが減っていき、走行可能距離が約5,000km以下になると、警告灯や警告メッセージが点灯するようになっているので補充のタイミングを見逃すことはないでしょう。ディーラーなどで12カ月点検などを受ける際に、合わせて補充してもらうのが良いかもしれません。
 
ちなみに、補充を忘れ走行中にアドブルーの残量が無くなってしまったらどうなるのか?突然エンジンが止まってしまっては危険ですよね。もちろんそのまま走り続けることは可能です。アドブルーはエンジンの作動そのものに影響するものではなく、あくまで排気ガスをクリーンにするものですから。ただし、一度エンジンを切ってしまうと再始動ができなくなるので注意が必要です
 
ドライブ先でアドブルーが切れてしまったらどうすればいいのかというと、尿素SCRシステムを搭載しているディーゼル車は乗用車以外にもトラックなどでも増えているのでディーラーだけでなく、カー用品店やガソリンスタンドでも購入が可能です。ですので簡単に手に入れることができるはずです。特に危険なものでもないのでネット通販でも購入は可能です。価格はだいたい5Lで1500円程度から。決して高価ではありません。
 
補充方法は、プラドを例にすると、まずはエンジンを切り、ボンネットを開けます。そしてボンネットに向かって右側にあるAdblueと書かれた青いキャップを開け、その補充口からアドブルーを注ぐだけです。あとはしっかりとキャップを締めれば完了です。簡単ですね。
 
アドブルーは人体には無害の尿素が主成分ですが、万が一手や足などにかかってしまった場合は、念のため多量の水で洗い流してください目に入ってしまった場合は、即座に水道水で15分以上洗い流し、それでも違和感をあれば病院で診察を受けるようにしてください
 
またエンジンルーム内にこぼしてしまった場合は、アドブルーは鉄や銅、さらにアルミ等に対して腐食させてしまう効果があるので布でしっかりと拭き取り、最後に水で洗浄しましょう。そうしておけば安心です。
 
普段ディーゼルエンジンにふれていないドライバーにとっては未知の物と言って良い尿素SCRシステムとアドブルー。しかし最新のディーゼルエンジンには欠かせない物。今後ディーゼルエンジンを搭載するクルマを運転する機会がないとは言い切れません。
 
ですから、どのようなものなのか?またどこで買えるのか、どこに補充すればいいのかなども知識として知っておいてきっと損はありません。もしかしたら何かの機会にその知識が役に立つことがあるかもしれません。是非覚えておきましょう。
 
 

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp
入札無料!格安カーオークションならカーオークション.jp!