TEL.03-3586-1522info@car-auc.jp
ご存知ですか?その車カーオークションなら20%安く買えます。

ブームなのに泊る所がない!? 何が問題?どうすれば良い?車中泊

ここ数年、マイカーを使った新たなレジャーとして人気を集めているのが車中泊です。車中泊とは文字通り旅先で旅館やホテルなどの宿泊施設を利用せずに、車内に宿泊するという旅のスタイルのこと。
 
使用するクルマはキャンピングカーとは限りません。ミニバンやSUVなどスペースに余裕のあるクルマであればちょっとした工夫で宿泊することもできますし、最近は軽自動車をベースとした小さなキャンピンカーなどの人気も高まっています
 
しかし、そんな車中泊ブームに水を差すようなニュース報道が先日ありました。利用者のマナーの悪化によって周囲や施設に迷惑をかけ、結果、車中泊を禁止する施設などが増えているというのです。
 
なぜ、そうなってしまったのでしょうか?今後車中泊は規制されてしまうのでしょうか?そんな事態にならないよう車中泊を楽しむためにはどんなことに気をつければいいのでしょう。レジャーシーズンに向けてこれから車中泊を試してみたいという方のために、ルールやマナー、車中泊のできる場所の見つけ方などを含め、色々と調べてみました。
 
 

近年急激に盛り上がった車中泊ブームの理由とは

photo01
 
そもそも車中泊はなぜブームになったのでしょうか?車中泊の魅力について、実践しているかたの書きこみなどを検索してみるとこんなことが書かれていました。
 
そのひとつが自由な旅が楽しめるというものです。マイカーを使って移動するので、スケジュールや時間に縛られることがない。また宿泊施設の予約なども不要で、ペットや小さな子供連れでも好きな場所に寝泊まりが可能というもの。
 
それに観光スポットやアウトドアスポーツなどのフィールド近くにベースを作ることができ連泊しながら趣味に没頭することができるというのも車中泊ならではの魅力といいます。自分だけの旅を楽しむには、車中泊がベストな旅のスタイルだというのです。さらに、車中泊という行為自体が一つのレジャーとなっていて旅の楽しみであると言う方も少なくないようです。
 
車中泊そのものを楽しむドライバーが増えてきていることもあってか最近は自動車メーカーもオプションとして、例えばダイハツウェイクのようにこのようなオプションが設定されることも増えてきています。
 
 

車中泊なら宿泊費を抑えることができる

af0060024135o
 
さらに、これは現実的なことですが経済的にもお得だといのも大きいのでしょう。宿泊施設に払うお金が必要ないのですから、その分旅費を安く上げることができます。連泊してもかかるのは食事代くらいでとてもリーズナブル。景気がいくら回復しているといっても、なるべくお金をかけずにレジャーを楽しみたいという人は少なくないでしょう。車中泊を利用した旅というのは確かに節約旅にはぴったりです。
 
食事などは地元のスーパーや食料品店で購入し、車内で食べれば食事代も節約できます。浮いたお金はその分地元のお土産を購入してもいいですし、観光スポットやレジャー施設、またアウトドアスポーツの費用に使うことも可能ですね。こう考えると、確かに車中泊の旅が魅力的だというのは分かります。
 
それに、車中泊に便利な道の駅が日本全国に拡大したというのもこのブームを後押ししているのでしょう。道の駅には大きな駐車場が完備され駐車は無料(基本的には)。キレイなトイレ施設も併設されている上に、水道施設も利用できて、地元の産物を購入できる売店だってある
 
もともと観光客目当ての道の液なのでその地域の観光スポットへのアクセスだっていいですし、場所によっては温泉施設まであるのですから、車中泊ファンにとってはこんなに便利な施設はありません。
 
同様に、設備などが整った高速道路のSAやPAが増えているというのも車中泊派にはありがたいはずです。宿泊のできるクルマさえ用意できれば、日本全国の道の駅やSA/PAが無料(ほぼ)で利用できる宿泊スポットとなるわけですから利用しない手はありませんね。ではこの車中泊ブームは今後さらに盛り上がって、こういった旅を楽しむ方がさら増えていくのでしょうか? 
 
 

道の駅やSA/PAでの長期間の車中泊はルール違反

ブームが続いている車中泊ですが、最近車中泊を楽しむ人たちのマナーが悪化してきているという指摘がされています。本来公共の場所である道の駅やSA/PAにクルマを長時間停め、勝手に泊まってしまうマナー違反者が多いというのです。本来キャンプが許されていない道の駅の駐車場で、勝手にテーブルやイスを出してバーベキューや宴会をしてしまうなどという不心得者もいると言いますからひどい話です。
 
そもそも道の駅はオートキャンプ場ではありません。あくまで施設を利用する方のための休憩スペースです。ゆるされるのはせいぜい仮眠程度。それなのに一部の利用者の中には長期の車中泊を行うばかりか、ゴミを放置したり、水道を利用して水浴びや調理をする、大きな音で音楽を鳴らすなどのケースもあるといいます。注意をすると道の駅で買い物をしているのだから自分は客だ!などと居直るケースもあるといいます、
 
そういったマナー違反の利用者が増えたことで、結果的に車中泊禁止を掲げる道の駅なども増え始めているのです。自分たちの行為のせいで、そういった施設の方だけではなく多くの車中泊派に迷惑をかけているわけです。キチンとマナーやルールを守り、周囲に迷惑をかけないように車中泊を楽しんでいるという方にとってはたまったモノではありませんね。
 
ちなみにこれは道の駅だけではありません。同様に高速道路のSA/PAでも同じように長期間駐車し、車中泊をする方も少なくないようです。SAやPAはもともとドライブ中に眠気を感じたドライバーが仮眠するためのスペースでもあります。ホテルなどが併設されているSAやPAは別として宿泊は基本的に許されていません。車中泊するクルマが増えて本来の利用者がSAやPAを使えなくなってしまっては意味がありません。SAやPAでの車中泊は絶対に避けてください
 
道の駅に関しては現在も車中泊が許されている施設も少なくありません。しかし全部の道の駅がそうではありません。利用の際は事前にしっかりと確認しておく必要があるでしょう。今時の道の駅は公式サイトを持っているはずなのでチェックしておきましょう。
 
そして、もし訪れた道の駅に「車中泊禁止」などと書かれた看板があったら、素直に別の宿泊施設を利用するようにしてください。
 
 

では、どこで車中泊をすればいいのか?

xf6085286248o
 
マナー違反の利用者のせいで、車中泊を禁止する道の駅が増える中、一部には逆に車中泊歓迎!とアナウンスする道の駅も少なくありません。ネットで検索してみると、簡単に見つけることができるので、口コミサイトを見たり、情報を収集しておくのがオススメです。
 
そして、車中泊スポットを探すのに便利なものとして、最近サービスを開始したCarstay(カーステイ)というサービスがあります。
 
これは車中泊やテント泊をしたい方と、駐車場や空き地をそういった人に貸し出して、収益化したいという方を結ぶという新しいマッチングサービスです。
 
WEB上から、車中泊施設の検索ができ、オンライン予約や車両の貸し出し予約などまでできるというものです。2019年1月にサービス開始したばかりですが、すでに日本全国の一般家庭や駐車場、スーパー、キャンプ場、ゴルフ場、寺社仏閣などが登録されているというので、こういったサービスを利用してみるというのもよいでしょう。
 
また、最近は車中泊を楽しむ人のための施設『RVパーク』というものも徐々に増えてきています。
 
こちらはキャンピングカーのビルダーや、キャンピングカーのディーラーで構成された一般社団法人日本RV協会が認定した車中泊専用施設で、全国の道の駅や、日帰り温泉施設、オートキャンプ場や湯YOUパークと連携したもの。徐々にですが全国に広がっています。
 
 

車中泊が快適に楽しめるRVパークを利用しよう

RVパークには、車中泊のできる専用駐車スペースが設けられており、連泊も可能です。電源やトイレ、施設によってはお風呂なども用意されており、快適な車中泊を楽しむことができます。通常の道の駅などの駐車場と違って、利用には費用がかかりますが、オートキャンプ場などに比べればはるかに安く利用することが可能です。
 
2019年7月30日時点の提携施設数は131件。前述のURLから簡単に検索することが可能です。数こそまだ多くはありませんが、はじめから車中泊が許されたスポットですし、シャワーやお風呂、24時間トイレ、電源(有料)など車中泊に便利な設備や、別途有料となる場合もありますがゴミ処分サービスなどまで用意されている場所もあります。こういった施設なら初心者であっても、安心して車中泊が楽しむことができるはずです。
 
利用料は、無料の所から、有料でも1台1000円~2000円前後と非常にリーズナブルです。利用方法は簡単で、ほとんどのRVパークは予約が不要。また前述のCarstayからは検索予約が可能です。ただし、繁忙期には混雑して利用できないこともあるのでその点は注意してください。
 
利用方法は施設によって多少の違いはありますが、まずは現地に到着したら受付を行います。道の駅が提供しているRVパークであっても勝手に駐車してはいけません。
 
料金や利用のルールなどは、施設ごとに異なるのでよく確認しましょう。基本的には(例外もあり)車中泊用に借りた自身の駐車スペース内であれば車外へイスやテーブルを持ち出すことも可能です。
 
しかし、車外での調理などは原則として厳禁です。あくまで車中泊のためのスペースであって、オートキャンプ場ではないということを理解しておきましょう。
 
ただし、キャンピングカーであれば、車内で調理などするのは問題ありません。また駐車中は、必ずエンジンを停止します。アイドリングは禁止です。さらに、発電機の使用及び騒音など周囲に迷惑のかかる行為は全て禁止です。当たり前ですね。ルールやマナーを守って正しく車中泊を心がけてください。
 
車中泊ブームがさらに拡大して、ルールやマナーを守る車中泊派が増えれば、便利な快適なRVパークもどんどん増えていくでしょう。そしてより自由に車中泊が楽しめる環境も広がっていくはずです。
 
これから車中泊をはじめてみたいという方もん基本的なルールやマナーを厳守して、周囲に迷惑をかけないよう注意しつつスマートな車中泊を楽しんでみてください。
 
 

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp
入札無料!格安カーオークションならカーオークション.jp!