TEL.03-3586-1522info@car-auc.jp
ご存知ですか?その車カーオークションなら20%安く買えます。

モータースポーツファンに独占させるのは もったいない!デミオ15MBとは

軽自動車を除くマツダ車ラインナップの中で、最もベーシックなモデルがデミオです。流行りのミニバンやSUVスタイルではない、いわゆるハッチバックスタイルのコンパクトカーであり、そのヨーロッパ車のようなスタイリッシュなデザインや、このクラスでは珍しいディーゼルエンジンが設定されているのが大きな個性となっています。
 
見た目のイメージ通り、車内は決して広くはありませんが、軽量かつハンドリングも軽快な上、ディーゼルエンジンの燃費の優秀さも相まって、根強い人気をキープし続けています。また今時6MTが用意されているというのも、マニュアル派にはうれしいポイントでしょう。
 
今どきは商用車でもATのみというのが増えていますから、新車で、なおかつスポーツカーでないモデルでマニュアルが用意されているのは非常に稀有。これも国産メーカーとしては数少ないスポーツカー(ロードスターですね)をラインナップする、マニュアル派の気持ちに分かっているマツダならではなのかもしれません。
 
そんなデミオですが、そのラインナップの中に、ちょっと変わったグレードが設定されているのをご存知でしょうか?そのグレードとは15MBです。
 
 

15MBのMBとはMotorsports Beseの略

このデミオ15MB、カタログにも載っていますが、装備はとてもシンプルでATの設定もなく、6MTのみという実に硬派なクルマ。とはいえ、いわゆる、ビニールシート仕様の準ライトバンのような、社用車用の格安グレードというわけではありません。では、一体どんなモデルなのか?実は15MBとはモータースポーツ用のベース車両なのです。
 
グレード名のMBはそのものずばりMotorsports Beseということ。つまり、モータースポーツを手軽に楽しみたいという人に向けて、作られた改造などを前提とした特別なグレードというわけです。
 
そんな15MBですが、もちろんモータースポーツ目的でなくても購入することは可能です。通常のグレードの一つとしてカタログにも載っていますから。
 
むしろ、その余計な装備のない(基本的な快適装備は標準装備されていますが)シンプルさや、軽量かつ優れたハンドリング、さらに価格の安さなどもあって、あえて他のグレードではなく15MBを選ぶ、というニーズも一部にあるようです
 
もちろんデミオには装備も充実した、お買得なグレードも用意されているので決して人気グレードではありません。でも、確かにあらためて15MBnoスペックや装備などを見てみると、確かに、なかなか魅力的な一台に見えてきます。
 
また、その、“モータースポーツベースグレード”という響きも格好良いですよね。では、具体的に15MBは他のデミオと何が違うのか?詳しく見てみましょう。
 
 

コンパクトでスポーティなヨーロッパテイストのハッチバック

01
 
マツダのWEBサイトなどを見てもデミオの15MBはあまり目立ったプロモーションはされていません。マツダ自身も大ヒットするモデルとは思っていないのでしょう。そもそもモータースポーツ用のベース車でありとてもマニアックな位置づけですから当然です。
 
15MBを詳しく紹介する前にまずは、現行型デミオがどんなクルマなのか見てみましょう。現行のデミオ(2019年4月現在)は、2014年に発売された4代目モデルで、先代の3代目モデルのイメージを受け継いだ2ボックスハッチバックスタイルのBセグメントカー(ヨーロッパで使われている乗用車のサイズ別分類でおよそ全長3,750mmから4,200mmまでのコンパクトカー。)に属するクルマです。
 
そして、現在のマツダの屋台骨を支える世界中で販売されている代表モデルです。
 
今どきのコンパクトカーは、ルーフ高をできるだけ高くし、なおかつフォルムをミニバンのようなワンモーションとして、広い車内スペースを確保するのがトレンドです。例えば、FITやヴィッツなどのように。
 
しかしデミオはそれでのライバルとはちょっと違っていています。特にデザインが個性的。きりっとシャープなヘッドライトを持つクールなフロントフェイスに、複雑なラインが絡み合った躍動感あるボディライン。そして、リアタイヤに力が凝縮したような、安定感ある全体のバランス。まるでヨーロッパのコンパクトハッチのようにスポーティかつスタイリッシュです。
 
ただ、見た目の通り車内は決して広くありませんが、コンパクトカーとしては十分な居住性は確保されています。  
 
また、他のライバル車にはない特長として、1.5Lディーゼルターボが設定されているというのも珍しいポイントでしょう。このディーゼルは最新のクリーンディーゼルなので排ガスもクリーンですし、音や振動もほとんど気になりません。ディーゼルの力強い低速トルクが味わえるというエンジンではありませんが、もちろんトルクも十分あるのでキビキビした走りも味わえます。
 
それに燃費も抜群。1.5Lディーゼルターボを積むXDグレードのFFモデルなら、JC08モード燃費が30.0km/Lです。ちょっとしたハイブリッドカー並み。そんなスタイリッシュかつ個性的で、実用性にも優れたBセグメントのコンパクトカー、それがデミオというわけです。
 
2014年に登場した際は、パワーユニットは1.3Lガソリンと1.5Lディーゼルターボのみでしたが、現在は1.3Lガソリンが廃止され1.5Lガソリンと1.5ターボディーゼルのみのラインナップになっています。
 
そして、15MBは2015年10月に追加されたグレードであり、主にジムカーナやダートトライアルなどモータースポーツへの参加を想定して、各部の仕様を変更した特別なグレードという位置づけです。
 
 

15MBは他のデミオと具体的に何が違っているのか

そんな現行デミオのラインナップの中で、具体的に15MBは何が違うのか。まずはエンジンです。1.5Lガソリンエンジンは、他のグレードでも搭載されていますが、実はスペックがちょっと違います。圧縮比が他のグレードが12.0なのに対して、15MBは14.0。圧縮比が高ければシリンダー内に取り込んだ混合気(空気と燃料を混合したもの)をより高圧縮することになり、熱効率が上がりパワーがアップします。
 
その違いを数字で見てみると、売れ筋グレードの15Sのパワーとトルクが81kW(110PS)/6000rpm、141N・m(14.4kgf・m)/4000rpmなのに対して15MBは、85kW(116PS)/6000rpm、148N・m(15.1kgf・m)/4000rpmです。ちょっとだけですが15MBの方がパワーは上まわっていますね。数字的には小さな違いですが、低回転からトルクがわきあがる素直な特性は様々な自動車メディアなどの評価も高く、十分スポーティなフィールのようです。
 
ただし、圧縮比が上がっているためガソリンがハイオク仕様となってしまったのは理解しておく必要があります。
 
車重は1020kgでラインナップの中では最も軽量です。これは装備をシンプル化したことで実現しています。いまどき軽自動車でも900kgオーバーは珍しくありませんから、この軽さは大きな武器でしょう。軽やかなフットワークが味わえるだけでなく燃費にも好影響です。
 
 

エアコンはマニュアル。オーディオはAM/FMのみ

02
 
では気になる装備に関して、いったいどれくらいシンプル化されているのか。まず、エアバッグや横滑り防止機能、TRCなどの走行にかかわる基本的な安全装備などは他のグレードと同様に標準搭載です。電波式キーレスエントリーシステムやイモビライザーなども同じく標準搭載。この辺はうれしいところですね。
 
ただしエアコンはマニュアルエアコンとなります。さらに、オーディオもAM/FMラジオ(USB端子は装備されているのでデジタルオーディオファイルの再生は可能。)になります。オプションでCDを追加出来るようですが、今時CDは別になくてもいいかも…。
 
他のデミオの標準装備である7型のセンターディスプレイ(SDカード追加でナビになる)はないので、純正カーナビ機能も当然使えません。この辺はスマホなどを活用するなど多少割り切れば問題ないでしょう。
 
逆に15MBだけの装備としては軽量アルミの15インチ専用ホイール(オプションで16インチも選択可能)があります。さらに、ブレーキディスクもモータースポーツベース車らしく大径化されるなど、この辺はぬかりありません。
 
インテリアはうれしいことに大きくは簡素化されてはいません。内張りを剥がして軽量化する、リアシートを取り去る、などといった大げさな仕様変更はなく、メッキのベゼルなどがなくなり、リアのルームランプやマップランプなどが装備されない程度です。
 
これらはデミオのベーシックグレードと同様なので、もともとインテリアのデザインや質感は高く評価されていますから普通に使用して特に不満を感じることはないはずです。また外観に関してもフロントグリルが無塗装になるくらいで大きな違いはなし。ぱっと見でこれが15MBだ、と判別するのはまず無理でしょう。
 
スパルタンすぎず、普通にファミリーカーとして(6MTのみですが)購入しても、家族から文句をいわれることもきっとないはずです。
 
 

価格は156万600円とリーズナブル カスタマイズのベースとしてもおススメ

ただ、ちょっと残念な部分としては、エンジンのパワーがさほどアップされていないこと。FFとFRの違いはありますが、基本は同じエンジンであるロードスターの132PS仕様であればもっと嬉しいのですが。
 
また、モータースポーツベースなら、ステアリングなども専用の物が欲しいところですが、これも樹脂製の簡素なステアリングであるのもちょっと残念なポイントです。
 
また、足回りやマフラーなども特に特別な変更はされていませんが、これは本気でモータースポーツに挑む人ならきっと交換前提ですのでこれでいいのでしょう。
 
逆に手をかけることでエンジンのパワーをアップさせることもできますし、外すことが前提ならこれで良し!ベース車両として考えれば、これほど魅力的なクルマもないでしょう
 
なによりうれしいのはその価格です。156万600円と、とてもリーズナブルなプライス。ローエンドグレードなどよりもちょっと高めで、売れ筋の装備満載グレードよりはちょっと安め。
 
このまま、6MTを駆使して走りが楽しめるファミリーカーとして使ってもいいですし、そのコンセプト通り、ベース車両として後から手をかけてカスタマイズするのも良いですね。
 
このようなちょっと特別なグレードも用意されていると選択の幅も広がってクルマ選ぶ楽しみも、さらに広がるのではないでしょうか。15MBをこれぞベストグレード! とおススメするのはさすがに無理がありますが、もしデミオの購入を検討中で、出来れば愛車でスポーティな走りも楽しみたい、という考えがあるなら、この15MB、注目してみても面白いかもしれません。
 
 

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp
入札無料!格安カーオークションならカーオークション.jp!