中古車オークション落札・出品代行最安なら「カーオークション.jp」

03-6867-8529 受付時間:平日10:00-19:00
中古車オークションなら「カーオークション.jp」

相次ぐ自動車盗難被害で気を付けたい“CANインベーダー”の手口とは

自動車の盗難被害は後を絶たず、大切な愛車が忽然と姿を消してしまったという事例は多く挙がっており窃盗犯と被害者との攻防は収束の目途が立ちません。
では、そんな自動車盗難の最新の窃盗手口として注意を呼びかけられている「CANインベーダー」とは一体なんなのか、その手口や対策について紹介していきましょう。

 
 

CAN-INVADER

CAN-INVADER

「CANインベーダー(キャンインベーダー)」と呼ばれる最新型の窃盗手口をご存知でしょうか。これまで、自動車のスマートキーを悪用した窃盗の手法としてよく知られていたのは「リレーアタック」などですが、私達の防犯対策を超えてくる更なる手口として被害が拡大しているのが「CANインベーダー」です。

 

CANインベーダーとは

CANインベーダーは、実は海外で流行り始めた窃盗手口の一つです。海外では「OBD Port Theft」などと呼ばれており、自動車の車両のシステム「OBDⅡ」につながる配線として使われている“CAN信号”というものの中に電子的に入り込み、ドアロックの解錠やエンジンの始動を行う手口です。

 

リレーアタックとの違い

これまで、自動車の盗難被害でその手口としてよく知られていたのは「リレーアタック」という手法でした。リレーアタックとは、車両の所有者の自宅内等に置いてあるスマートキーから発せられる特殊な電波を検知し、中継地点を作ってリレー形式で車両本体まで電波をつなぐ事でドアロックの解錠やエンジン始動を行う手法です。スマートキーを玄関に置いているなど、車両を停めている場所とスマートキーの保管場所が近い場合に被害に遭いやすいとされていましたので、スマートキーから発せられる電波が遮断されるようにアルミ缶の中にキーを保管するなどといった対策が有効でした。
しかし最新手法のCANインベーダーでは、このスマートキーは使わずに車両本体にダイレクトアクセスしてしまうという点が特徴とされています。

 
 

CANインベーダーの手口

CANインベーダーの手口

スマートキーを使った窃盗手口であるリレーアタックとは異なり、車両本体のシステムに侵入してドアロックを解錠したりエンジンを始動したりさせるのがCANインベーダーの特徴であるという事がわかりました。では、実際にどのような方法で窃盗が行われているのか見ていきましょう。

 

システム侵入

CANインベーダーの手法で使われる車両のシステムは「OBDⅡ」と呼ばれるものです。いわゆる「車載故障診断装置」の事で、目視では確認できないような車の故障・不具合を検知して記録する役割があります。世界中の自動車でこの「OBDⅡ」の搭載の義務化が進められており、2009年以降の新型車であれば必ず搭載しているシステムです。ディーラーや修理工場などでは、専用のスキャンツールを使って「OBDⅡ」の情報を読み取り、故障やトラブルの原因・点検項目を確認し、メンテナンスを行っています。

 

CAN信号

「OBDⅡ」に接続する為の専用のコネクタはどの車両も運転席の足元あたりに装備されていますが、このコネクタを介さずに直接「OBDⅡ」につながるために「CAN信号」と呼ばれる配線にアクセス・侵入するのがCANインベーダーの手口です。「CAN信号」とは通信プロコトルの一種で、自動車がどんどん高性能化する事で複雑化する電子制御ユニット配線のまとめ役を担っている、といったようなものです。このCAN信号を乗っ取られてOBDⅡに侵入されてしまうと、システムを介してドアロックを解錠されてしまう他、イモビライザー(メーカー設定盗難対策システム)を無効化されてしまうなどといった事になります。

 
 

CANインベーダー対策

CANインベーダー対策

具体的な手口を見る限りCANインベーダーとは、ツールやスキル、そして専門的な知識を持ち合わせたプロの自動車窃盗手法である事がわかりました。では、素人である私達がそんなプロの手から逃れるためにできる有効な対策とは一体どのようなものなのでしょうか。

 

物理的セキュリティ

CANインベーダーの手口であるCAN信号への侵入は、残念ながら具体的な対策方法がありません。その為、システムに侵入されたとしても車両がその場から動かせないような策を講じる他ありません。

 

タイヤロック

バイクでは一般的に使われる盗難対策ですが、車用のタイヤロックも多く販売されています。ホイール部分に装着して施錠しておくものですが、車両を動かす為には物理的な破壊が必要となりますので時間もかかり、犯人からすると非常に面倒でリスキーなアイテムです。停車している車両に装着しておく事でパッと見でも盗難対策を講じている車両だという事がわかるので非常に有効だと言われています。

 

ハンドルロック(ステアリングロック)

鍵式・ダイアル式など複数のタイプがあります。無理にロックを解錠しようとするとクラクションが鳴る仕組みになっていたり、切断が困難な高硬度な素材を使用していたりと様々な仕様のものが販売されています。数千円から数万円までと価格は幅広く、車種に合ったものを選ぶ事ができます。

 

証拠・追跡

もしも車両が盗難被害に遭ってしまった時に、犯人を逮捕するための手がかりを記録しておくという事も大切です。

 

防犯カメラ

自宅の車庫であれば、車両本体はもちろん、犯人の侵入経路や車両の盗難経路が映るように防犯カメラを設置しておくようにします。リレーアタックもそうですし、CANインベーダーといった手口でも犯人は複数人である事がほとんどです。予め準備してきた車で目的の車両に近づき、作業者が窃盗の作業を行い、別の要員は周囲の警戒などを担当していますので、共犯者の車両情報や人相なども記録できると貴重な情報になります。

 

車載GPS

スマートフォンを紛失した際に端末のGPS機能を利用して検索ができるように、車両にもGPS発信機を取り付けておく事でもしもの時でも車両の位置情報を確認する事が出来ます。盗難対象となる人気車両が盗まれた後には、パーツ別に分解されて海外に輸出されてしまうという話はよくある事ですが、盗難被害に遭ってからすぐに気が付けばGPS情報を追いかけて車両までたどり着く事もできるかもしれません。

エンジンをかけて自走させることなく、牽引車や輸送車を使うなどして車両ごと運ばれてしまう可能性もある為、GPSを車載する場合には機器単独で電力を持ち、電波を発信する事が出来るものがオススメです。

 
 

盗難被害の多い車

盗難被害の多い車

広く知られている情報ではありますが、盗難の被害にあいやすいと言われる代表車両は以下の通りです。

レクサス

レクサス
(引用:レクサス公式HP)

  • ・LX
  • ・RX

 

トヨタ

トヨタ高級SUV
(引用:トヨタ公式HP)

  • ・ランドクルーザー
  • ・ハイエース
  • ・プリウス
  • ・アルファード

 

海外でも人気が高い高級SUVは自動車の盗難被害に遭いやすい車両です。自宅の屋外駐車場に停められており、夜中の間に盗まれてしまうという被害報告が多く挙がっています。

レクサスのSUVやランクルもそうですが、特にパワー系の4WD車はタイヤロックをつけたまま無理やり走り出されて、破損して外れたタイヤロックだけが残される…といった事例も報告されています。車種に適した、ちゃんとした効果の発揮できるアイテムを選ぶなど、しっかりと対策を講じる事が大切です。

 
 

まとめ

自動車盗難被害

いかがでしたでしょうか。ここでは、最新の自動車窃盗手法として知られてきている「CANインベーダー」について手口や特徴、対策などを紹介しました。

盗難被害に遭いやすい車両をいくつか挙げましたが、そうでない車種に乗っていても盗難被害に遭う可能性はゼロではありません。また、車両を奪われないように対策を講じていても、最新手口では簡単にドアロックを解除されてしまいますので“車上荒らし”は防ぐ事ができません。日頃から車内に貴重品を置かないようにする事は大切ですし、“できること”をしておくというのが何よりの対策になります。

マイカーを持つ家が少なくなってきている今の時代です。車を持つ方の大切な愛車が被害に遭わない様、十分にお気をつけいただきたいと思います。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp