中古車オークション落札・出品代行最安なら「カーオークション.jp」

03-6867-8529 受付時間:平日10:00-19:00
中古車オークションなら「カーオークション.jp」

人気急上昇!廃車や乗り換えで次のマイカー候補にしたい「ワンボックスカー」の魅力とは?

セダン、ワゴン、SUVなど様々なジャンルのある自動車ですが、なんとなくわかっているようで具体的にはどういった違いがあるのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、そのうち“ワンボックスカー”と呼ばれる、今人気急上昇の車両についてその魅力や実用性などを紹介していきます。

 
 

ワンボックスカー

ワンボックスカー

「ワンボックスカー」という表現はどこかで耳にした事があるかもしれませんが、具体的にどのような車両がこれに該当するのでしょうか。ワゴンやミニバンとの違いは何なのか、ワンボックスカーの基本情報についておさらいしていきましょう。

 

ワンボックスカーとは

ワンボックスカー(1BOX)とは、一言で言うと“箱型の車”です。ボディ全体が大きな一つの箱(ボックス)のようなスタイルになっており、厳密に言うと、ボンネットを持たずにフロントシートの下にエンジンを積んでいるものがこれに該当します。

基本的には商用貨物をベースにして製造された車種が多く、人が乗る事よりも荷物を載せる事を重視した構造になっているのでフロントシートより後方は全て荷室スペースになっているタイプが主流です。

 

ミニバンとの違いとは

近年は、ワンボックスカー=ミニバンといったイメージもかなり広まってきています。これはメディア側がこういった表現を多く使い始めた事が要因であり、自動車メーカー側のカテゴリ分けとしては、エンジンをフロントシートの下に配置する商用向けの箱型の車をワンボックスカーボンネット内にエンジンを配置した、複数の乗車人数を確保したファミリーターゲットの箱型の車両をミニバン、といったくくりにしている事がほとんどです。

 

ツーボックスカーとの違いとは

ワンボックスカーに対してツーボックスカー(2BOX)と呼ばれる車両もありますが、具体的な違いは名前の通り、2つの箱(ボックス)で構成されているか1つの箱で構成されているかという点にあります。ツーボックスカーは、居住空間と荷室が一体になった1つのスペースと、エンジンルームの計2室で構成されています。様々な車の基本構造となっており、街を走る多くの車両がこのツーボックスカーに該当する事になります。カテゴリで分けるなら、ハッチバック、コンパクトカー、ステーションワゴンやSUV、そしてミニバンなどもこれに該当します。

 
 

ワンボックスカーの魅力

ワンボックスカーの魅力

街中を走る車の多くはいわゆる“ツーボックスカー”であり、それらに比べればワンボックスカーの利用者は少ないのも事実です。ですが、何故、個人所有としてのワンボックスカーが今注目を集めており人気が高まっているのでしょうか。その魅力を見ていきましょう。

 

積載性の高さ

ワンボックスカーの最大の魅力とも言えるのがその積載性です。乗用車の積載性という点で言えば、同じ箱型の車両という事でミニバンもかなり荷物を載せられるスタイリングです。ですが元々商用車向けのワンボックスカーは二列目のシートから後方は全て荷室空間になっているモデルが多く、乗せる事のできる荷物量は段違いと言えるでしょう。大きなものも長いものにも対応できるので、サーフボードやスノーボード、釣り竿など趣味に使う道具も容易く積載が可能です。

 

乗車人数

ワンボックスカーには、1つの車種でも複数のモデルが展開されているという特徴もあります。その違いの一つが乗車人数です。軽自動車なら4人乗り、普通乗用車なら5人乗り、ミニバンなら7人または8人乗りで選択できるのが一般的ですが、ワンボックスカーは2人乗り~10人乗り、サイズの大きいものなら11名以上の乗車定員に対応するモデルもあります。
乗車人数はそれほど多くなくて良いので荷物を沢山載せたい、あるいは8人以上を乗せるシーンがあるので乗車人数の多い車両に乗りたいなど、ニーズに合わせてモデルを選択できる点もワンボックスカーの魅力です。

 

運転のしやすさ

“大きな車は運転しにくい”というのが自動車の運転に対するイメージではないでしょうか。「前が見えにくいので心配」「運転に慣れていないから感覚がわからずぶつけてしまいそう」「大きな車は車庫入れが難しそう」といった印象は誰しもが抱きがちです。しかし実は、ワンボックスカーは車両感覚が非常につかみやすく、ミニバンやSUV、教習所で乗るようなセダンの車などと比較しても非常に運転がしやすいという特徴があります。
車両は箱型なので後方までその感覚がつかみやすく、エンジンルームをフロントシートの下に設けている為その分運転席の位置が高く前方視界も良好です。大きな車ですが運転してみると他のどんな種類の車よりも乗りやすいという発見があるはずです。

 

利便性

ワンボックスカーは積載性の高さに加えて、その空間の使いやすさも大きな魅力です。最近ではキャンプ人気の高まりもあり、車中泊が出来る仕様に室内アレンジを加えたり、ユーティリティナットを使ってフックをかけたりバーをかけたりする事で釣り竿・スノーボード・スキー・サーフィンなどの道具を積んで出かける為のホビーユースな使い方も可能です。用途に合わせて様々にアレンジができる利便性の高さもワンボックスカーの特徴と言えるでしょう。

 
 

ワンボックスカーのデメリット

ワンボックスカーのデメリット

ワンボックスカーのメリットについて紹介してきましたが、やはり“商用車”のイメージが強いので、懸念されるデメリットについても知っておくと安心です。普通車として家族ユースする場合などに知っておきたい注意点について見ていきましょう。

 

装備の充実性が低い

家族で使う車として代表的なミニバンなどは車内の便利装備なども充実しています。ドリンクホルダーやテーブルも付いていますし、車両購入後に追加したい便利なアイテムをカーショップで購入する場合にも適合した商品が多くあります。しかし、元々商用向け車両として製造されているワンボックスカーは“シンプル”が魅力でもありますから、装備の充実性は決して高いとは言えないかもしれません。

 

快適性が低い

ミニバンやセダンなど、一般的に家庭用車両として選ばれる車両は、メーカー側もその快適性にこだわっています。室内装備ももちろんですが、乗り心地やシートアレンジなど、車内で快適に過ごす為の工夫が多く詰まっています。それに対してワンボックスカーの場合は快適性よりも実用性を重視した作りになっていますので、快適な車内空間を期待したい場合には快適性を向上する為の工夫が必要になる可能性があります。

 
 

乗り換え

車の乗り換え

ワンボックスカーの性能やメリット・デメリットについて紹介してきましたが、もう一つ知っておきたいポイントはその市場の盛り上がりです。
自動車は、新車で購入するまたは中古で購入するという方法がありますが、新車の納入に時間がかかる今、特に人気が高まっているのは中古車市場です。家庭用の一般的な乗用車であれば、新車登録時から5年以上、走行距離が5万㎞以上となればガクっと価格が下がります。しかし元々商用向けの車両であるワンボックスカーは、ある程度年式が古くても、走行距離をそれなりに積んでいても、一定の需要がある為に買取り査定に出す場合でも大きく損をする事はありません。買う時には多数のモデルから気に入った車両を選ぶ事ができますし、不要になって売りに出したい時にもそれなりに値段が付く所有する事がマイナスにはなりにくい点が今のワンボックスカー市場の特徴です。

 
 

まとめ

廃車や乗り換え時に検討するワンボックスカー

いかがでしたでしょうか。ここでは、今注目が集まるワンボックスカーについて、その他の種類の車両との比較やメリット・デメリットについて紹介してきました。特に電気自動車の普及に対する意識が高まる中、今の車両を乗り替える時には次にどんな車両にするかといった事を考えるシーンもあるかと思います。キャンプブームを始め、“身内だけで”の移動やアクティビティが増えている時代だからこそ、多様性があり便利に使う事の出来るワンボックスカーは魅力的な車両として注目を浴びていると言えます。是非、次の車選びで注目してみてはいかがでしょうか。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp