中古車オークション落札・出品代行最安なら「カーオークション.jp」

オークション初めての方
03-6867-8529 受付時間:平日10:00-19:00
中古車オークションなら「カーオークション.jp」

車を高く売る為のポイント保管方法やメンテナンスについて

自動車を所有していると、いずれはその車を廃車にしたり下取りに出したりと、手放さなければいけない時がやってきます。そして車を手放すその時には、できるだけ高く売りたいと誰もが思うのではないでしょうか。
 
ここでは、自動車の廃車や中古車買取りや下取り時の査定でできるだけ高い値段をつけてもらう為のポイントについて紹介します。
 
 

所有車を手放す

所有車を手放す
 
所有している自動車を手放す時の選択肢には、「①新たに購入する車の下取りに出す」「②中古車買取り業者に買取ってもらう」「③廃車にする」という3種類の方法が挙げられます。
 
所有車を手放す
 
まずはそれぞれの方法の具体的な違いについて紹介していきましょう。
 
 

下取り

下取りとは、今現在所有している自分の車を売る事でその売値分を新たに購入する車の購入資金に充てる事です。
 
次の購入が決まっている事が前提で、新たに自動車を購入するその販売店に、現在所有している車を買い取ってもらう事になります。その為、中古車店やメーカーの自動車ディーラーでこの“下取り”のシステムが使われる事がほとんどです。
 
 

買取り

次の車を新たに購入するかどうかは別にして、今現在所有している自動車を買取り専門店などに買い取ってもらい、査定額に応じて代金を受け取るのが自動車の“買取り”のシステムです。
 
下取りでは、新規購入を前提として自動車メーカーのディーラーに査定・買取りをしてもらいますが、新規購入を検討していない場合だと自動車ディーラーでは自社で取り扱いのある車種であったり、新車からメンテナンスのデータを把握している車両でないとほとんど値段をつけてくれない事も多いです。
 
新たに自動車を購入する予定が無く、ただ手放したいだけであれば、様々なメーカーの様々な車種を取り扱っている中古車買取り業者に買取りを依頼するのが無難な選択肢と言えるでしょう。
 
 

廃車

廃車
 
その名の通り、不要になった自動車を“廃車”にしてしまうというのも車を手放す上での一つの選択肢です。年式の古い車や事故車、修理車は特に値段のつかない場合が多く、こういった車両についてはディーラーや中古車買取り業者に買取り査定に出しても、微々たる金額がつかない場合や、まったく値段がつかない為“処分費用”として数万円を支払う事で引き取ってもらうという場合も多くあります。
 
廃車として買取り業者に引き取ってもらう他、自身で“廃車”の手続きを行う事も可能です。ナンバープレートの返却をはじめ必要書類を陸運局に提出するなどの手間はありますが、処分に発生する引き取り費用よりもはるかに安く手放す事ができますし、車検の残り期間によっては既に支払っている税金が返還される場合もあります。
 
車種によっては、廃車専門の引き取り業者に連絡をする事で、他社では値段のつかなかった車両に買取り価格が付く場合もあります。
 
 

査定に出す際のポイント

査定に出す際のポイント
 
所有車を下取り査定に出す場合や、買取り業者に買い取ってもらう場合には少しでも高く値段をつけてもらって手放したいものです。査定にはある程度の審査基準が設けられている訳ですが、査定に出す前にポイントを押さえてメンテナンスしておく事で買取り価格のアップにつながる可能性のある点を紹介します。
 
査定に出す際のポイント
 
 

定期的なメンテナンス

当然と言えば当然ではあるのですが、定期的にしっかりとしたメンテナンスを行っている事は買取り査定の時に重要なチェック項目として判断されます。特に自動車ディーラーへの下取りや認定中古車として買取りをしてもらう場合には、購入時から定期的に当該ディーラーにてメンテナンスを受けてもらっているという履歴が査定では重要な評価されやすいポイントです。車検だけでなく、定期点検やオイル交換など細かいメンテナンスまで情報が残っているという事は、その車を中古車として販売する時の重要で信頼のある情報となる為です。
 
ステッカーやメンテナンスノートなどに記載されていれば確認する事ができますので、細かい内容だったとしてもメンテナンスの記録は残すようにしましょう。
 
逆に、車検は通しているものの定期的なメンテナンスが一切行われていないような車は状態が悪いと判断され、マイナス査定が大きくなってしまう場合がありますので注意が必要です。
 
 

内外装のメンテナンス

内外装のメンテナンス
 
内装・外装については、例えば自分が中古車を買う時の基準にもしたい部分かと思います。もちろん査定の項目としても重要視される部分です。
 
外装については、修復歴になるような大きなヘコミやキズに関してはお金をかけて直すかどうかの判断は非常に難しい点ではありますが、その他のちょっとした小キズはコンパウンドで傷消しをしておいたり、査定に出す前には洗車をしておく事ももちろん大切です。
 
内装については日々の使い方から注意をしておくのがポイントではありますが、査定前の清掃は必ず行っておくと良いでしょう。ゴミの有無はもちろん、シートに付着した汚れもマイナス査定の項目として判断されやすい為、シート用クリーナーの使用や、天井・インパネ回りにも室内用ワックスを使うなどして綺麗に清掃しておくのがオススメです。
 
 

純正品の装着

特にメーカーのディーラーに査定に出す場合には、メーカーの純正品のパーツや装飾品を付けている事が大切です。外装ならエアロ関係やマフラーといった装飾パーツやタイヤ・ホイールも他メーカーのものに履き替えている場合には、査定としてはマイナスになる可能性があります。
 
内装ならステアリングやミラーなどの交換可能パーツは純正品に戻しておくのが推奨される他、スピーカーやナビゲーション関係を後付けにして自動車専門店に設定を依頼して配線をいじっている場合などにも注意が必要です。
 
これらのカスタマイズについては、それだけお金をかけている訳ですし、ディーラー査定ではなくて、そういったカスタムカー専門の買取り業者などに出せばそれなりの価格になる場合もありますが、一般的なオフィシャル査定で見積もってもらう場合にはできるだけいじらず“純”なままの方がマイナス査定にはなりにくいというのが現実です。
 
 

修復歴

キズや破損、事故などによる修復歴がある場合には、隠さずに告知する義務があります。民間の修理業者も多く存在しており、簡単にそういった痕跡が綺麗になる技術もあります。しかし買取り査定に出す場合には、査定に精通したプロが車体をくまなくチェックしていく訳ですので、例え大きな事故でない簡単な修理だったとしても“修復歴”が存在している事はお見通しと言っても過言ではありません。大した事がないので隠そうと告知を怠るなどすると、場合によっては虚偽の報告とみなされて査定の進行や価格に大きな影響を及ぼす場合もありますので注意が必要です。
 
売りたい車に関する全ての情報を共有する事が非常に大切です。
 
 

査定前の無駄対策

査定前の無駄対策
 
査定に出す際に少しでも高い金額になるように配慮する点について紹介してきましたが、逆に「これをやってしまうともったいない」というポイントもありますので覚えておくと良いでしょう。
 
査定前の無駄対策
 
 

車検

自動車を査定に出す際に、車検の残り期間が短い場合にやってしまいがちなのが“車検を通す”事です。最低限の項目だけとしても、車検を通せば10万円近くの費用が発生します。ですが車検を通してから査定に出したとしても、査定額が10万円アップするという事はまず期待できません。自動車の買取り相場というのは意外と不安定で、数週間後には基準額が10万や20万下がるという事も十分に考えられます。車検の残り期間については、査定の依頼先にまず相談してみるというのも一つの方法です。
 
 

板金

板金とは、事故などにより衝撃を受けてボディがへこんでしまった場合や、経年劣化によって変形したり老朽化してしまった箇所などを修理して綺麗な状態へと蘇らせる技術です。
 
ヘコミや変形という状態を、パーツを丸ごと交換する事なく安価に、部分的に修復できるのが板金の醍醐味ではあるのですが、それでも数万円といった費用が発生するケースがほとんどです。それだけの費用をかけたのにも関わらず、かかった費用分の査定額がアップするかというと、現状そこまでの費用対効果を見込む事はできないのが実際です。
 
良かれと思い「多少のお金をかけてでも…」という気持ちが、総合的に見た時にマイナスになる可能性がある事を覚えておくと良いでしょう。
 
 

まとめ

まとめ
 
いかがでしたでしょうか。大切に乗ってきたマイカーを手放すその時には、少しでも高く値段をつけて買い取ってもらいたいといいう気持ちが発生するかと思います。
 
自動車を査定に出す時には、その条件を査定先ごとの特徴に合わせる事も大切ですが、なによりも日ごろから大切にクルマに乗ってあげる事が重要です。
 
定期的なメンテナンスや車内の清潔な利用、そして査定前の最低限の配慮を行う事で、少しでも高い値段をつけてもらい手放す事ができるでしょう。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp