中古車オークション落札・出品代行最安なら「カーオークション.jp」

オークション初めての方
03-6867-8529 受付時間:平日10:00-19:00
中古車オークションなら「カーオークション.jp」

車を手放す時に考えたい“買い替え・廃車のベストタイミング”とは

所有している自動車の年式が古くなってきたり、走行距離が伸びてくる、あるいは不具合が発生するようになる等の理由から、自動車を下取りに出して新しいものに乗り換えたり、あるいは査定で値段のつかない車両については廃車の手続きを行う事もあるかと思います。そんな時に少しでも高い値段が付きやすいタイミングで手放す事ができれば嬉しいですよね。
 
ここでは、自動車を手放す時に損のないようなベストタイミングについて紹介していきます。
 
 

自動車の買取り先

自動車の買取り先
 
自動車を手放そうと思った時には、いくつかの買取り業者を選択する事ができます。ではまず、自動車を買い取ってくれるいくつかの会社について紹介します。
 
自動車の買取り先
 
 

正規自動車ディーラー

車を手放す先として最初に浮かぶのが自動車ディーラーではないでしょうか。特に同じメーカーの車両を乗り継いでいる場合には、それなりにお付き合いもある事と思います。
 
ディーラーの場合は、廃車や中古車として車を買い取ってもらうよりも、手放す車両を下取りとして査定をしてもらい、 新たに購入する車両の販売価格から値引きをしてもらうというイメージです。
 
 

中古車買取り業者(販売会社)

主に中古の自動車を専門に扱っている自動車販売店などがこれに当たります。ユーザーから中古の自動車を買取りし、ある程度メンテナンスした上で自社の販売店にて販売する会社です。
 
正規ディーラーでは、他メーカーの車両は下取り価格が安くなる等の傾向があるとされますが、中古車販売店の場合は様々なメーカーの車両を取り扱っているので、今自分が乗っている車両やこれから購入したい自動車の車種やメーカーに関わらず買取りをしてもらう事ができます。
 
 

自動車オークション

自動車オークション
 
オークションと言っても色々と種類がありますが、中古車販売店など、自動車に関わる会社がチェックしている大きなオークションサイトに、代行出品をしてもらうケースです。
 
上記で紹介した中古車買取り業者ではオークションへの代行出品を請け負っているケースも多くあります。
 
その他にも、素人が出品・買取りできるインターネットオークションやフリマアプリでも自動車は取り扱われますので、車両の譲渡などの手続きが自分で完結できるのであれば利用してみる価値はあるかもしれません。
 
サイトの利用料は発生しても、売買に関するやりとりは購入者と直接になりますので、業者に買い取ってもらうよりも高い値段がつく事もあります。
 
 

廃車専門業者・自動車解体業者

下取りに出すにも、中古車としても値段がつかず、逆に廃車手数料を取られてしまうような車両については、専門の「廃車買取り業者」や「自動車解体業者」に依頼するという方法もあります。こういった会社では自動車を解体してパーツレベルに分解した上で、そのパーツを再利用できるルートを構築している場合が多く、ディーラーや中古車販売店で車としては値段がつかないと言われたものでも“パーツレベル”で査定してくれる場合があります。
 
あるいは、日本では年式が古く役目を終えた車でも海外では重宝される傾向にある事から、海外への販売ルートを構築しており、そういった需要を見込んで買取りをしてくれるケースもあります。
 
 

自動車の売り時

自動車の売り時
 
自動車を手放す時にはできるだけ高い値段をつけて買い取ってもらいたいですよね。では高く売る為の、良きタイミングというのは一体いつなのでしょうか。ここでは、自動車を手放す最良のタイミングについて紹介していきます。
 
自動車の売り時
 
 

モデルチェンジや大きな改良の前

ディーラーに下取りに出すにしても、中古車販売店に買い取ってもらうにしても、廃車になるのではなければ自分がそれまで乗っていた車両はやがて中古車として店頭に並ぶ事になります。その為、“次の人に高く買ってもらえるか”が“高く買い取ってもらえるかどうか”のポイントになります。そう考えた時にタイミングとして適切と言えるのが、モデルチェンジや大幅な改良が加わる前と言えます。
 
国産車の傾向として、ある一つの車種でもその多くには、「前期型」と「後期型」の2つが存在しています。新型車として発売されてからおおよそ6年~8年程度が経過したタイミングで“フルモデルチェンジ”と呼ばれる大きな仕様変更が行われます。このフルモデルチェンジの前か後かで「前期型」「後期型」と呼び分けられる事となります。
 
自動車を手放すタイミングとして、例えば自分の乗っている車両が「前期型」ならばフルモデルチェンジの前に手放す事をオススメします。
 
後期型が発売されてしまうと、前期型車両の中古車販売価格は大幅に下落します。その為、下取りに出したとしても中古車販売店に査定を依頼しても、後期型が発売される前よりはガクっと値段が落ちてしまう傾向にあります。
 
また、“フルモデルチェンジ”の他にも“マイナーチェンジ”と言って、数年に1度程のペースで細かな改良が加えられる事もあります。知らなければわからない程度の小さな改良ならば良いですが、マイナーチェンジにしては大きな変更が入るといった事もありますので、こまめにチェンジ情報を仕入れて、自分の車を手放すタイミングを見計らうのがオススメです。
 
 

走行距離の区切り

走行距離の区切り
 
中古車の購入を検討した事のある人はイメージが湧きやすいかもしれませんが、中古車販売情報をネット上で閲覧できるサイトでは、中古車の検索条件としてその車両のこれまでの走行距離をある一定の区切りで分類しています。
 
◇1万㎞~3万㎞
◇3万㎞~5万㎞
◇・・・~10万㎞以下
 
このように、走行距離がどのくらいであるかという事が購入者の選択目安の一つとなっているので、この走行距離の区切りを買取り査定額の一つの目安として見るのもオススメです。
 
特に10万㎞以上走っているか、それ以下であるかというのは特に大きな壁とされています。走行距離のメーターが二桁か、一桁かという点は海外に車体が売られる場合にもチェックされるポイントになります。
 
自動車を手放す際には、走行距離が10万㎞以上になる前に下取りや買取りの査定に出す事をオススメします。
 
 

年式の区切り

考え方は走行距離の区切りと同じです。もちろん、年式が新しい車両の方が次の買い手にはメリットになりますし、日本では年式が13年以上になると税金も高くなります。
 
2.1でも触れたフルモデルチェンジのタイミングが6~7年程ですから、新車で購入した場合には2回目の車検、または3回目の車検までには買取りの依頼をするのが一番効率良く車を売る事ができると言えるでしょう。
 
そのタイミングを過ぎてくると、10年よりも上か下かという切り分け、そして13年より上か下かが大きな判断基準となります。
10年以上乗っている自動車は国内では中古車としてもあまり需要が高いとは言えませんので、海外への輸出ルートを持っている買取り業者への依頼がオススメです。
 
 

故障車の処分先

故障車の処分先
 
“処分”と言ってしまうと聞こえが悪い印象もありますが、例えば台風や急な豪雨などで立ち往生して浸水の被害に合ってしまった場合や、電気系統、システム、エンジントラブルにより走行不可となった要修理車などは下取りに出す事は難しく、中古車販売店でも「故障車」あるいは「修復歴あり」とみなされて値段がつけてもらえない事が多々あります。そこで諦めて修理費用や廃車費用にお金をかけてしまうのは勿体ないというのをご存知でしょうか。
 
もちろん、その時の自動車の状態にもよりますが、故障車や修復歴のある自動車でも買取りを行ってくれる専門の会社が存在します。
「1.4」でも紹介しましたが、廃車や解体の専門業者がこれに当たります。
 
故障してしまっている部品以外のパーツを国内や国外で販売する販売網を持っていたり、走行できる車ならばそのまま海外に輸出する場合もあります。
 
一般的には需要の無くなった自動車でも、専門の買取り業者に依頼する事で手放す際の自己負担を抑える事ができ、場合によっては値段をつけて買い取ってくれる場合もあるというのは非常に魅力的と言えるでしょう。
 
 

まとめ

まとめ
 
いかがでしたでしょうか。これまで乗ってきた自動車を手放す際のベストなタイミングやその査定先について紹介しました。
 
日本は自動車産業が実に盛んな国であり、国内メーカーの自動車だけでも本当にたくさんの車種が存在しています。そして自動車というのは私達の生活に非常に密着している乗り物で、ライフサイクルの一部となっています。それだけに、中古車市場もかなりの需要量と供給量があるのが現状です。
 
そういった中でも、自分が乗っていた車をできるだけ高く買い取ってもらえるようにするには、車を買い取ってもらう為の基本的な知識を身に着け、そして適切なタイミングを見極めた上で買取り業者に依頼をする事がポイントです。
大切な愛車のその状況に合わせた判断で、少しでも損をしない手放し方を是非見極めてくださいね。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp