中古車オークション落札・出品代行最安なら「カーオークション.jp」

オークション初めての方
03-6867-8529 受付時間:平日10:00-19:00
中古車オークションなら「カーオークション.jp」

自動車の「廃車」とは廃車の定義や種類、手続き方法など

事故などで自動車が破損してしまったものの修理が困難な場合や、長年乗っていない自動車が放置されている場合などには自動車を「廃車」にする事になります。
 
では実際に「廃車」にはどのような種類があり、どのような手続きを行わなければならないのでしょうか。ここでは自動車の「廃車」について詳しく紹介します。
 
 

廃車の種類

廃車の種類
 
「廃車」と聞くと、走れなくなった車や、不要になったものの値段のつかない価値の無い車を処分するというイメージが強いのではないでしょうか。
 
もちろんその認識が正しいのですが、細かく分けると廃車には3つの種類・状態があります。
 
廃車には3つの種類・状態
 
 

一時抹消登録

「一時抹消登録」とは、現在所有している自動車について利用(所有)を一時的に中断したい場合に行う届け出です。自動車は、その種類やサイズに関係なく所有しているだけで毎年決まった税金が発生する上、駐車場が必要であればその費用もかかりますし、非常に維持費の高い乗り物です。定期的に使用していれば良いですが、事情があって乗らない期間が続く場合には、所有しているだけでお金が発生して無駄になってしまうので非常に勿体無いと言えます。
 
そんな時に便利なのがこの「一時抹消登録」です。
例えば、仕事の都合で長期海外赴任が決まった場合や病気やケガによる入院、あるいは自動車の運転が困難になった場合などに適した「廃車」の方法と言えます。
 
この「一時抹消登録」を届け出ておけば、必要になった際に「中古車新規登録」の手続きを行うだけで再びその車の所有者となり、走行が可能になります。
展示車両を持つ中古車販売店などではこの方法が利用され、税金がかからないようにして車両の展示をしています。
 
 

永久抹消登録

「永久抹消登録」は、皆さんが思い浮かべる「廃車」のイメージに一番適しているものかと思います。事故や自然災害、値段のつかなくなった古い車など、走行が不可能となった車両や中古車として買取り査定に出しても値段がつかなくなった車両に対して行うのがこの「永久抹消登録」です。
 
ですが実は、永久抹消登録を行う為にはまず先に車両を解体しておく必要があるのをご存知でしょうか。通常、乗る事ができなくなった自動車を手放したい時にはディーラーや買取り業者に依頼をして廃車の為に自動車を引き取ってもらう事になります。
 
この際、買取り査定がつかないとなると逆に「廃車費用」といった引き取り費用を支払わなければならないのが一般的な流れです。
 
「廃車」にする事の一体どこにお金がかかるのかまでは具体的に周知されていませんが、廃車の工程のまず始めに、「解体する」というこの作業に費用が発生している事となります。
 
 

解体届出

解体届出
 
「永久抹消登録」が行われる前の手続きが実はこの「解体届出」という工程です。一時抹消登録後に結局車を使う機会が無かった場合や、事故などにより乗車不可となった車両を処分する場合など、自動車のリサイクル業者に車両の解体を依頼し、解体終了の報告を受けたら「解体届出」の手続きが必要となります。通常、自動車の引き取り業者にお金を払って車両を引き取ってもらう事が多いので、自身で「解体届出」の手続きを行う事はあまり多くはありませんが、自分でこの手続きを行う事で、残りの車検の期間に応じて自動車税の還付が受けられるという点もポイントです。
 
 

廃車の手続き

廃車の手続き
 
廃車の種類について紹介しましたが、では具体的にそれぞれの廃車手続きをどのように行えば良いのか、その手続き方法について紹介していきます。
 
 

「一時抹消登録」の手続き

一時的に自動車の所有権を手放したい場合に行う「一時抹消登録」の手続きは非常に簡単です。
普通自動車なら陸運局、軽自動車なら軽自動車協会で必要書類を購入、所定の書類を記入し、抹消登録を行う車両のナンバープレートを返納します。これで不備がなければ一時抹消登録の手続きは終了となり、窓口で「一時抹消登録証明書」を受け取る事ができます。
 
車検の都度支払いを行っている自動車重量税については、一時抹消登録では還付はありませんが、自動車を所有していないのと同じ状態になる為、年単位で支払いが来る自動車税に関しては、この時点から支払いの義務が発生しない事になります。
 
 

「解体届出」の手続き

解体届出の手続きも、永久抹消登録と同じです。永久抹消登録ではなく解体届出を行うのは、既に自動車が一時抹消登録の手続きを行っている場合です。
永久抹消登録の手続きと異なる点は、陸運局や軽自動車協会に届け出を行う際に「一時抹消登録証明書」が必要になる事です。
 
解体届出の場合も永久抹消登録と同様に、車検の残り期間が1カ月以上ある場合には、自動車重量税の還付を受ける事が出来るので、振込先など必要情報の記載を忘れずに行いましょう。
 
 

事故を起こしてしまった車両の手続き

事故を起こしてしまった車両の手続き
 
廃車の手続きとはまた別ですが、事故で故障してしまった車両はまず、自走可能であればそのまま修理工場へと向かいます。難しい場合は所定の業者に車両を取りに来てもらい、修理工場へと運びます。修理費用の支払いで保険会社と修理工場は情報を共有する事になりますので、修理工場の連絡先を保険会社に連絡しておきます。
 
車両の修理費用については、事故の相手との示談交渉後に過失割合に応じた金額が双方の保険会社から支払われますが、実費に不足する場合には自己負担で修理工場に支払いを行います。
 
その為、まずは修理工場から修理にかかる費用の見積もりだけを預かり、保険会社に伝え、示談交渉後に保険料が確定してから修理を行うかどうか決める事もできます。
 
修理で直らない程に破損が大きい場合や走行不可能な場合には、「永久抹消登録」の手続きを行い“廃車”にします。
 
 

事故車・廃車業者選び

事故車・廃車業者選び
 
一般的には、付き合いのある自動車ディーラーや中古車買取り店などでは廃車になるようなレベルの車両には買取り査定で金額を付ける事はほとんどありません。
 
廃車にする為の手続きとして、「廃車費用」を支払わなければならないのが普通です。
ですが、事故車や廃車レベルの車両でも、そういった車を専門に扱っている買取り業者に依頼する事で廃車にかかる費用を安価に抑える事が出来たり、車種によってはパーツレベルでの需要見込みがある場合もあり、査定金額が付く事もあります。
 
自社で解体工場を持っている場合などには特に、廃車に関わるコストを抑える事ができますので、車を手放そうとしている人には嬉しい金額になる事もあります。
自分で手続きを行うという選択肢もありますが、まずは廃車専門の買取り業者に相談してみるというのもオススメです。
 
 

まとめ

まとめ
 
いかがでしたでしょうか。自動車の「廃車」の種類とその手続き方法などについて紹介しました。「廃車」というと完全に自動車を手放すイメージが強いですが、実は状況により適切な廃車方法が選べる事がわかりました。
ただ費用をかけて廃車にするのではなく、自身で手続きを行う事で戻ってくる費用もありますし、専門の業者に依頼する事で買取り金額がつく事もあります。
 
乗っていない車両をただ保有しているだけの場合には、「廃車」という選択肢を選んでみるというのも、損をしない自動車との付き合い方と言えるかもしれません。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp