中古車オークション落札・出品代行最安なら「カーオークション.jp」

オークション初めての方
03-6867-8529 受付時間:平日10:00-19:00
中古車オークションなら「カーオークション.jp」

聞いた事はあるけどよく知らない!自動車の「リサイクル券」とは?

自動車を所有している方なら、「リサイクル料」や「リサイクル券」といった言葉を一度は聞いた事があるのではないでしょうか。
 
車検証と一緒に保管されたまま、よくわからず持っている場合がほとんどかと思いますが、このリサイクル券というのは自動車を廃車にする時に必要になるものです。
 
では、一体どのような仕組みのどのような用途のものなのか、リサイクル券について紹介します。
 
 

リサイクル券

リサイクル券
 
リサイクル券とは、自動車を購入する際に“リサイクル料金”を預託したという事を証明する為の書類です。リサイクル料金は、新車で購入した時も中古車を購入した場合でも漏れなく支払いが必要になるものです。
 
 

リサイクル券制度

リサイクル券の制度が始まったのは平成17年1月で、自動車リサイクル法が施工された事で始まったシステムです。
 
リサイクル券制度が開始された大きな理由は、自動車の不法投棄を防ぐ事です。これまでは、乗らなくなった自動車を廃車にする為にはそれなりの金額で廃車料金が発生するという理由から、車両の不法投棄が頻繁に行われていました。個人ではなく、業者単位での不法投棄が大きなニュースになった事もあります。このような事態を防ぐべく、自動車を購入する際に予め、自動車を廃車にする為の“処分料(リサイクル料金)”を支払う事で廃車時の料金負担を無くすという対策が取られた事がはじまりです。
 
 

リサイクル券の流れ

まず、新車で自動車を購入する際に「リサイクル料金」を支払います。その車を最後まで自分で乗っていれば、廃車のタイミングで解体業者に自分が支払ったリサイクル券の提出を行う事となります。
 
これが例えば、途中で自動車を中古車販売店などに売った場合には、新車購入時に支払ったリサイクル料金を中古車販売店から受け取る事ができます。そして次にその車両を購入した人は、中古車販売店にリサイクル料金を支払う必要があります。その人が車両を廃車にする場合には、中古車販売店に支払ったリサイクル料金のリサイクル券で解体業者に廃車を依頼する事になります。
 
つまり、自動車を購入する際にはどのような購入形態であってもリサイクル料金が発生し、その車両を廃車以外で手放す際には支払っていたリサイクル料金が返還されます。そして車両を廃車にするタイミングで所有していた人は、リサイクル料の返還は無くリサイクル券をもってして廃車費用を負担するという事になります。
 
 

預託証明書

預託証明書
 
リサイクル券は、リサイクル料を支払った証明書です。書面上は「預託証明書」と記載されますが、4つの種類の券からできています。
 
◆A券
リサイクル券に記載された分のリサイクル料金を、その車両の所有者が支払いを行った事を証明します。車検の際や、中古車として自動車を手放す際にはこの券が必要になります。
 
◆B券
廃車時に必要となるもので、「使用済自動車引取証明書」と記載があります。廃車にする自動車を引き取る業者が最終所有者に交付する事になる券です。
 
◆C券
交易財団法人自動車リサイクル促進センターという所が、「資金管理料金受領書」として管理料金を受け取った事を証明する券です。リサイクル料(預託金額)の他に、数百円程度を管理料として納める必要があるその代金です。
 
◆D券
「料金通知書券発行者控」と記載される最後のD券は、リサイクル料金を車両の所有者に通知した後に、事業者が控えとして保管する券です。
 
 

リサイクル料金

リサイクル料金
 
リサイクル券(リサイクル料金)は、自動車を所有する際に所有者が支払う必要がある、廃車を見越した為の前納料のようなものである事がわかりました。
 
では、その料金システムはどのように構成されているでしょうか。
 
 

リサイクル料金の基準

自動税や自動車重量税などの税金は、その車の排気量や車両重量によって金額が決まります。しかしリサイクル料金は、実はその自動車が装備しているエアバックの数やシュレッダーダストの量、フロンの充填量によって金額が異なります。
 
その為同じ車種や排気量の車であっても、メーカーオプションでエアバックの数を多くしている場合などにはリサイクル料は高くなります。
 
車両により価格帯が前後する場合がありますが、おおよその水準は下記の通りです。
 
大型バス・・・40,000円~65,000円
中型・大型トラック・・・10,000円~16,000円
普通乗用車・・・10,000円~18,000円
軽自動車・小型乗用車・・・7,000円~16,000円
 

リサイクル券紛失時の再発行料

リサイクル券が必要となるタイミングは、自動車を購入した時、売却する時、そして廃車にする時です。それ以外は使う事が無いので、どこにしまったかわからなくなってしまったり、無くしてしまうといったケースも多くあります。
 
ですがそういった場合には、自動車リサイクル促進センターが管理しているインターネットサイトから「自動車リサイクル料金の預託状況」という証明書を印刷する事ができ、これがリサイクル券の替わりの預託状況証明となります。その為、リサイクル券を紛失してしまった場合でも再発行の手数料はかかりません。
 
車検証に記載がある、車体番号の下四桁と登録番号を入力する事で確認ができます。
 
 

リサイクル券の使用

リサイクル券の使用
 
自動車を購入する際に一緒に支払いを行うリサイクル料金ですが、リサイクル料金を支払った証明となるリサイクル券は、具体的にどのようなタイミングで使う事になるのでしょうか。詳しく紹介します。
 
リサイクル券の使用タイミング
 
 

車を購入した時

新車で買う時も、中古車を買う時にも、車を購入するタイミングでは必ずリサイクル料金を支払います。車両の本体価格とは別に支払いが発生するものであり、購入時の支払い明細には「リサイクル料金」として1項目発生します。車両によりリサイクル料金は異なります。リサイクル券に記載された車体番号が、車検証に記載のある番号と一致しているかを確認します。
 
 

車を売却する時

車を売却する時
 
乗っていた車を売却する時には、車両本体の買取り価格とは別でリサイクル料金を受け取る事ができます。新車購入時に支払われている金額と同じ額を受け取るのが基本です。しかしこれに関しては、中古車買取り業者の明細には“総額”として記載される事も多いのが現状です。“全部込みでこの値段で買い取ります”といった場合にはリサイクル料金もこの中に含まれる事が多いので、あくまでも知識として知っておくと良いでしょう。
 
 

車を廃車にする時

車を廃車にする際には、リサイクル券の提出が必要です。リサイクル券がある事でリサイクル料金を預託していますという証明になり、基本的にはこれがないと廃車にできません。中古車で自動車を購入した場合で、リサイクル券を受け取った記憶が無いという場合でも車検証入れに一緒に入っているケースがほとんどです。
 
万が一リサイクル券が見当たらない、紛失してしまったという場合でも、車検情報を使ってインターネットからリサイクル料金の預託状況を確認し、証明書を発行する事ができます。
 
 

まとめ

まとめ
 
いかがでしたでしょうか。知っているようで知らない、自動車のリサイクル券について紹介しました。正規ディーラーから新車で購入した方は、おそらく車検証入れと一緒に保管しているかと思いますが、中古車販売店などで車両を購入した際に特別な説明を受けた記憶が無い場合には今一度リサイクル券の所在を確認しておくと安心です。
 
また、自分が車両を購入する場合もそうですが、もしも販売店を通さずに直接、家族や友人などと譲渡や売買のやりとりが行われる場合にも、リサイクル券について忘れる事のないように注意しましょう。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp