TEL.03-3586-1522info@car-auc.jp

突然の寒波、降雪で困った事態に ウインタードライブの準備は万全?

c90b0e27608ec678de7b2abb3b24904a_s
春のような暖かさが続いて、今シーズンはどうやら暖冬なのかな? と思っていたのに、不意の大雪に急激な寒波まで到来、「え、スタッドレスに履き替えてない! まだ雪の準備なんてできてないよー」なんて、毎冬同じようなことを繰り返している気がしますが、なかなか人間というのは学習しないのでしょうか。
 
でも、以前に比べると急激な天候の変化が毎年増えているような気がします。実際テレビやネットのニュースを見ていても「観測史上最高の寒さ到来!」や「○○年ぶりの積雪!」などという見出しも、もう珍しくもありません。でも、どんなに寒く、雪が降っていたとしても通学に出勤、子供の送り迎えと朝になれば慌ただしくでかけなくてはなりませんよね。なのにいつものようにクルマに向かってみると、予想外の困った事態になっていたなんて経験はありませんか?
 
 

すぐにでも走り出したいのに凍結で前が見えない! どうするべきか

 
1268f3faa01c23d0fc8c1894d8eb7afa_s
 
その困った事態とは、ウインドーガラスの凍結です。降雪地でなければそこまで冷え込むこともめったにないのですが、突然の大寒波となると思わぬ事態となることもあるのです。スタッドレスやタイヤチェーンは事前に用意してあったとしても、ウインドーの凍結までは、なかなか予想できないのではないでしょうか。不意の自体であれば、もちろん準備もできていないですよね。
 
でも、そんな特に限ってすぐにでも出かけなくてはいけなかったりするのです。ではウインドーガラスが凍結していたら、どうすればいいのでしょう? 厄介な凍結の解決方法を調べてみました。
 
まず、もっともやってはいけないのは金属のヘラなどで力任せにガラス面の氷を擦り取ること。それではあっという間にガラスを傷付けることになり最悪です。
 
また、凍っているのだからと熱いお湯で溶かそうというのもダメです。冷え切ったガラスに熱湯をかけると急激な熱膨張によってガラスにひびが入ったり、最悪割れてしまうことも。そうなったら危険ですし、その日はそのクルマを使うわけにはいきませんね。ぬるま湯程度であれば大丈夫ですが、それでも十分に気をつけなくてはなりません。
 
市販の解氷スプレーなどを使うのがおススメですが急な事態、すぐに手に入るとは限りません。となるとぬるま湯+エアコンのデフロスターの熱風で氷を解かすというのが現実的でしょう。
 
慎重にぬるま湯でガラスの凍結を溶かしたら、忘れてはいけないのがその水分を十分に除去しておくこと。なぜかというと水分が残っていると走行中にガラス表面の温度が急激に下がって、再度凍結が起きてしまう可能性があるからです。水分をしっかり切ったうえ、忘れずにエアコンをデフロスターにして再凍結を防ぎましょう。さらにリアウインドウの熱戦もONにしておきましょう。
 
もし解氷スプレーがあれば、再凍結を防ぐことが可能です。水分ではなくアルコールが成分に含まれているため氷点下になっても凍らないのです。また解氷スプレーと共に、ウインドーウォッシャー液も解氷剤入りのものに変えておくと万全です。解氷スプレーと同様に凍結を溶かすことができ、また再凍結防止効果も期待できます。それにガラコやレインXなど定番のガラスコーティング剤もウインドーの凍結防止効果がありますのでウインドウケアと共に、定期的にウインドーはっ水剤を塗っておくのもよいでしょう。
 
 

未然にトラブルを防ぎたいなら季節に合わせてワイパーも交換

 
145dd112cb72ef3e4de15f9a6220a77e_s
 
ウインドー凍結だけでなく、ワイパーに関しても注意が必要です。ガラスが凍結しているということは、その表面に密着しているワイパーゴムも一緒に凍結して張り付いてしまっているはず。降雪地の方なら常識として冬場はワイパーを立てているかもしれませんが、普段あまり雪が降らない地域の方ならそのような対処はとっていないのではないでしょうか? その場合は無理にはがせばゴムがダメになってしまうでしょう。
 
また、張り付いていなくとも、凍結したウインドーガラス面をキチンと処理せずにワイパーで拭き取れば、同じくゴム部分がダメになってしまいます。注意しましょう。ちなみにワイパーのアーム部分をカバーすることで再凍結を防ぐ冬用ワイパーというものもあります。
 
こういった冬用ワイパーは、ゴム部分も低温でも柔軟性を保つ工夫がされており、降雪地ではわりと当たり前のものなのだとか。万が一のことを考えて、降雪地域でない方も、冬場はこういったワイパーに交換しておくのもよいかもしれませんね。
 
 

ワイパーは立てる? 立てない? どうするのが正解なの

 
31a06e01ecc3723ef64b5cd5163be178_s
 
ワイパーのウインドーへの凍結を防ぐため、そして雪の重みでワイパーのアームやリンク機構にダメージを負わせないため積雪の際はワイパーを立てておくというのが定番というのは前述しました。しかし、場合によってはワイパーを立てていたためにワイパーを折ってしまったということもあるので注意してください。
 
ではどのように判断すればいいのか? もし雪が少なかったり、軽い雪であるなら立てておいたほうがワイパーへの影響は少ないです。雪の質はその時の気温や湿度、また地域によって様々なので何センチ以上なら…といった具体的な数値は出せないのですが、普段積雪の無い都市部であれば立てておいておおよそ問題ないと思いおます。
 
しかし、それがまれにみる大雪や水分を含んだ重い雪であった場合、ルーフやフロントウィンドウーから落ちた雪で立てていたワイパーが変形する可能性があるので、立てないほうが良いとされています。
 スキーやスノボで降雪地に出かけて場合は周囲の駐車している地元のクルマを参考にするといいでしょう。都会であっても、もしも大雪が予想されているという場合には、ワイパーを上げておかないほうが良いということもあるので覚えておきましょう。