中古車オークション落札・出品代行最安なら「カーオークション.jp」

オークション初めての方
03-6867-8529 受付時間:平日10:00-19:00
中古車オークションなら「カーオークション.jp」

故人の所有車を廃車にする方法とは?

車の所有者が亡くなってしまい、その後その車を誰かが譲り受けて乗り続けるなら良いですが、引取り手もおらず中古車としても値段が付かない場合にはどのように廃車の手続きをすれば良いのでしょうか。ここでは、もしもの時に知っておきたい故人の所有車の廃車方法について紹介します。
 
 

故人の所有車

故人の所有車
 
亡くなられた方が所有していた車両について、その後どのようにするかを、まずは家族で話し合う必要があります。ですがどのようにするにしても、「名義人」や「所有者」の情報をその車両に残したまま放置する訳にはいきませんので、必ず何等かの手続きを踏む必要があります。
 
 

車=財産

車の所有者が亡くなった時には、その時点で車両は“財産”のひとつとなります。相続人全員の共有の財産とみなされ、例えそれがどんなに価値のつかない古い車や故障して動かないものだったとしてもまずは「相続」の手続きをする必要があります。
 
相続人とは、故人の配偶者及び血族相続人と呼ばれる子供や孫、両親、祖父母、兄弟姉妹が該当します。相続人全員で話し合いを行った上で、誰が相続するのかについて合意を行い、実際に相続の手続きを進めていきます。
 
 

所有者情報

所有者情報
 
相続の手続きを進めるにあたり、まずは故人の所有していた車両についての情報を確認する必要があります。
 
その自動車の“所有者”の情報は、自動車の車検証に記載のある「所有者」欄で確認ができます。そこが故人の名前になっていればある程度スムーズですが、ローンが残っている場合などには所有者欄の記載名がローン会社やディーラーになっている場合もあります。万一ローンが残っている場合には、ローン返済の責任についても相続人が相続する事になりますので完済まで支払いを行う必要があります。まずは所有者欄に記載のあるローン会社やディーラーに連絡をし、所有者が亡くなった旨をお知らせしましょう。場合によっては車検証の記載が変わっていなかっただけで、既にローンの支払いを終えているケースもあります。その際には相続人にスムーズに名義変更をする事ができます。
 
 

廃車手続き

廃車手続き
 
故人の車を廃車にすると決まり、廃車の手続きを自分で行う為にはいくつかやらなくてはいけない事があります。
 
では実際にどのような流れで廃車手続きを進めるのかについて紹介していきます。
 
 

必要書類

廃車の為にはいくつかの書類が必要になります。相続の段階で車検証に記載のあるその車の所有者が誰になっているかなど、条件により異なりますので確認していきましょう。
 

車検証に記載の所有者が個人(故人)である場合

  • ・自動車検査証(車検証)
  • ・ナンバープレート2枚
  • ・戸籍謄本または戸籍の全部事項証明書(故人の死亡が確認でき、かつ相続人全員の関係がわかるもの)
  • ・遺産分割協議書(新たな所有者となる相続人を含む、相続人全員の実印が押されているもの)
  • ・新たな所有者となる相続人の実印
  • ・新たな所有者となる相続人の印鑑登録証明書
  • ・重量税還付の為の口座情報
  • ・「解体記録日」と「リサイクル番号」がわかるもの

 

車検証に記載の所有者が個人(故人)以外の場合

この場合には、まずは所有者を相続人へと変更する必要があります。車検証の所有者欄に記載のある所有者に連絡を取り、故人が亡くなった旨を伝え、名義人変更についての手続きを相談します。ローンが残っている場合には返済の必要が引き続き生じますので、廃車にするかどうか、相続人が引き続き支払いを行うのか等、状況に合わせてローン会社やディーラーごとに決まった流れがあるかと思いますので話を聞くようにします。
 
名義人が相続人へと変更されたら、上記に記載のある書類を準備して廃車の手続きを進める事ができます。
 

軽自動車の場合

実は、亡くなった故人の所有車が軽自動車だった場合には、相続人への名義変更をせずとも必要書類が揃えば比較的簡単に廃車の手続きを行う事ができます。
 
その際に必要な書類は下記の通りです。

  • ・自動車検査証(車検証)
  • ・ナンバープレート2枚
  • ・車検証に記載のある所有車と使用者の印鑑(実印以外もOK)
  • ・重量税還付の為の口座情報
  • ・「解体記録日」と「リサイクル番号」がわかるもの

 
 

車の解体を依頼する

車の解体を依頼する
 
先に必要書類について記載しましたが、上記のような書類を持って廃車の手続きを行う前にまずは車両の解体を依頼する必要があります。
 
必要書類の中に“「解体記録日」と「リサイクル番号」がわかるもの”という記載がありますが、この解体記録日とリサイクル番号を発行してくれるのが解体業者です。
 
解体業者に直接依頼するケースもありますが、一般的には自動車買取り業者やディーラーに解体処分の手続きを依頼する事になるでしょう。その際に、廃車の手続きについては自分で行う旨を伝えると、解体の手続きのみ担当してくれて、廃車を自分で行う事ができます。特に故人の車両の場合は必要書類も多いので、自分で担当する事により廃車手続きの費用を削減する事ができるケースもあります。
 
 

管轄の窓口で廃車手続きを行う

自動車の廃車手続きを受け付ける窓口は、普通自動車であれば管轄の陸運支局です。軽自動車であれば軽自動車協会です。
 
申請の手順については各施設で異なる場合がありますので現地の指示に従いますが、先に挙げた必要書類を準備して窓口に出向きます。
 
事前に陸運支局や軽自動車協会のHPを見て情報を取得する事もできます。
 
 

第三者への依頼

第三者への依頼
 
ここまでは、相続人が故人の所有していた車両の廃車手続きを行う方法について紹介してきましたが、必ずしも相続人が全ての手続きを行わなくてはいけない訳ではありません。
 
第三者として故人の所有車だった車両を廃車手続きにしてくれる先がいくつか挙げられます。
 
第三者への依頼
 
 

行政書士

相続人が自分で陸運支局や軽自動車協会に出向き廃車の手続きをする場合についてこれまで説明してきましたが、故人の遺産整理・遺産分割の手続きなどを行っている場合にはそれらと一緒に行政書士に依頼するというケースもあります。
 
必要書類の準備や、窓口に出向く手間を省きたいのであれば依頼してしまえば簡単で安心です。ただし依頼料として数万円がかかるのが一般的ですので、相続人のうちだれが負担するのかなどに配慮が必要です。
 
 

廃車買取り業者

中古車の買取り業者はよくありますが、廃車買取り業者はあまり馴染みが無いかもしれません。その名の通り、廃車専門の買取り業者です。廃車なのに買取りをしてくれるのはなにかカラクリがありそうで心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、廃車買取り業者は中古車買取り店とは違う、自動車のパーツや鉄などの素材を販売するルートを構築している業者です。その為、無料または金額を付けて廃車を買取りし、その車両を解体するとパーツレベルで再利用しているのです。走れなくなった車両でも部品単位で見極めて価値をつけてくれるのは廃車を検討している側からすると有難い限りです。
 
また、自動車ディーラーなどは自前で解体工場を持っていない為に廃車の場合には解体業者に車両を持ち込む為のお金が発生しますが、廃車買取り業者は解体業者を兼業あるいは提携している所が多いので、解体にかかる無駄な費用がありません。その上、廃車買取り業者ならレッカー車などを自前で持っている為車両の引き取りも気軽に引き受けてくれます。
 
 

まとめ

まとめ
 
いかがでしたでしょうか。故人の車の廃車手続きについて紹介しました。手順を踏み、自分で手続きを進める事で無駄な費用も最低限に抑える事はできますが、ご親族が亡くなられた場合には他にもやらなければならない事や決めなくてはならない事が沢山あるのも現実です。
 
少し手間のかかりそうな車の処分は、専門の廃車買取り業者に依頼をする事で残された車の価値をしっかり査定してもらう事もできますし、面倒な手続きも頼む事ができるので安心です。自動車を引き取ってくれる先には、ディーラーや中古車販売店以外にも、廃車買取り業者があるという事を覚えておくと、損の無い車の手放し方ができるかもしれません。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp