TEL.03-3586-1522info@car-auc.jp

なってしまったらもはや打つ手なし 恐ろしいハイドロプレーニング現象

本格的な梅雨に突入すると、雨の日が続き、車の運転にもより慎重さが求められるようになります。視界は悪くなりますし、湿度と気温が高いために窓も曇りやすくなります。また、歩行者の注意力も散漫になる上に、雨で濡れた路面はドライ路面よりもタイヤのグリップ力が低下して圧倒的に滑りやすくなりますよね。当然交通トラブルもおきやすくなるからです。
 
以前、首都高速道路株式会社が、雨が降った際の首都高の事故件数は晴れている場合に比べてなんと約5倍も高いというデータを発表しました。このデータを見ても雨によってドライバーのリスクが急激に高くなるということが分かりますよね。
 
特に首都高速などの自動車専用道や高速道路などでは、一般路よりも速度が高くなる上、信号などによるゴーストップもないため、雨の日の運転はより注意しなくてはなりません。なぜならば、雨の日の運転で最も気をつけなくてはならない「ハイドロプレーニング現象」に遭遇しやすくなるためです。
 
ハイドロプレーニング現象というこの言葉、免許取得の際の教習所や、免許更新の際の講習でも必ず取り上げられますし、ドライバーなら一度は耳にしたことがありますよね。でも、そのときはしっかり聞いていたはずなのに、いざハイドロプレーニング現象について説明しください、といわれると意外にそれができないという方も少なくないのではないでしょうか?なんとなくは分かっていても、その仕組みや対処方法などが、分かっていない…。ということでそんな人のために今一度、このハイドロプレーニング現象についてまとめてみました。
 
 

水の膜の上をクルマが滑る!?その仕組みと起きる原因とは

 
68b443d7b1d32b81accbecb995a1ce5d_s
 
交通事故のニュースで、雨が原因によるスリップ、というものの何割かはおそらくこのハイドロプレーニング現象が原因なのでしょう。この現象を簡単に説明すると一般道や高速道路限らず、雨が降り路面に水がたまった状態である程度のスピードを出し走り続けていると、タイヤの排水能力がオーバーしてしまい、突然タイヤが路面をつかみきれなくなってクルマのコントロールがきかなくなる、というもの。これが「ハイドロプレーニング」現象です。起きる原因はタイヤの磨耗、速度の出しすぎ、ゲリラ豪雨によって路面に急激に水が溜まってしまったなどです。
 
未然に防ぐには、タイヤの溝をチェックし、磨耗していたら早めに交換すること。タイヤの空気圧を正しく維持(空気圧不足の場合、路面にトレッドが正しく接地できずタイヤの排水効率が落ちる)すること。雨が降り出したらクルマのスピードを抑えることくらいでしょうか?高速道路の場合、だいたいスピードが80km/hを超えると、ハイドロプレーニング現象がおきやすくなるといわれており、そのため、豪雨になると、高速道路では80km/h規制が出されるのだそうです。規制が出たら、迷わず速度を抑えて慎重に運転するのが正解ですね。
 
では実際にハイドロプレーニング現象が起きると、どうなるのでしょうか?体験者によるとまずハンドルが急に軽くなったようになり、アクセルを踏んでもクルマの速度とスピードメーターの速度表示にズレが感じられるようになり(タイヤが空転している?)、ステアリング操作と関係なくクルマが左右に傾く、さらになんとなく車体が浮いたような感覚になるのだそうです。
 
ここまででなくとも、雨の日の高速道路でハンドルの感覚が一瞬軽くなったとか、ステアリング操作に対するクルマの反応が鈍くなった、などといった部分的なハイドロプレーニング現象に遭遇した経験なら、多くのドライバーが味わったことがあるのではないでしょうか。
 
 

ハイドロプレーニング現象になったらどうすればいいのか?

 
f2a7a8af63d15f859b81bdaff32fabc5_s
 
ハイドロプレーニング現象がおきてしまい、タイヤと路面との間にできた水の膜の上を、完全にクルマが滑走しているような状態になってしまった場合、どうすればいいのでしょうか?実は残念ながらドライバーにはどうしようもありません。ステアリングを操作しても、ブレーキを踏んでもクルマは一切コントロールを受け付けなくなるからです。タイヤが路面と接触していないのでグリップしようがないのですから当然ですよね。
 
そうなった場合、とにかく一番やってはいけないのがパニックになって急ブレーキを踏んだり、急ハンドルをしたりすること。タイヤが中途半端に路面をつかんだとたんに、クルマはスピンを起こして、大事故になってしまう可能性があります。まずは落ち着いて周囲に注意を払いましょう。
 
あとはハンドルは切らず(もちろん握っていてください)、ブレーキも踏まないでシフト操作もしない。つまりなにもしない。その状態で自然にクルマの速度が落ちるのを待ちます。水の抵抗や道路の継ぎ目などによって徐々に速度が落ちていくはずなです。充分に速度が落ちれば路面にタイヤが接地してコントロールができるようになります。あとは速度を出し過ぎないように運転を続ければいいのです。
 
では、クルマのコントロールを取り戻す前に、前方に別のクルマが現れたら…、そうなったらもう運を天に任すしかありません。クラクションを鳴らして周囲に接近を知らせるくらいしか手はないでしょう。ですので普段から、そうならないためにタイヤの点検や速度の出しすぎなどに注意しなくてはならないのです。日ごろから速度を控えた運転を心がけ雨が降ったらより慎重になるということですね。
 
もっと積極的にハイドロプレーニング現象を防ぐ方法はないか?というなら、ウエットグリップ性能に優れたタイヤを履いておくというのはいかがでしょうか。2010年1月から日本自動車タイヤ協会が、タイヤの低燃費性能とウエットグリップ性能を表示するガイドライン(ラベリング制度)を制定しました。
 
この制度では、タイヤのウェットグリップ性能をa~dの4等級に分類して表示しています。ですので、様々なタイヤを横並びに比較しながら、よりウエットグリップ性能の高いタイヤを簡単に選ぶことが可能なわけですね。
 
現在は技術も向上しており、燃費に優れた転がり抵抗係数が最高の「AAA」を持ちながら、ウェットグリップ性能に関しても「a」という最高の性能を持つタイヤも発売されているので、次回交換の際にはそういったものに交換してみるのもいいかもしれません。
 
もちろんそういったタイヤを装着していても、空気圧や磨耗度合いなどタイヤのコンディションをキチンと維持していなかったり、雨なのに速度を出しすぎていればハイドロプレーニング現象が起きてしまうかもしれません。もし万が一事故が起きてしまえば、自分自身だけでなく、周囲にも大きな迷惑をかけてしまいます。そうならないように、梅雨のシーズンに関わらず雨の日はくれぐれも慎重な運転を心がけるしかありませんね。