中古車オークション落札・出品代行最安なら「カーオークション.jp」

オークション初めての方
03-6867-8529 受付時間:平日10:00-19:00
中古車オークションなら「カーオークション.jp」

廃車・事故車の買取り基準や査定評価ポイントとは

マイカーを買い替える際の下取りなどと異なり、故障車や事故車など廃車対象となる車両については買取り業者に依頼したとしても値段がつかない場合や、廃車費用を取られるケースも珍しくありません。
では、そういった廃車対象車両の価値の決め方にはどのような基準があるのでしょうか。ここでは、廃車対象車両の査定基準や評価点について紹介していきます

 
 

廃車

故障車や事故車、年式の古い車両など、今後走行が難しい車両や新たな購入者を見込めない車両は通常、“廃車”として扱われます。
ではまずは具体的な廃車の基準について確認していきましょう。

 

廃車とは

自動車を廃車にするという事は、陸運局(陸運支局)や軽自動車検査協会に登録している車両情報(所有車や保管場所などその車両に関する全ての登録情報)を抹消するという事です。
新たに車両を購入する事が決まっている場合は購入先のディーラーや中古車販売店が代行をしてくれる場合もありますし、自分で廃車の手続きを行う事もできます。

 

廃車の種類

「廃車」にも実は種類があるのをご存知でしょうか。
具体的な廃車の種類は下記の通りです。

 

一時抹消登録

一時的に自動車情報を抹消する手続きがこの「一時抹消登録」です。自動車本体の車両解体は行わず、ただ車両の情報だけを一時的に公のリストから削除する手続きです。
単身赴任などの長期出張や海外出張などで長い期間車両に乗らない事が見込まれる場合にこの手続きを行っておく事で、自動車税や自賠責保険料の支払いが免除されます。

 

永久抹消登録

一時的に情報を抹消する一時抹消登録に対し、永久的にその車の情報を抹消して再登録する事ができないようにする廃車がこの「永久抹消登録」です。
一般的には「廃車」というと、この永久抹消登録を指すケースが多いかと思います。専門の解体業者に依頼を行い、車両が解体された事を証明する解体証明書を陸運支局や軽自動車検査協会に提出する事で永久抹消登録を行う事ができます。

 
 

買取り査定

走行ができなくなったような車両では、廃車料金としてある程度の手数料を支払わなければならないケースもありますし、逆に下取りあるいは買取り車両として査定をしてもらう事で少しでも値段がつくケースもあるかと思います。では、そういった値段がつくかつかないかのような車両でも出来るだけ高く買い取ってもらうポイントは、一体どういった部分なのか紐解いていきましょう。

 

修復

査定の基準の大きな枠組みとして、その車両が“再び走行できるかどうか”というのは大きなポイントになります。車種や年式にもよりますが、それほど古くない車両である場合や、故障・破損の状態が著しく悪くない場合なら、修復して再び中古車として市場に売りに出す事ができる見込みがあるだけでそれなりの下取り価格を付ける場合もあります。
年式が古い廃車対象の車両や事故車両などの修復可否の基準には以下のような項目が挙げられます。

 

エアバック

運転席や助手席をメインに装備されているエアバックですが、これが展開しているか(作動済であるか)どうかは大きな査定基準になります。
取り付けられたセンサーが衝突の衝撃を感知すると信号が送られて点火する事でエアバックが開く事になりますが、このエアバックのシステムはいわゆる“爆発”のようなものなので、一度開くと元に戻す事はできません。その為エアバックが開いてしまっていると車両価値は大幅に下がります。
また、エアバックは中古部品の流通が一切禁止されている為、新しいものに取り換えるとなると新品部品をメーカーから取り寄せる事になり、中古車両の為の修復という点においてはハイコストになります。

 

エンジン

車が走る為の要となるエンジンに損傷があれば修復にもコストや手間がかかりますので査定基準のダウンにつながります。パーツレベルで見れば中古品の流通もありますが、1点1点の部品が高価な上に、発売から年数が経過すると同じ車種でもどんどん新しいモデルへと切り替わりますので該当車両のパーツを手に入れるのに手間がかかるケースもあり、買取り店としてはエンジンに修復が必要であるという状態は大きなダメージと言えます。

 

駆動系(足回り)

タイヤやホイールなどは日ごろのメンテナンスとして簡単に交換が出来る部分でもありますので多少の損傷であれば大きなダメージにはなりませんが、損傷が駆動系パーツのゆがみを引き起こしているケースや、古い車両でタイヤがパンクしているケース、あるいは事故時に大きく損傷を起こしており自走が難しい場合には引き取り時の手間などでも費用が発生する為、査定時にはマイナスポイントとなります。

 

外装

バンパーのちょっとしたヘコみなどは修復において大した手間にはなりませんが、車両本体の骨組みとなるピラーやルーフ部分に影響を及ぼしている場合には、簡単な交換作業では修復が済まない為、査定額の低下につながります。

 

車種

自走ができなくなったような車両でも、希少価値のある珍しい車種や海外で需要のある車種の場合には廃車前提で引き取りを依頼してもそれなりの値段で買い取ってもらえるケースがあります。

 

SUV・4WD

近年日本でも人気が出てきており需要が高まっているSUV車両は、海外でも人気があります。特に日本車のSUV車両というのはクオリティも高く安全性も高いとして多くの地域で評価されており、例えば日本では価値を落とし切った10年落ちのような車両でも新車のように重宝され、それなりの値段で買い取られます。こういった車両を目当てに買い付けに来る海外のバイヤーも少なくありませんので、そういった需要が見込まれればそれなりの金額で買い取ってもらえる事もあります。

 

希少車種

今となっては年式が古くとも、根強い人気のある生産台数の少なかったスポーツカーなどはパーツレベルで需要がある場合もあり、廃車・故障車でも価値ある車両とみなされる場合があります。

(代表例)

  • トヨタ:スープラ(A80型)/トレノ
  • 日産:スカイラインGT-R
  • ホンダ:NSX
  • スバル:インプレッサWRX
  • マツダ:コスモAP/RX-7
  • 三菱:ランサーエボリューション

 

高級車

輸入車もそうですが、いわゆる高級車と呼ばれる車種の場合には、ある程度の損傷があってもそれなりに値段がつくケースもあります。特に、定期的に正規ディーラーでメンテナンスを行っており、そのメンテナンス記録が全て残っている場合などには信頼性もありますし査定時の評価ポイントにつながります。

 

査定先

故障者や事故車など、廃車を前提に車両の売却を検討している場合には、その査定先によっても値段の付き方が違います。手放す事を検討している車両にどういった需要があるかによって、引取り先を見極める事も一つの賢い選択肢と言えるでしょう。

 

メーカーディーラー

次に購入する車両が決まっている場合には、ある程度損傷のある車両でも「下取り」として値段を付けてくれるケースもあります。この場合、新たに購入する車両の元々の値引き額と、下取り車両の査定額とがどのような比率で値引き価格として提示されているのかは曖昧になりがちな部分ではあり、“高く買い取ってもらう”という所に焦点を当てるとあまりオススメはできません。しかし車両を引取ってもらう手間や窓口の一本化などを考えると良い選択肢かもしれません。

 

中古車販売店

中古車両を取り扱う専門店では、次の購入車両をその店で決めるケースや、売りたい車両が故障車や事故車の場合にはよっぽど程度が軽いケースでないとあまり値段は付けてくれないと言えるでしょう。販売店が独自に部品販売のルートを構築している場合や、自社工場で様々なメーカーの修理などを大規模に行っている場合にはある程度値段が付く希望もありますが、それほど高値で買い取ってくれるケースは多くはありません。

 

廃車買取り業者

次の車両の乗り替えを検討しておらず、廃車を目的としている場合には廃車専門の買取り業者がオススメです。海外への販売ルートを独自に構築しているケースや、部品解体工場を自社で構えており仲介業者がなく利益率が高いケースが多く、他では値段のつかなかった車両でも買い取ってもらえる場合が多くあります。
車庫に保管されたままの車両でも無料で引き取りを行ってくれる業者もあり、ニーズがマッチすればかなりお得に車両を手放す事ができます。

 
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。事故車両や故障車、しばらく走っていない廃車希望の車両など、様々な状態の車両の買取り査定について紹介してきました。
普通であれば自動車の廃車にはお金が発生するものなので、詳しい知識を知らないとある程度のお金を支払って、車を処分する事になってしまいます。しかし車両の状態や種類によってはしかるべき窓口に依頼をする事で、支払うはずだったお金がゼロに、あるいはプラスになってくる事でしょう。
手放したい車両が手元にある場合には、是非無駄のない廃車買取りのルートを選択してくださいね。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp