中古車オークション落札・出品代行最安なら「カーオークション.jp」

オークション初めての方
03-6867-8529 受付時間:平日10:00-19:00
中古車オークションなら「カーオークション.jp」

廃車を見極めるポイントは?自動車を損なく廃車にする適切なタイミングとは

車検の見積もりを取ったら結構な費用が掛かりそうだった…。最近、不具合がよく出るようになった…。そういったネガティブな事象が起こってくると考えるのが車の買い替えや廃車です。では実際、具体的にはどのようなタイミングで手放すのが一番損する事なくメリットの多い手放し方ができるのでしょうか。
 
ここでは、車を手放す適切なタイミングについて紹介します。
 
 

廃車

廃車
 
マイカーを所有している場合、新しい車に乗り換えるタイミングや、年式が古くなり不具合も多くなってきたので買い替えを検討する、あるいは完全に故障してしまったので廃車にしたい場合などのそれぞれのタイミングで車を手放す事となるかと思いますが、ここでは主に「廃車」について紹介します。
 
 

廃車とは

廃車とは
 
皆さんは「廃車」と聞くとどのようなイメージをお持ちですか?もう乗る事ができなくなった車のたどり着く先は“ぺしゃんこになって鉄くずになる感じ”など様々あるかと思います。
 
自動車業界で言う廃車とは、自動車の本来の用途である人を乗せたり物を運んだりする事をやめて、車両情報(車籍)を抹消する事や、既に抹消された車のことを指します。
 
自動車産業の活発な日本では、昔から付き合いのある自動車メーカーの正規ディーラーがある、あるいは新車を安心して購入したいといったようなニーズも多くある為、長期にわたりディーラーとの付き合いがある事から自分が乗っていた車両がその後どうなるのかを把握していない人も多いのが現状です。
 
 

廃車の種類

廃車の種類
 
実は「廃車」には種類があるのをご存知でしょうか?
よくあるイメージとしてはやはり“スクラップ”にする事、だと思うのですが、“廃車”イコール“スクラップ”ではないのが実際のところです。
 
廃車
 

一時抹消登録

一時抹消登録とは、それまで付けていたナンバープレートを返納し、公道を走る事ができないようにする手続きです。新車での購入あるいは中古で車を購入したとしても、車両1台ずつの情報というのが陸運局に登録されています。所有車や使用者などの情報が、その車にナンバープレートが付いている限りはずっと管理されています。しかし一時抹消登録を行う事で、その情報更新が一時的にストップされ、再び登録を行うまではその車両に課せられる税金なども免除される事になります。例えば海外への長期出張などで車を長い時間使う事のない場合などに利用する場合もありますし、中古車店などで自動車を展示車両として置いているだけの場合にもこういった手続きを行っている場合があります。
 
ちなみに軽自動車の場合には管理が陸運局ではなく「軽自動車検査協会」になる事に加え、「一時抹消登録」ではなく「自動車検査証返納届」という呼び名になります。
 

永久抹消登録

一時的な自動車情報の抹消ではなく、永久に公道を走れなくする手続きが「永久抹消登録」です。永久抹消登録をしてから自動車が解体されると思われがちですが、実際その順序は逆で、既に自動車が解体されている事、あるいは自動車が盗難されている等で行方が分からない場合のみがこの永久抹消登録の条件になります。一度この永久抹消登録をすると、例えば盗難車両が見つかったとしても再登録する事はできません。
 
軽自動車の場合には「一時抹消登録」ではなく「解体返納」と呼ばれます。
 
永久抹消登録を行う為の解体については、解体業者に依頼をする必要があり、まずは陸運局(軽自動車は軽自動車検査協会)に「解体届」を提出する必要があります。
 
 

廃車のタイミング

廃車のタイミング
 
車を“手放す”といっても、その方法がいくつかある事がわかりました。では、実際に車を手放すとなった場合に、その判断を見極める基準や自分が最も損する事なく引き渡すあるいは廃車の扱いにする為のポイントについて紹介していきます。
 
廃車のタイミング
 

車検を通す前

廃車にするかどうか、車を手放すかどうか判断するタイミングで最も多いのは車検が来た時ではないでしょうか。車検は通常、新車登録から初回が3年後、その後は2年ごとに定期的に必要です。その2年に1度の車検を通らないと、公道を走る事ができません。
 
車検では、点検の項目や交換部品が増えるなどメンテナンスの必要箇所が増えるだけ費用が高くなります。年式が古くなればなるほど、パーツや部品の経年劣化による交換や修理が必要になるのは当然で、車検の度に毎回値段が高くなるのは仕方のない事です。
 
2回目や3回目の車検くらいでは、普通の乗り方をしていればまだまだ問題なく使う事ができるはずですが、5回目6回目くらい、年式でいうと10年前後になってくると費用も高ってくる傾向にあります。
 
まずは車検の見積もりを取得した上で、それだけの金額を払ってでも次の車検までまた乗り続けたいかどうかを考え、車検を通すか廃車にするのかどうかを考えると良いでしょう。
 

走行距離

年式がそれほど古くなかったとしても、仕事などで長距離の移動が必須の方などは走行距離が長くなってくると耐久性が低くなる事が考えられます。
 
日本では10万㎞を超えてくるともう手放すタイミングかなという感覚がありますが、実は海外ではその倍の20万㎞程度なら問題なく走行できるケースが多いです。日本でも観光バスなどはそのくらいは当然のように走行しますが、家庭で所有する普通自動車ならそこまではなかなか…というのが現実です。
 
走行距離が長い車、特に10万㎞を超えてくると中古車市場でも買い手がつきにくくなる為、車体を買い取ってもらいにくくなってしまいます。
 
その為、走行距離が10万㎞を超えてきたあたりからは廃車を検討するのが現実的だと考えられます。
 

13年目以降

自動車を所有しているといくつかの税金が発生しますがそのうちの一つが「自動車税」です。この自動車税は、年単位で、自動車の排気量によって価格が異なります。この自動車税、実は新車登録時から13年を経過すると増税されるのをご存知でしょうか。
 
そして更に、車検の時に支払う「自動車重量税」。これについても13年を経過したところから増税対象になる事が法律で定められています
 
「自動車税」が15%の増税。「自動車重量税」は20%~39%の増税となり、合わせるとかなりの支出になる事がわかります。
 
しかし電気自動車やエコカー減税の対象車については13年が経過しても増税対象にならない事と定められていますし、2019年10月以降に新規登録された自動車であれば元々の税額も以前より引き下げられています。
 
より環境に配慮したエコな車に乗る事を推奨したいとする政策であり、新規登録時から13年を超えるタイミングでの廃車や乗り換えが非常に損なく現実的かと考えられます。
 

買取業者での査定内容

廃車を考えるタイミングとして大きなポイントの一つとも言えるのが、査定価格がつかなくなった時です。正規ディーラーでの下取り価格がゼロに等しいと判断された時や、中古車販売店での買取り価格がゼロである時にはもう次のユーザーが期待できないという事である為、廃車を考えるのが現実的かと思います。考え方としては、査定結果が0になった時には廃車にする時が来たという事ではありますが、手放すタイミングとしてはそれよりも早い段階で少しでも値段の付く時に売却してしまうというのが損の無い手放し方であるとも言えます。
 
 

廃車の方法

廃車の方法
 
所有車を手放す事を決めるタイミングについていくつか紹介しました。下取りでもなく買取り業者で買い取ってもらうでもないが、性能として限界にきていたり、再販が難しい場合の選択肢が「廃車」になります。ではその廃車方法についてぜひ検討してみてください。
 
廃車の方法
 

ディーラー

付き合いのあるディーラーや、次に新しく車を買おうと決めている販売店などにお願いする事で、もう乗らなくなった車両を廃車として手続きしてもらう事は容易です。依頼すれば面倒な事は全てお任せする事ができるはずですが、おそらく廃車に関わる手数料を取られる事でしょう。次の車両の購入に上乗せされるとなるとついそれほどでもない金額に感じてしまいますが、廃車にする為に数万円という手数料が取られてしまうのは少し勿体ない気もします。ですが一カ所で全てを完結させたい方には向いていると言えます。
 

中古車販売店

中古車販売店も、ディーラーと同様に廃車の場合には手数料が発生するケースがほとんどです。もしもまだある程度のメンテナンスを施す事で再販の見込みがある場合でも、買取り価格がそれほど高くなければ値段がつかないとして“無料引取り”といった対応になる場合も多くあります。本当はまだ価値があるのに値段をつけてもらう事ができないのは悔しい気持ちもしますが、車両の状態によってはディーラーよりも中古車販売店への相談の方が損の無い場合もあります。
 

廃車買取り業者

あまり馴染みのないのがこの廃車専門の買取り業者です。
 
こういった業者では、再び走行するコンディションの車の国内向けの販売は基本的に実施していません。廃車の基本項目の所でも紹介したように、自動車の抹消登録を行う為にはまず先に“解体”が必要です。この解体には非常に厳しい規定が定められており、認証を受けた指定業者しか自動車の解体作業を行う事ができません。この解体の作業に費用が発生する為、ディーラーなどでは解体業者に解体を依頼する為の費用として廃車費用をお客様から頂いているという事になります。
 
ですが廃車買取り業者では基本的には自前もしくは提携の解体業者を抱えている為にその部分のマージンが発生しません。その上解体時に車のパーツなどを細かくチェックして、まだ使う事ができそうな部品や海外で需要のあるパーツなどを仕分けし、車体としてではなく部品単位で再販する事で利益を出す事もできます。
 
“不要になった”と思われる車両でも、プロの目にかかれば“お宝”に変わる場合もある訳で、その可能性を潰す事なく査定・引取りしてくれるのが廃車専門の買取り業者です。
 
 

まとめ

まとめ
 
いかがでしたでしょうか。
 
自動車の廃車のタイミングや手放す時の見極めポイントについて紹介しました。
 
日本は小さな島国であり、日常的に自動車を使うのが普通ではあってもその移動距離は海外と比べると非常に短距離です。それでいて早いタイミングで車両自体の価値が下がってしまう事から早めに乗り換える、そして中古市場でも新しくない車両は需要が無いという負の連鎖が起こっている実情もあります。自動車は、基本的にはプロの手が必要なものなので限られた窓口に相談するしかありません。ですがそんな窓口の選び方や車両を手放すタイミングについて、今一度知識を持って損をしないカーライフを送っていただきたいと思います。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp