中古車オークション落札・出品代行最安なら「カーオークション.jp」

オークション初めての方
03-6867-8529 受付時間:平日10:00-19:00
中古車オークションなら「カーオークション.jp」

廃車にしないと勿体ない!金食い虫の置きっぱなし車両のコストとは

長い間乗っていない車両が車庫や駐車場に眠ったままになっていませんか?普段乗っていないからガソリン代もかからないし、廃車にはそれなりに手間もお金もかかるので勿体ない…そんな気持ちから、気にせず放置しているという事もあるのではないでしょうか。
 
そんな不要になった車も、実は手元にあるだけでそれなりの支払いが発生しているハイコストアイテムなのです。ここでは、置きっぱなし自動車のコストについて詳しく紹介していきます。
 
 

自動車の維持費

自動車の維持費
 
自動車を所有している事で強制的に発生する支払いにはいくつかの種類があります。所有する自動車の種類によってそれぞれ金額が異なるものもありますので、自分の所有車がどの区分でいくらのコストがかかっているのかを確認する事をオススメします。
 
自動車の維持費
 

自動車税・軽自動車税

毎年、4月1日時点で所有している自動車にかかる税金です。乗らずに保管しているだけでも、廃車の手続きを行わない限り自動的に発生します。
 
自動車税の金額は、その用途や総排気量によって異なり、軽自動車については自家用車の場合一律年額10800円、普通自動車の場合は新車登録時期が2019年10月1日よりも前か後かで価格が異なります。(消費税が10%に増税したタイミングで自動車税の引き下げが実施された為)
 
※13年以上所有している車は注意が必要
新車登録後、13年が経過した車両を所有している場合は通常の自動車税よりもさらに税負担の金額が大きくなります。新車時からの経過年数が長い事で、性能的にも環境への負荷が大きいと判断される事から乗り換えを促す為の施策でもあります。
 
基本的には13年を超えた段階で税率が上がりますが、ディーゼル車に関しては11年を超えた時点からが重税の対象となります。
 
 

自動車重量税

自動車重量税とは、自動車の新規登録時と、以降は車検の都度発生する税金の事です。名前の通り所有している自動車の車両の重さにより価格が異なる税金ですが、軽自動車に関しては一律料金です。
 
その他にも、車種(自家用車・商用車)あるいはエコカーに該当するか否か次第で価格が異なります。
 
車検(自動車検査登録制度)は、自動車が保管基準に適合しているかどうかを検査するもので、自家用乗用車・軽自動車共に新車登録時から初回は3年後、その後は2年ごとに検査が必須です。自動車重量税は基本的に1年ごとに発生するものですが、車検のタイミングに合わせてまとめて支払わなくてはなりません。
 
軽自動車は一律料金、その他の車両は車両の重さ0.5tごとに支払い税額が上がります。
 
※13年以上所有している車は注意が必要
【自動車税】と同様に、新車登録後から13年が経過した車両を所有している場合は通常の自動車重量税よりもさらに税負担の金額が大きくなります。18年を超えると、更なる税率負担の増額が定められています。
 
※廃車手続きを行う先には還付申請が可能
自動車重量税は車検の都度支払いを行う税金ですが、実はこの車検時に払っているのは車検有効期間中分の税金です。つまり2年分を前払いしている事になる為、車検有効期間中の途中で廃車の手続きを行った場合には、残りの車検有効期間に相当する分の税金が還付されます。自動車リサイクル法に基づいた適正な廃車手続きを行っている事が条件となる上、自らが申請の手続きを行う必要がある為、廃車担当業者、買取り業者などに確認を行うと良いでしょう。
 
 

自賠責保険料

自賠責保険料
 
自賠責保険料とは、全ての自動車に対して加入が義務付けられている損害保険にかかる料金です。強制保険とも呼ばれており、自賠責保険に加入していない場合、あるいは保険の期限が切れている場合などは車検を通す事ができない為、一般道を走る事はできません。
万一自賠責保険の期限が切れている状態で一般道を走行した場合、1年以下の懲役または50万円以下の罰金対象となります。また、違反点数6点が付加される為免許停止処分対象となります。
 
交通事故が発生した場合の被害者救済を目的としているのがこの自賠責保険です。自賠責保険の補償範囲としては対人のみと決められており、建物や相手の車、あるいは損傷した自分の車に対しての保険金は一切発生しません。
 
普通自動車で2年間21,550円、軽自動車で21,140円と価格差はそれほどありません。車検ごとに加入のチェックがありますが、契約カ月は12カ月や24カ月、36カ月など選択する事が出来ます。車検を取得していればその時点で自賠責保険に加入している事にはなりますが、特に長い期間車両を保管したままの場合などには、次の車検までの間に契約期限が切れてしまっているという事の無い様に気を付けましょう。
 
 

車検(自動車検査登録制度)

車検とは、自動車が安全に走行する事ができるのか、そのコンディションを国の機関が一定期間ごとに検査する制度です。車検を受けていない(通っていない)車は公道を走る事はできません。
自家用普通自動車、軽自動車共に新車登録時から初回は3年後、2回目以降は2年ごとに車検を受ける必要があります。
バスやタクシー、レンタカーといった車両については1年ごとの車検が必須となります。
 
車検では、保安基準に車両が適合しているかを確認する「点検」と、基準を満たしていない部分を修正する「整備」、運輸支局などで主要部分を確認する「検査」を行います。そして、自動車を所有している事で発生する税金の納付状況を確認されると、車検証を発行する「登録」の段階へと進みます。
運輸支局での「検査」と車検証の発行に関わる「登録」に必要な金額は定められている為、どこで車検を受けても変わりありません。
 
しかし「点検」と「整備」に関しては車検を任せるディーラーや整備工場により、点検・整備の内容や交換部品が異なる為価格は様々です。
 
 

放置車両にかかる維持費

放置車両にかかる維持費
 
ここまでは、自動車を所有するために発生する必要な維持費について紹介してきました。では、廃車にはしていないものの車両を保有・保管している場合にはどういった費用が発生するのでしょうか。
 
 

車検は通している場合

車検は通しているけれど、普段全然乗っていない場合は、ガソリン以外の全ての料金が発生します。
 

  • ・自動車税
  • ・自動車重量税
  • ・自賠責保険料
  • ・車検費用

 
通常この他に、任意保険料や必要であれば駐車場の費用が発生します。
車種によりこれらの合計維持費は異なりますが、軽自動車であればその金額は年間約6万円。ミニバンクラスの排気量2.5L車並であれば年間約10万円の維持費が発生している事になります。(年あたりの車検料を含む)
 
 

車検を通さずに保管しているだけの車両

定められた期日までに車検を行わないまま、ただ車体を保管しているだけの状態であっても維持費は発生します。この場合の費用は毎年支払いが必要な
 
・自動車税
 
です。毎年4月1日時点での車両の所有車に対して支払い義務が生じる税金ですので、例え車検が通っていても通っていなくても、乗っていても乗っていなくても関係なく支払う必要があるお金です。
また、登録初年度から13年が経過すると税額が高くなりますので、放置している期間が長ければ長いほど、無駄な費用が発生している可能性があります。
 
 

乗らなくなった車に対する手続き

乗らなくなった車に対する手続き
 
乗らなくなった車を保管したままにしているには何等かの理由があっての事が多いかと思います。では、それぞれの状況に合わせた対処法を紹介します。
 
 

一時的に乗らない場合

長期出張や長期の入院など、一時的なものではあるものの長期間自動車の利用を中止する場合には、「一時抹消登録」という手続きを行う事ができます。
これは、該当車両を一時的に廃車の状態にする事で、自動車税の支払いをストップさせる事ができる仕組みであり、必要な時に申請を行う事で再び公道を走る事が可能です。
 
 

車検は通しているが乗らない場合

定期的に車検は通しているものの、公道を走る機会の無い車。このパターンの保管が一番高くコストが発生していると言えます。
こういった場合には、たとえそれがどんなに古い車であったとしても、事故車や修復歴のある車だったとしても、廃車専門の買取り業者に【廃車】に出す事でお金がもらえる可能性がある為検討してみましょう。
 
 

車検を通しておらず保管している場合

車検を通していないまま保管している場合には自動車税だけが発生している状況ですが、それでも所有しているだけで年間数万円の無駄な維持費が発生しているという事になります。車検を再び取得する為には、仮ナンバーを取得して車を車検場まで移動させる必要があり、正直手続きとしては手間となります。
 
乗る予定の無い車であれば、例えそれが状態の悪く古い車でも、事故車や故障者、修復歴のある車だったとしても、廃車専門の買取り業者に【廃車】に出す事でお金がもらえる可能性があります。
 
 

廃車にするという選択肢

廃車にするという選択肢
 
「廃車にする=お金がかかる」というイメージを持っている方も非常に多いのではないでしょうか。しかし、現代の自動車市場において、一般的には廃車になるような自動車でも非常に価値のある車として幅広く流通されているのをご存知でしょうか。
 
 

自動車税の返還

まず、廃車にするタイミングで車検が1カ月以上残っている状態であれば、自動車税が返還されます。自動車税は基本的に4月~翌年3月までの1年間分を先払いしているシステムです。このため廃車のタイミングによって翌3月までの月割りで、支払っていた自動車税を返還してもらう事が可能です。
 
 

廃車買取り

自動車の状態が悪い場合、正規ディーラーや大手中古車会社では買取り対象外として廃車費用を支払った上で車を引き取ってもらうという事が多くあります。
 
ですが廃車の買取りを専門にしている業者であれば、費用が発生すると思っていた車の処分を代行してくれる上、価値のある車として買取りを行ってもらう事が出来ます。
 
買い取られた廃車(自動車)は、専用の解体工場にて解体され、部品レベルでリサイクルされ、特に日本車が人気の海外などでは高値で売買されるケースもありニーズが高まっています。
 
解体工場を自社で持っている、あるいは特に海外に向けた販売網が広い業者程、高値で廃車買取りを行ってくれる傾向にあり、ただ費用がかかっていた車もお金に換えて処分する事が出来る為非常に魅力的であると言えます。
 
 

まとめ

まとめ
 
いかがでしたでしょうか。自宅の車庫に眠っている車はありませんか?実は自動車は、乗っていなくても税金が発生しており、保管しているだけでは無駄は支払いが発生している事となり年額数万円の損失となります。
古い車、故障している車、状態の悪い車、普通では買い取ってもらえないようなそんな訳アリ車でも、専門の廃車買取り業者に依頼する事で、お金をかけずに、更には車を売却する形で買い取ってもらう事が可能です。
廃車の手続きが面倒だからと放置している車両がある場合には、一刻も早く手放す事を検討してみてはいかがでしょうか。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp