TEL.03-3586-1522info@car-auc.jp

屋根つきの原付バイクヘルメットをしてないのはなぜ?

日本中どこでも走っていて路上の風景の一部ともいえる存在、いわゆるピザ屋さんの配達用3輪スクーター。正式な車種名はホンダの「ジャイロキャノピー」もしくは「ジャイロX」ですね。
 
元々は50CCの原付バイク(正しくは原動機付き自転車ですが、本稿ではわかりやすく原付バイクとして表記しています。)として売られているものなのですが、最近あの原付バイク(のはずのもの)を、ヘルメットを被らず乗っているシーンをよく見かけます。その隣を警察の白バイが信号待ちしていても、そのことでとがめられる様子も見られません。なぜなのだろう、と気になったことはないでしょうか? 
 
では、そんな様子を見かけたら、その3輪の原付バイクのナンバーを注意してみてください。おそらく通常の原付バイクの白や黄色、ピンクなどのナンバーではなく、ブルーのナンバーになっているはず。であるならばその3輪スクーターは原付バイクではなく、日本における最小の車両規格である、ミニカーとして登録された車両です。バイクではなく小さな自動車、つまりミニカーということなのです。
 
 

原付バイクでなくミニカーって自動車なの?バイクなの?

 
image-02

出典:ホンダ

 
ミニカーとは、以下のようなもの。まず動力がエンジンであれば排気量50cc以下、モーターなら定格出力0.6kW以下であること。そして車体サイズは全長2,500mm以下で全幅は1,300mm以下で、かつ輪距(トレッド)が500mmを超える3輪以上の車か、輪距が500mm以下で、車室を有する4輪以上の車、または輪距が500mm以下で、車室を有する3輪の車(屋根付3輪バイクを除く)とされています。
 
ミニカーは道路運送車両法では原動機付自転車という扱いなので、車検はなく車庫証明も不要。役所に届け出をするだけでナンバーが交付されます。原付バイクと同じなので自賠責保険の加入も必須です。
 
しかし、道交法の免許区分では普通自動車となるので運転には普通自動車免許が必要となります。普通自動車ですからヘルメットの装着義務は事実上適用除外、つまりノーヘルでOKということです。もちろん安全を考えれば被るにこしたことはないのですが。
 
こうしてみてみるとミニカーは法律によって原動機付自転車として扱われたり、自動車として扱われたりする微妙な存在なんですね。ちなみに最近マスコミなどでも話題となっている公道を走るマ○オカート(のようなカート)もミニカーという扱いです。ナンバーは同じブルーで、運転には普通自動車免許が必要です。
 
 

わずかな改造で簡単に登録が可能 改造キットも発売されている

 
バイク2
 
では、ミニカーとしてメーカーは販売していない、原付3輪バイクであるはずのホンダのジャイロがなぜミニカーとして登録できているのか? これは原付免許で運転可能な、原付3輪を規定した総理府告示第48号の条件の中に理由があります。その中では以下のように原付3輪を定義しています。
 

総理府告示第48号の条件(平成3年1月1日施行)

  1. 車室を備えず、かつ輪距(4輪車のように2つ以上の輪距を有する車にあっては、その輪距の内、最大のもの)が500mm以下である3輪以上の車。
  2. 側面が構造上解放されている車室を備え、かつ輪距が500mm以下である3輪の車。側面が構造上解放されている車室を備え、かつ輪距が500mm以下である3輪の車。

ポイントは後輪の輪距の寸法(左右のタイヤの距離、トレッド幅)です。ホンダのジャイロシリーズは、原付規格のため、後輪の輪距が500mm以下に収まっているのですが、これを少しはみだしてやれば、原付三輪の規格を超えてしまう、つまり原付バイクではなく、ミニカー扱い(として登録が可能となる)となるわけです。
 
だからミニカーとして登録したいのであれば、トレッド幅を少し広げてやればいいのです。そのためのミニカー改造キットも通販などで市販されていますし、バイク店などでもカスタマイズしてくれるようです。専用に設計された高価なミニカーでなく、数多く流通している3輪スクーターに少し手を入れるだけで、原付バイクよりも自由度の高いミニカーとして公道を走れる、そのことに気付いた人たちが、いち早くジャイロのミニカー登録をはじめ、やがてそれが知られるようになったことで、ミニカー化されたジャイロが街中を走り回る、という事になったのですね。
 
 

ヘルメット着用義務がなくなる以外のミニカーとして登録するメリット

 
e8f90e0a64c97fe66f9edefb56aebcfd_s
 
原付バイクであるジャイロをミニカー登録することのメリットには、ヘルメットの着用義務がない、という以外に、どんなことがあるのでしょうか?
 
まず、50ccの原付バイクの法定速度が30km/hということは、免許をお持ちの方ならご存知ですよね。その30km/h制限がなくなります。
 
大きな幹線道路などではこの30km/hという速度で走行を続けるのは、自動車の流れとの速度差が大きすぎかえって危険を感じることがままあり、正直あまり現実的ではありません。それがミニカーなら、速度制限のない道路では60km/hで走れるわけです。これは大きなメリットでしょう。
 
さらに、50ccの原付バイクに義務付けられるやっかいな交差点での二段階右折に関しても不要となります。ちなみに二段階右折は次の3つのシチュエーションで行わなければならないとされています。

  1. 二段階右折の標識がある道路
  2. 片側3車線以上の道路
  3. 一方通行で3車線以上の道路

3車線道路というのは、交差点の手前で右折や左折専用の車線が2車線から枝分かれしている場合でも3車線という事になります。
 
また、片側3車線以上であっても、二段階右折禁止の標識があれば、自動車と同じように普通に右折しなければ違反です。いろいろとトラップがあるそんな二段階右折をしなくてもいいのですから楽ですよね。
 
加えて前述したように ヘルメットもシートベルトも着用義務はありません。任意保険も原付バイク同様に加入できるので、クルマの任意保険に加入していればファミリーバイク特約などでカバーが可能。また、車庫証明なども不要で車検もないので維持費は原付バイクと+α程度とリーズナブルなのもメリットでしょう。
 
原付バイクのジャイロも、ミニカー登録のジャイロも見た目にはほとんど違いがないのに、これだけのメリットがあるというのは大きな魅力ですよね。
 
 

ミニかー登録はメリットばかりじゃない こんなデメリットや危険もある

 
ヘルメット

出典:ホンダ

 
ではミニカー登録にデメリットがあるのでしょうか? まず、コスト的には原付バイクより税金が少し高く(自治体によって異なりますが軽自動車税が2,500円/年程度)なります。また、道交法上は普通自動車なので、原付免許では運転できません。ノーマルのジャイロキャノピーなら、16歳から運転ができる(原付およびに二輪免許で運転可能)のですが、ミニカー登録したものは普通免許が取得可能な18歳以上でないと運転はできません。もちろん50ccですから高速道路も走行できません。
 
また、違反ではないのですが、まれにミニカーのことを理解していない警察関係者にスピード違反やノーヘル運転と勘違いされ止められてしまうこともあります。こういったことがデメリットでしょうか? 
 
さらにヘルメットに関して。着用義務はないことがメリットということもできますが、ノーヘルはライダー(ドライバー?)にとって大きなリスクです。構造はバイクやスクーターと変わらないものを、登録が変わったからとノーヘルで運転するのはあまりにもリスクが高すぎるでしょう。ちょっとした衝突でも簡単に投げ出されて取り返しのつかないことになりかねません。ミニカー登録したからといってヘルメットを着用は絶対にするべきです。この辺は法の整備が間に合っていませんが、自分のことは自分で守るべきでしょう。