中古車オークション落札・出品代行最安なら「カーオークション.jp」

オークション初めての方
03-6867-8529 受付時間:平日10:00-19:00
中古車オークションなら「カーオークション.jp」

大事な愛車に別れを告げる 話題の「廃車供養」とは

「廃車供養」という言葉を聞いた事はありますか?読んで字のごとく、廃車になる車を供養する儀式ですが、言葉を理解する事はできるものの実際のところ誰が何の為にどのような事を行っているのかはイメージが付きにくいのではないでしょうか。

ここでは、近年話題になっている「廃車供養」について紹介します。

 

 

廃車

 

自動車の廃車とは具体的にどのような状況を指すのか、その正しい定義についてご存知でしょうか。ここではまず、車両を廃車にするという事の定義や基本情報について見ていきましょう。

 

廃車とは

新規に車両を購入してマイカーとして所有した後にまた次の車両に乗り替えるまでのスパンが短い日本では、1台の車両を寿命まで長く乗り続けるというケースはあまり多いとは言えません。その為自動車の「廃車」というシーンに直面するケースもそれほど頻繁なものではなく、「廃車にする」という事はつまり“スクラップされてしまう事なのだろう”といったイメージをお持ちの方も多いと思います。

しかし「廃車」といってもそこにはいくつかの種類が定義されており、ただ潰されて鉄くずになるだけが廃車ではないというのが実際の所です。

 

廃車の定義

自動車の廃車には種類があり、目的によって“廃車方法”を選ぶ事ができます。

 

永久抹消登録

一般的に認知されている廃車はこの「永久抹消登録」に当たります。1度廃車の届け出を行うと、その車両が再び公道を走る事は永久にありません。

普通自動車であれば運輸支局へ、軽自動車であれば軽自動車検査協会に「解体返納」を届け出ます。
ここで言う「解体」が廃車イメージで言う「スクラップ」に当たりますが、正規に認証された解体業者に依頼をし、自動車リサイクル法に基づいた方法で解体処理を行う必要があります。まず解体したその後で、自動車としての情報を抹消する為の届け出を行うのがこの永久抹消登録です。

 

一時抹消登録

廃車は廃車でも一時的に車両情報を抹消する事のできる一時抹消登録という廃車方法もあります。愛車が盗難に遭った場合、あるいは長期出張などでしばらく公道を走る事ができない場合などにこの一時抹消登録が選ばれます。このケースでは一時抹消登録の手続きをした直後からは所有者に紐づく自動車の税金の支払いをストップする事ができます。そしてまた公道を走る為には所有車両として再登録を行い、車検を通します。

一時的に廃車の手続きをしたものの、なんらかの理由でその車両を永久に乗らない運びとなったならば、永久抹消登録の時と同様に解体業者に解体の依頼をして解体の届け出を運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)に提出する事で、完全抹消を行う事ができます。

 

廃車供養の基本

 

自動車の「廃車」にも種類がある事がわかりましたが、タイトルにもある「廃車供養」とは一体どのようなものなのでしょうか。

 

廃車供養とは

「供養」と言うと、人が亡くなった時の儀式と考えるのが一般的です。近年では、飼っているペットが他界した際にペット供養を実施するケースも多くあります。

「廃車供養」の「廃車」という意味合いはそれらと同様で、お葬式や偲びの会などを行う事でその思い出を振り返る他、廃車に至るまで走り続けてくれた事への車両に対する感謝と慰労の気持ちとその別れを惜しむ時間を過ごすというものです。

 

廃車供養のタイミング

廃車には2種類ある事がわかりましたが、廃車供養を行うタイミングとしては車両としての登録を完全に抹消し、公道を走る事をできなくさせる手続きを行う決断した時、いわゆる「永久抹消登録」を決めた時になります。

永久抹消登録ではまず解体業者に依頼して自動車の解体を行ったその後に陸運支局に登録抹消の書類を提出しますので、自動車が手元にあるうちの“解体前”が廃車供養の適切なタイミングになります。

 

廃車供養の内容

 

廃車供養とは言うものの、これから廃車になる自分の大切な愛車に対して具体的には一体どのような事をしてあげたら良いのでしょうか。

 

廃車供養の流れ

まずは一般的な廃車供養の流れについて順を追って見ていきましょう。

 

洗車

時を近くして解体作業を依頼する事になる車両ですが、まずは洗車をして車体を綺麗にしてあげましょう。車両の外側はもちろんですが、室内も丁寧に清掃してあげる事で気持ちよく送り出す事ができるかと思います。

 

お清め

洗車が一通り終わったら、車両のお清めを行います。ダッシュボードの上に白い紙を敷いてその上にお清めの塩を盛るか、お神酒を置きましょう。そのままの状態で半日~1日程時間をあけます。その他、室内だけでなく前車輪の所に盛り塩をしておくのも供養の作法の一つです。

 

祝詞(のりと)

一般的にはあまり馴染みがなく、自分で行う為の知識は持ち合わせていない事がほとんどかと思います。神道の祭祀において唱えられる言葉の事で、基本的には神様に奏上する言葉である事から神職が祈願を行うのが一般的です。

交通安全祈願を受け付けている神社などに依頼を行えば、祝詞の一連の儀式をとりおこなってくれますので依頼をしてみるのも一つの方法です。

依頼先によっては玉串奉奠(たまぐしほうでん)や焼香などをおこなってくれる場合もあります。

 

お守り供養

祝詞を神社に依頼した場合には一通りの流れの中で対応してくれるケースもあるようですが、これまで車両につけていた交通安全のお守りなどを焼納します。

 

廃車供養の費用

洗車やお清めなどの自分で出来る作業で必要な物については、紙やお酒、塩といった自宅にもあるようなものなので特別な費用は必要ないでしょう。
しかし、自分では対応が難しい「祝詞」や、交通安全などの「お守りの焼納」については神社に依頼をする事になります。神社の敷地内で自動車用の供養・御祈祷スペースを設けているような神社もありますし、そういったスペースが無い場合には実際に廃車供養を行う自宅などに神主さんが出張してくださる場合もあります。
依頼先の神社によっても価格設定は様々ですが、5000円~20000万円程度が相場とされています。菩提樹(お墓管理や葬儀などでお付き合いのある神社)がある場合には直接確認してみると良いでしょう。

 

廃車供養後

 

永久抹消登録を行う場合には、廃車供養が済むといよいよ解体業者に車両を引き渡す事になりますが、車両が自分の元から離れる前に行うまた違った供養の形もあります。

 

パーツ回収

簡単に言うと、廃車を迎える車両に組み込まれているパーツを取り外し、新しい車両へと装着する事です。車両本体については寿命や修理などで限界を迎えていたとしてもパーツレベルで見ればまだまだ使えるものも残っているケースは多くあります。とは言ってもボディのフレーム部分は全く同じ車種への乗換でないと流用できませんので、パーツ回収でよくあるのはタイヤホイールやマフラーなどです。室内装備ではオーディオなども取り外すケースがあります。

ここで気を付けなくてはならないのは、解体業者に依頼する前に自己流でパーツ解体を行ってしまう事による法律違反への抵触です。自動車の解体は、認定を受けた解体業者でなくては実施してはいけない事になっています。また、ドアやシートなどの車両構成部品の取り外しは自動車リサイクル法の違反に該当する恐れがあります。

そういった注意事項に気を付けた上で、これまで大切に乗ってきた愛車の部品をまた次の車両へと引き継ぐ事で、ずっと一緒に走り続けられそうな気がするのではないかと思います。

 

思いでのルートを走行する

通勤で使っていた道や車を走らせてよく行っていた思い出の場所など、そういった所を最後に走ってみるのも一つの供養です。
人も亡くなると、葬儀場から火葬場に移動する霊柩車のルートで馴染みの場所を通るケースは多くあります。解体業者に車両が渡るその時までしか走行する事はできませんので、愛車との思いで巡りも良いのではないでしょうか。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。近年話題になっている「廃車供養」についてその特徴や供養の内容などについて紹介してきました。自動車の乗換頻度が高く、1台の車両を所有する期間が短い日本では、走る事ができなくなるまで愛車を大切にするというケースはあまり多くはないかもしれません。
しかし、日ごろ私達の命を乗せて走行してくれる愛車の別れの時には、しっかりと供養してあげるという気持ちが大切かもしれませんね。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp