TEL.03-3586-1522info@car-auc.jp
ご存知ですか?その車カーオークションなら20%安く買えます。

事故車と修復歴車の違いとは

販売されている中古車の詳細情報欄には必ず「修復歴 有/無という項目があります。中には「事故車」であるかどうかの確認欄を設けている場合もあり、いずれも中古車を購入する側の中古車選びの重要な検討項目となります。
 
では、中古車市場においてこの「修復歴」と「事故車」との違いは一体どのような定義で成り立っているのでしょうか。
 

「修復歴」と「事故車」との違い

 
 

「修復歴車」とは

 

「修復歴車」とは

 
修復歴車として扱われる車は一般的に“車体の基本骨格部分(フレーム)などを交換あるいは修復した車”です。
日本自動車査定協会が定める「修復歴車」の基準では、“交通事故やその他の災害により自動車の骨格部分の交換や修正をした経緯があるもの”と定められています。
中古車の売買において、修復歴があるかないかというのは買取り・販売価格に大きく影響を及ぼすポイントです。
 
中古車買取り店に自動車を売る際には、修復歴の告知が義務付けられています。
万一、買い取ってもらう車の修復歴を告知し忘れたり、偽りの情報を伝えた場合、メンテナンスなどで後になって修復歴が発覚すると買い取り価格の減額、あるいは更に厳しい罰則が下る事もあります。
 
ここでポイントとなるのは、修復歴があるとして判断される基準は何かという部分です。
先にも紹介した通り、日本自動査定協会の定める修復歴車の基準では「交通事故やその他の災害により自動車の骨格部分の交換や修正をした経緯があるもの」と定義されています。
“自動車の骨格”というのが一体どの部分に当たるのかが重要であり、もしもの時の告知の為にも把握しておく事が大切です。
 
 

修復歴の基準「自動車のフレーム」

 

修復歴の基準「自動車のフレーム」

 
自動車の骨格と呼ばれる部分は車の強度を保つフレームと呼ばれる、いわば骨組みのようなものです。災害や事故など、なんらかの原因でこの骨格部分に影響があり、交換や修復を行った場合にその車はいわゆる“修復車”となります。逆を言うと、例えば車の骨格に関係ない外側のフェンダーやドア部分の損傷は、フレーム部分とは違うので例え修理や交換の履歴があったとしても修復歴があるとはみなされません。
 
一般的にフレームと呼ばれ、修理の対象となるパーツは下記の通りです。
 

  • ・サイドバンパー
  • ・クロスメンバー
  • ・ピラー
  • ・インサイドパネル
  • ・ダッシュパネル
  • ・フロア
  • ・ルーフパネル
  • ・トランクフロア など

 
バックで駐車する際の衝突や渋滞での前方不注意による小規模な事故などに多い、フロントorリアバンパーの破損による修復に関しては、経度の衝撃であれば損傷が車のフレーム部分には該当しない為、修復歴としては残さなくてもOKという事になります。
 

「事故車」とは

 

「事故車」とは

 
中古車市場においては「修復歴あり」よりも更に訳アリの扱いとして取引が行われているのが「事故車」です。日本中古車販売協会連合をはじめ、自動車公正取協議会、日本自動車査定協会といった様々な組織で設定されている規約では、事故車の定義を「事故もしくはその他の理由で車の骨格部分が損傷し、修復した経歴があること」と定めています。
これは「修復歴車」の定義と同じなのでは?とお気づきでしょうか。
 
一般的なイメージとして、「事故車」というと“過去に事故を起こした事のある車”という印象があるかと思います。もちろん、本当に事故にあったとして車の骨組みの部分を修理や交換していれば修復歴あり(事故車)として扱われます。
ですが例えば“事故を起こした”としても車の基礎となるフレーム部分に影響の無い事故であれば事故歴にも修復歴にも残らないという事になります。
もちろん、買取り店に査定を依頼する場合には告知義務がありますので正直に修復・事故の履歴を伝える必要がありますが、車の状態としてフレームに影響の無い経度の損傷のみの場合には中古車として販売する際に「修復歴あり」や「事故車」などと表記しなくても問題ない為、買取り価格にもそれほど影響がない場合もあります。
 
事故車の定義が修復歴の有無と同様という事は、中古車の売買市場においても修復歴の有無と事故歴の有無に関して区別はされないという事になります。
修復歴の有無に関しては、車を中古車店に売る際も、車を販売する中古車店も必ず記載しなければならないと決められていますが、その修復歴が事故によるものなのか、あるいはどの程度の破損による修復だったのかという所まで公表するか否かはそれぞれの販売業者に判断を任されているのが現状です。
購入する側としては不安なポイントかもしれませんが、自分が車を売りたい側の場合にはこういった知識をしっかりと持ち、少しの傷で理不尽な査定をされないように気を付ける事が大切です。
 

事故歴・修復歴のレベル感

 

事故歴・修復歴のレベル感

 

「軽度」・「中度」・「重度」と呼ばれる3つの段階

 
自動車の修復歴には、「軽度」・「中度」・「重度」と呼ばれる3つの段階が設定されています。
この修復歴のレベル感というのは、売主の個人的な感覚によるものではなく、修復を施した箇所の状態に加え、車内外の現状を含むその車の現状評価を鑑定したもので決まります。
これは、自動車の売買を行う中古車取扱店が鑑定するのではなく、第三者機関による客観的に評価されたものを【鑑定書】という形で発行しているもので、確認ができるようになっています。
自動車を売る側が鑑定書をつけて販売店に持ち込む事は少ないですが、例え修復歴がある車でも軽度の修復である事を証明した上で買取を申し込む方が、中古としての安心感や価値が上がり、査定基準の下落に“待った”をかけられる場合もあります。
 
 

修復歴がなくても事故車になる場合

修復歴という大きなくくりの中に、その車が事故車であるかどうかという判断基準がある事がわかりました。ですが実は例外があります。
修復歴が無く、事故を起こしていなくても事故車同等に扱われる場合です。
 
 

塩害や錆の蓄積による損傷

塩害や錆の蓄積による損傷

 
例えば、お住まいの地域や通勤先の駐車場が工業地帯や沿岸部などの場合、長期にわたって車を保管していると、塩害あるいはサビなどの蓄積などによって車体が損傷する可能性があります。こういった場合には、キズやヘコミといった損傷が無い場合でも事故車として扱われる場合があります。
 
駐車状況によりこういった影響が懸念される場合には、まめなメンテナンスを行って車に蓄積されるダメージを減らす事が大切です。日頃から丁寧にケアを行うことで、塩害や錆などが持つ害を車に溜める事のないように心がけましょう。
 
 

水没してしまった車

水没してしまった車

 
例えば大規模な台風などによる災害、河川の氾濫による被害で車が水没してしまった場合などの、いわゆる「水没車」の場合にも事故車同等に査定基準が大幅に下がる可能性があります。
それほど沈まなかった場合や、すぐに水が引いた為に状態が良く、ある程度のメンテナンスで走行可能な場合もありますが、やはり一度水没しているとなるとリスクも高まるとみなされます
 
ただし、こういった修復歴のある車や事故車が一概にNGとは言い切れません。
購入者の中には、その程度によりそれなりに走行ができるのなら少しでも安く購入したいと思う方もいるのです。
自動車を手放す際には、その車にどういった履歴があるのかを正しく告知する事で、正しいメンテナンスを受け、また次のオーナーに大切に乗ってもらう事ができるようになります。
 
 

買取先が見つからない場合

国内大手自動車メーカーや中古車販売店など、買い取った自動車の販売先がある程度限定されている場合などで、その店舗が持つ販売先の顧客ニーズにマッチしない場合には買取査定が安くなる、あるいは値段をつけてもらえないという事もあります。
そんな時には、売りたい自動車のニーズがある販売網を持った買取業者に依頼するのがオススメです。
 
また、修理前の事故車や修復歴車の場合、中古車買取業者や自動車ディーラーでは下取りからの買い替えならまだしも、買取の値段がつかない、あるいは買取を拒否される懸念もあります。走行距離数が長い、年式が古いなどの条件が重なれば国内ではニーズが低いため、ほとんど値段が付かない場合には廃車をすすめられるというケースも少なくありません。
そんな時には、海外へのネットワークや、部品パーツの販売ルートがある買取業者に査定を依頼するのがオススメです。自社で修理工場を構えている業者もあり、例え事故車や修復歴のある車であっても、修復された車や取り出された部品は海外へと渡り、需要のあるどこかの国でまた利用されるのです。
日本ではほとんど価値がないとされる事故車や、年式の古い車、走行距離の長い車でも高価買取が期待できるかもしれません。
 
 

知識を持っておくと安心

自動車の買取を行う業者の中には、本当は修復歴の定義に当てはまらないのにも関わらず、事故車などとして査定価格を下げて買い取る悪徳な業者もいます。
修復歴があるとはどのような基準なのか、事故車とはどういった状態が基準なのかといった知識を自身が正しく持つ事で、所有車を手放す時の買取査定の金額の正しい目安にもつながり、安心して売買を行う事ができるのではないでしょうか。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp
入札無料!格安カーオークションならカーオークション.jp!