TEL.03-3586-1522info@car-auc.jp

乗り降りするたびバチッとくる嫌な静電気の対策方法とは

さすがに最近は見かけませんが、昔はクルマのバンパー下に金属のチェーンや樹脂性のベルト付け、それを路面に引きずりながら走っているクルマがたくさんいました。中でもタンクローリーなどは、必ずジャラジャラとチャーンを引きずっていたものです。でも、いつ頃かららそんな姿をすっかり見かけなくなりました。
 
あのチェーンなんのためのものだったのか。筆者が以前聞いたのは、クルマにたまった静電気を地面に逃がすためというものでした。つまりアースですね。
 
タンクローリーには可燃性の重油やガソリン、灯油などが積まれています。万が一それらが静電気で引火したら大事故になる。なので対策として、あのようなものがつかわれていたというわけですね。でも、そのように危険なはずなのに、今はどうやら使われていないようです。いったいそれはなぜなのでしょうか?
 
 

静電気はクルマではなく人の身体に帯電する

 
w
 
はっきり言ってしまうと、結局あれはあまり効果的な方法ではなかったということです。そもそも、なぜあのようなチェーンが使われていたのか。それはこういう理屈でした。
 
クルマはタイヤを履いている。タイヤはゴム、だから絶縁体だ。そのためクルマにたまった静電気が地面にアースされない。だからチェーンなどで地面に放電する必要があるはずだ!ということだったわけです。
 
でも実はそもそもクルマのタイヤは絶縁体であるというのが間違っていました。タイヤは単なるゴムではありませんし、カーボンや金属製のワイワーも使われています。つまりは電気を通します。なので何もしなくてもクルマに静電気がたまることはほとんどないのです。つまりあのチェーンはあってもなくてもよかったということ。
 
でも、冬場、クルマに乗り降りするたびにビリッと感電しますよね。となるとやっぱりクルマには電気がたまっているんじゃないの?そう思われる方もいるかもしれません。
 
しかし、あれはクルマに電気がたまっているのではなく、人間にたまった静電気がクルマの金属部分に放電されることで起こるもの。あのイヤなバチッ!は自分自身の静電気が原因なのです。
 
静電気って、本当にイヤなものですよね。気を抜いているときに限ってバチッ!とくる。あれなんとかならないものでしょうか?
 
 

静電気がおきる仕組みとは?静電気除去シートは効果ある?

 
976c3279790f2eb365476ba46f2fb30d_s
 
そもそも、なぜあのようなバチッという静電気が起こるのか?かなりおおまかですが、とても簡単に説明すると、以下のようなことです。
 
衣服など電気を通しにくい物質同士間で摩擦や接触があると、それらの物質の持っていた電子の極性的バランスが崩れます。そして、それぞれの物質にマイナスの電子もしくは、プラスの電子が移動し偏ることになります。そのようにして電気を通しにくい物質に不安定な状態の静電気が帯電することになります。
 
電気を通しにくい物質に帯電した静電気は、そのままでは放電されません。しかし、帯電した状態で、指先が金属など電気を通しやすいものに触れると、その静電気が一気に電気を通しやすい金属に向かって放電(バランスの崩れていた静電気が電気的なバランスを取ろうとする)されます。そしてそこ一点に電流が流れて、バチッと火花がおきる。それがいうなれば静電気です。
 
ちなみに「自分は帯電体質だから…」などと言う方がいますが、帯電体質というものに科学的な根拠はないそうです。おそらく、普段から静電気が発生しやすい素材の衣服を身につけていたり、自宅のカーペットや部屋履きなどが原因で静電気がおきやすくなっているだけでしょう。
 
では、冬に静電気が起こりやすいのはなぜか。それは、空気中の水分量が少ないためです。帯電した電気が乾燥していると空気中に放電しづらくなるのだそうです。ちなみに夏でも静電気は発生しています。しかし湿度が高いので空気中に放電されやすく、あのようなバチッが起こらないのです。
 
このバチッとくる静電気を防ぐにはどうすればいいのか。一気に放電するからあのような火花が発生するのだから、体に帯電している電気を、ゆっくりと放電させてやればいいわけですよね。
 
実は、セルフ式ガソリンスタンドの給油機などの設置されている静電気除去プレートやシートは、そんな仕組みになっています。あの静電気除去のシートですが、一見ただのプレートのように見えますが、実はちゃんと地面に繋がったアースになっています。シートやプレートだけで放電しているわけではありません。静電気は、あのシートを通じて地面などに放電するようになっているのです。
 
でも電気が流れるなら、バチッときそうなもの。しかしそうはならない。なぜなら、静電気除去シートは電流を穏やかに流す素材でできています。金属のように電気が一気に流れないのです。急激な放電がおきないために痛みもないというわけなのですね。
 
 

静電気防止グッズだけじゃない 簡単に静電気から身を守る方法

 
table

(出典:CARMATE)

 
ということは、あの静電気除去のシートの仕組みを取り入れれば普段の生活でも静電気に悩まされることはないということですよね。実際おなじような家庭用の静電気除去シートなるものが市販されています。自宅などにはこのシートを設置しておくと静電気に悩まされることがありません。
 
仕組みは一緒です。ドアノブなどの付近に、金属部部分にふれるようにこのシートを貼り付けておくだけです。ドアノブに触れる前にこのシートに触れば静電気がシートを通じてドアノブに穏やかにながれるのであのイヤなバチッ!を防げるわけです。こんな簡単なグッズでもある程度効果が得られるので部屋の出入りの静電気にイラっとさせられているなら導入してみてはいかがでしょう。価格も手ごろなので試してみる価値ありです。
 
ではクルマの乗り降りの際はどうすればいいのでしょう?便利とはいっても静電気除去シートをクルマのドアに貼るなんてさすがにみっともなくてできないですよね。
 
降りる際の静電気対策としてもっとも簡単な方法はこうです。クルマから降りる際にすぐに手を離さず、車体の金属部分に手の平を付けておきます。そして、そのまま手が離れないようにしながらクルマを降りる。手を離さないように誌ながら地面に足をつけ、外に出たら手を離すという方法です。
 
車体の金属部分に触れ続けておくと、静電気が車体を通じて放電されます。そしてクルマから完全に離れた時には体に静電気が帯電していないという状態になるわけです。すでに静電気は放電されているので、その後クルマに触れてもバチッというイヤな静電気がおきません。
 
ただ最近のクルマは内装部分に金属パネルが露出しておらずプラスチックなどで覆われていることも少なくありません。その場合はドアの断面部分の金属部分に触れるようにしましょう。
 
降りるときはそれでいいとして、ではクルマに乗る際にはどうすればいいのか?最近はキーレスやスマートエントリーが増えているため、いきなりクルマのドアノブに手を触れることが多いですよね。その時にバチッとくることが多いはず。その場合はリモコンではなくクルマのキーを使います、金属の鍵のほうです。まずキーの根元の金属部分を指で握りながら、キーをクルマの鍵穴に接触させてください。キーでなく硬貨など金属であればそれでもかまいませんが指ではなく、金属部分で鍵穴に触れるのです。
 
その状態では、指とキーの接触面積は広く、さらに放電が指先でなくキー(もしくは硬貨)の先端は起こるため人体に痛みが感じづらくなるというわけです。
 
また便利なアイテムに静電気除去キーホルダーというものも販売されています。これも使い方は基本的に同じ、キーホルダーを手で握りそのキーを挿す前にキーホルダーを鍵穴に触れさせる。するとキーホルダーの先端部分で穏やかな放電が起こりバチッという痛みを感じないわけです。勘違いしている方もいますが、キーホルダーを握っていれば静電気がおきない、というわけではないので使い方を間違えないようにしてください。
 
こういったアイテムには、静電気が除電されると光ったりマークが表示されたりするものもあるので静電気が除去されたというのが目で確認できて安心ですね。毎冬静電気に悩まされているという方は紹介した方法やアイテムを是非試してみてください。