TEL.03-3586-1522info@car-auc.jp

一番安い軽自動車、一番高い軽自動車とはPart.2

ホンダのNボックスやスズキのワゴンRなど、普通車を超える人気を誇るハイトワゴン型の軽自動車たち。その人気は、当然価格がお得だから… だろうと予想したのですが、調べてみると、その予想は大きく外れていました。プライスを調べてみると、もはや普通車と変わらないか、むしろリーズナブルなコンパクトカーと比較すれば高いくらいである、ということが前回のパート1で判明しました。
 
意外であったのと同時に、最新の軽自動車にはレーダーブレーキなどの安全装備に衝突安全性能の高さ、さらには快適性や限られたエンジンの中でどれだけパフォーマンスを引き出すかなど、多くのことが求められています。となれば、むしろこれも仕方がない事なのかもしれないと納得しました。
 
 

現行規格で歴代最安値の軽自動車はスズキのツイン

 
イメージ4

(出典:スズキ)

 
そうはいっても、本来は庶民にも手の届くクルマであるはずの軽自動車ですから、経済性を追求した安いものも現代にきっとあるはず。ということで、単純に軽自動車の中で最も低価格なものは何なのか(なんだったのか)、さらに、その逆に最も高価なものは何なのか(なんだったのか)ということが無性に気になり調べた結果分かったのが、最も安いのがスズキの「ツイン(Twin)」というでした。
 
その価格は驚きの49万円! 2人乗りの超コンパクトなシティコミュータ―として2003年に鳴り物入りで投入されたクルマですが、実際にはエアコンなどの必要な装備まで省いて、登場時のインパクトを狙った戦略的な価格付けであったということも分かりました。この49万円の目玉グレードはわずか半年で廃止となり、さらにはクルマ自体もたったの2年で消えてしまったのですから、まさに時代のあだ花というべき存在だったのですね。
 
 

硬派の中の硬派!スーパーセブンとは

 
caterham-seven-160-11
 
では、低価格ナンバーワン、ツインの真逆で最も高い軽自動車は何なのか? ワンオフのキャンピングカーやカスタムカーなどを除き現軽自動車規格の中で、という条件で調べました。すると結果、おそらくこれであろう、と思われる一台が見つかったのです。そのクルマこそが、英国車ケータハム「セブン160」です。
 
なんと、クルマ好きにはおなじみの、あのスーパーセブンの軽自動車バージョンでした。スーパーセブン(本来はセブンの高性能バージョンがスーパーセブンですが、新旧シリーズまとめて通称スーパーセブンと呼ばれます。)といえば、かつてのフォーミュラーカーのような、ディメンションを持つ生粋のスポーツカーです。
 
とびっきり軽い車体にコンパクトなエンジンを搭載したFR車で、エアコン、パワステはおろか、パワーウインドーや集中ドアロック(というかドアはなく、窓はオプション)もなく、トランクも屋根もないという、とてもファミリーカーとしては使えないスパルタンなスポーツカーであり、純粋に走る事だけに特化した、正に硬派な一台です。
 
カーマニアにとっての憧れのクルマであり、スポーツカー好きであれば一度はハンドルを握ってサーキットを駆け抜けてみたい! と熱望するほどの特別なクルマに、なんと軽自動車版があるということをご存知でしたでしょうか。
 
ケータハムセブンといえば、ロータスが生産を終了したセブンの生産権をその設備ごと受け継いだいわばロータススーパーセブンの正当継承者です。一時期はF1にも参戦するなどモータースポーツ界でも知られた英国車ブランドですね。
 
そんなケータハムは、1973年にロータスからセブンを受け継いで以降、現在まで様々な自動車メーカーのエンジンをセブンのシャシーに搭載し市場に投入してきました。そしてそのバリーエ―ションとして、2014年3月、加えられたのが、「CATERHAM SEVEN 160」(ケータハム セブン 160)なのです。そしてこのクルマこそがケータハムセブンの軽自動車モデルというわけです。
 
 

432万円の軽自動車!ケータハムセブン160

肝心の「ケータハムセブン160」の価格は、なんと432万円です。パート1で紹介したツインの価格の8.8倍。ツインを8台買ってもおつりがくるという計算ですね。国産車でいうと、だいたいトヨタのクラウンと同じくらいになるでしょうか。輸入車であれば、ベンツのCクラスのエントリーモデルC180が436万円ですからほぼ同じくらいですね。
 
でも、ケータハムは英国のメーカー。それがなぜ日本のローカル規格でしかない軽自動車をつくったのか?実は日本の販売窓口であるケータハムカーズ・ジャパンの担当者が、日本の軽自動車に大きな魅力を感じており、本国側に軽自動車版のセブンが作れないか、と強く働きかけることで誕生したクルマなのだとか。セブンはもともと生粋のスポーツカーで、ほぼレーシングカーのようなスタイリングとディメンションを持っていたため、とてもコンパクトなクルマです。
 
全長はわずか3,100㎜しかなくこれは軽自動車の規格(3,400㎜以下)に十分に収まるもの。幅に関しては100㎜ほどオーバーしてしまうのですが、サスペンションアームやフェンダーは少し削り、タイヤサイズを細い物に変えることで基本骨格はそのままに軽自動車枠に収めることが十分可能だったのです。
 
つまり大幅な設計変更をせずに、エンジンとトランスミッションさえ用意できれば軽自動車化のハードルは決して高くはなかった。だから軽自動車版のセブンが作ることができたということなのですね。
 
 

日本の自動車メーカースズキがエンジンやトランスミッションを提供

 
20170928-10273554-carview-000-2-view
 
肝心のエンジンやトランスミッションに関しては、日本の自動車メーカーのスズキの協力を得ています。スズキには後輪駆動化に適したパートタイム4WDの軽自動車、ジムニーのエンジンを持っています。これに、後輪駆動の軽トラックであるエブリィのトランスミッションやアクスルを合わせることで、ケータハムセブンに搭載可能なパワートレイン作り出せたというわけです。
 
ケータハムセブン160に搭載されるジムニーのエンジンは、軽自動車なのでもちろん660ccでターボ付き。パワーも規制値いっぱいである64psのはず。しかし、同じエンジンを搭載しているのに実はセブンのほうの馬力は80ps。これには理由があって、軽自動車の64ps規制は日本の業界団体による自主規制値。輸入車であるケータハムはこれを遵守する必要がありません。なので、このエンジンが持つ本来のポテンシャル、80psとすることが可能となったわけなのです。
 
 

スポーツカーとしてのパフォーマンスはどうなのか

 
7ea73b03e5e350eefdc7c96282085604_s
 
でも本来普通車のエンジンを搭載していたケータハムセブンに、軽自動車のエンジンを搭載したことでスポーツカーにとって何より大切な走りのパフォーマンスは低下してしまったのでは? と思いますよね。でもそんなことはありません。なんといってもケータハムセブンの重量はとんでもなく軽い。
 
スペックを見ると、その重量はわずかに490kg!今時の普通の軽自動車なら800kg以上はありますし、人気のホンダNボックスなら、最も軽いグレードでも950kgですからその差は歴然。その軽量ボディに80psのターボエンジンを積んでいるのですから遅いわけがありません。
 
ケータハムセブンのご先祖にあたるロータスセブンは1300ccや1600ccの80馬力前後のベーシックなエンジンを搭載したものからスタートしています。何の変哲のないエンジンでも軽くコンパクトなシャシーに搭載すれば、充分魅力的なスポーツカーになるということを証明し、多くのファンを生み出してきたのです。
 
そのセブンもケータハムブランドに変わり現在まで進化を重ね、よりハイパワーなエンジンを搭載し、パワーに対応するようにボディを強化して重量アップを繰り返してきましたが、コンパクトなボディに軽量なパワートレインを搭載したこの軽自動車版セブンは、むしろそんな本来の姿に戻ったともいえるわけです。いわば軽さを活かしたピュアなスポーツカーなわけです。それでいて、維持費は軽自動車ですからファーストカーを別に持ち、趣味のクルマとして持つにはまさにぴったり。もともとおかげで現在はバックオーダーを抱える程の大人気になっているようです。いますぐ欲しいと思ってもなかなか手に入らないようです。
 
 

制限が多いからこそ、個性的なクルマが生まれる

軽自動車は日本独自のローカル規格です。つまりグローバルな展開ができないのですから、おのずと開発にかけられるコストも制限されるでしょう。当然サイズやエンジン排気量など縛りも厳しく、その限られた中でデザインや設計をし、なおかつライバルと差をつけなくてはならないのですからとても難しいジャンルなはず。
 
しかし、その中で工夫をして良い物を作る、というのは案外日本人に向いているようです。今ではスポーツカーからオープンカーにワゴン、バンにトラックにキャンピングカーまで軽自動車というくくりの中に、個性的で魅力的なクルマがまさに多種多様に揃っているのですから関心するほかありません。
 そんな軽自動車の魅力は、最近では、ゲームやネットの動画などを通じて、海外でも知られるようになっています。中にはなんとかして手に入れたい(安全規格などによりなかなか輸入は難しい。)と望む人も少なくないのだとか。
 
そんな世界中が欲しがるくらいユニークで魅力的な軽自動車を、自由に選ぶ楽しみ存分に味わうことができるのですから、日本人としてこのことを素直に喜ぶべきかもしれませんね。