中古車オークション落札・出品代行最安なら「カーオークション.jp」

オークション初めての方
03-6867-8529 受付時間:平日10:00-19:00
中古車オークションなら「カーオークション.jp」

マイカーが盗難にあった時の廃車手続きとは

もしも自分の車が盗難の被害にあってしまった時には、突然の状況に焦りもあり、どのように対応して良いかはなかなかすぐに整理できないかと思います。
 
ですが万が一愛車が盗難にあってしまったとしても、手続きの流れを把握しておく事で、焦りがちなもしもの時にも冷静に対応する事ができるのではないでしょうか。
 
ここでは、自動車が盗難にあった際のその後の対応・流れなどの基礎知識について紹介します。
 
 

自動車が盗難されたら

駐車場に停めていた車が知らないうちに消えてしまう。そんな自動車盗難の被害は国内でも後を絶ちません。近年ではリレーアタックなどの巧妙な手口を使った車両盗難が相次いでおり、決して他人事ではありません。
 
でももしある日、そこにあったはずのマイカーが忽然と消えていたらどのように対応すれば良いのか、基本的な対応方法を紹介します。
 
 
自動車が盗難されたら
 

盗難届を提出

盗難届を提出
 
もしマイカーが盗難の被害にあってしまったら、気が付いたその時点ですぐに躊躇する事なく警察に連絡をしましょう。
 
連絡を悩んでいるうちに、盗難された車両はどんどん遠くへと運ばれてしまっている可能性もありますし、盗難からの時間が経てば経つほど、荒らされてしまったりパーツを分解されてしまったりする場合もあります。
 
最寄りの交番や警察署で「盗難届」を出す事になりますが、車体そのものはもちろんですが車内にあったであろう貴重品やその他所有物についても詳細に盗難届を出すと良いでしょう。
 
ここで注意が必要なのは、自動車の盗難届には自動車登録番号(ナンバープレート)や自動車の車体番号(1台ごとに付けられている番号)の情報が必須となる為、普段から車検証を車内に積んでいる場合には、万一に備えて車検証のコピーなどを1枚自宅に保管しておくか、車検証をスマートフォンのカメラなどで撮影してデータとして保管しておくと安心です。
 
 

「受理番号」を警察署で受け取る

「受理番号」を警察署で受け取る
 
盗難届を出すと、警察署から「受理番号」というものが発行されます。この受理番号というのは、盗難された自動車がすぐに見つからなかった場合に自動車の所有権を手放す為の「抹消登録」に必要となります。
 
例えばお財布が盗難された時や銀行のキャッシュカード・クレジットカードを無くしてしまった場合には利用制限の手続きを行いますよね。それと同じイメージを持っていただければわかりやすいのではないかと思います。
 
 

一時抹消登録の手続きを行う

一時抹消登録の手続きを行う
 
警察に盗難届を出し、受理番号を発行されたら、所有車の管轄陸運支局に行って盗難被害にあった車両の「一時抹消登録」の手続きを行います。
 
抹消と聞くと不安になりますが、「一時抹消登録」というのは車の使用を一時的に取りやめる、所有権を一時的に手放すといった手続きです。一時抹消登録の申請をしている間は、自動車税などの税金がストップされる仕組みになっており、後にもし盗難された自動車が見つかった場合には「中古新規登録」という手続きを行う事で車の再登録を行う事ができ、再度運転が可能となります。
 

※ローンの支払い途中の場合、勝手に一時抹消登録をする事はできない※

盗難の被害にあった自動車が、まだローンの支払い途中の場合にはその車両の名義人(所有者)はローン会社や購入先のディーラーとなっているはずです。その場合には、自分の意思で一時抹消登録を行う事はできません。ローン返済中の場合にはまず、車両の所有者となっている業者に連絡を行い、その後の支持を仰ぎましょう。
 

※一時抹消登録には車検証の情報が必要※

盗難届を出す際には車検証の情報が必要と案内しましたが、一時抹消登録の手続きを行う際にも車検証に記載された情報が必要となります。
 
車検証のコピーが手元に無い場合には、まず車検証の再発行を行います。登録事項証明書の発行でも代用が可能です。どちらも陸運支局で手続きができ、手数料は300円です。
 

※都道府県税事務所への申請※

抹消登録の手続きの前に都道府県税事務所で手続きする方法もあります。盗難届の受理番号が発行されたら、管轄の都道府県事務所へ行き、所有車が盗難の被害にあった旨を申し出て手続きを行う事で、自動車が見つかり警察から返却されるまで、あるいは廃車の手続きを行うまでの間、自動車税を月割りで減免してもらう事が出来ます。
 

※車検※

一時抹消登録をするとその時点で一度車検が切れた状態になります。一時抹消登録をしておき、その後車が見つかって再登録する場合には再度陸運支局にて車検を受ける必要があります。自動車整備工場やディーラーに依頼する方法もありますが、前回の車検から時間が経っていない場合や特に問題がなさそうなら自身で陸運支局に持ち込むのが一番費用を抑える事ができます。
 
 

保険会社に連絡を行う

険会社に連絡を行う
 
一時抹消登録の手続きと順序は問いませんが、任意保険の保険会社にも盗難の被害にあった旨を連絡します。
保険の契約内容によっては、車の中にあった貴重品なども保証の対象範囲となる場合がありますので、車内の状況などについて詳しく説明を行います。保険会社への連絡の際にも、はじめに警察署で取得した盗難届の受理番号が必要です。
 
盗難車両が見つからない場合、あるいは盗難当時と異なる状況で発見された場合でも、正式に保険利用を申請する場合には、保険会社の調査員が被害状況の詳しい確認の為現地調査に訪れる事もあります。事実確認が取れてはじめて、保険金の支払い手続きが行われます。契約中の保険会社により対応は異なる場合がありますので、ご自身が契約している保険会社の連絡先や保険内容なども、自動車の中ではなく自宅用に情報を取っておく事をオススメします。
 
 

盗難被害車が見つからない場合

もしも車が盗まれてしまった場合、その車がいつどのような状態で見つかるのか、そして自分の元に戻ってくるのかどうかは全く予想もつきません。数日で、近い場所で、盗まれた時の状態のままあっさり見つかる例もありますし、パーツ盗難や大きな破損があり、乗る事のできない状態で見つかる事もあります。あるいは、待っても待っても戻らないケースもあります。
 
 
盗難被害車が見つからない場合
 

永久抹消登録

永久抹消登録
 
自動車が盗難の被害にあってからしばらくの間は、車が戻ってくる事を願ってひとまず“一時的に”自動車の抹消登録の手続きをする方法をお伝えしましたが、万一車が戻ってきた時に部品盗難や損傷などの被害が大きく再び乗るのが難しい程である場合には「永久抹消登録」を行います。
 
永久抹消登録とは、つまり自動車を廃車にするという事とイコールであり、その車はもう二度と登録する事はできません
永久抹消登録には通常車検証や前後2枚のナンバープレートなどが必要ですが、盗難時に車体と一緒に手元から無くなってしまっている場合には、代わりに「理由書」というものを書いて提出します。
 
※既に一時抹消登録をしている場合、一時抹消登録に有効期限はありません。その為もしも車が見つからないままであれば、新ためて永久抹消登録をするかしないかは自己判断となります。
 
 

ローン残金の支払い

ローン残金の支払い
 
自動車購入時にローンを組み、返済をしている最中に車両が盗難被害にあってしまった場合の対応について、どうすれば良いか不安になる事もあるかもしれません。
 
まず、ローンを支払っているという事は、その車の名義人(所有者)となるのは支払いを行っている方ご自身ではなく、ローン会社や自動車ディーラーです。支払いを行っている当人はあくまでも車両の名義人である会社から“自動車を借りて使っている”という状態にあります。
 
つまり、自動車が盗難の被害にあってしまったという事は、借りている車を無くしてしまったという事と同じであり、いわゆる担保であった車両そのものがなくなってしまった以上は通常、ローン残金の一括返済を求められる事になります。車両の一時抹消登録を行う為にも、まずはローンを返済して車両の名義人を自分に移さなくてはなりません。
 
しかし一括返済が難しい場合でも、車両保険の保険内容には通常「盗難」も対象として設定されていますので、ある程度は保険でカバーできる事と思います。
契約しているローン会社や、ローンの残金・残期間、その他契約内容などによって対応方法は様々ですので、万一の場合には各方面に連絡を入れて相談をしてみると良いでしょう。
 
 

その他の手続き

その他の手続き
 
盗難された車両がすぐに戻ってこない場合、ある程度の期間を決めて判断し、月極駐車場の契約なども解約等の手続きを行いましょう。
 
また、自動車のローン支払いが済んでいる場合でも、自動車保険の盗難補償次第ではある程度の保証金を受け取る事が出来るはずですので、早めに保険会社に申請を行うのも選択の一つです。この場合には車が無くなり戻ってこない事を確認する為に、盗難時の状況調査などの手続きとして1~2か月程度かかる事もあります。保険金の支払いは全ての調査・手続きが完了してからとなりますので、新しく車を購入する場合などの資金繰りは計画的に行いましょう。
 
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。万一車両盗難の被害にあってしまった場合の手続きについて具体的に紹介してきました。
 
色々な手続きを進めた後に、時間が経ってもし車両が戻ってきた場合には、廃車買取り業者に車両の引き取りや買取りを依頼する事もできます。
万一の時に焦る事なくスムーズに対応できるよう、基本的な流れを把握する事や必要書類の控えを準備するなど、普段から備えておくと安心です。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp