TEL.03-3586-1522info@car-auc.jp

ブレーキとアクセルペダルの 踏み間違えによる事故増加

8e28e9b042688cb7e2b7ff5b022510e1_s
3904人。これは先日警察庁が発表した平成28年の全国の交通事故死亡者数です。意外といってはいけないのかもしれませんが筆者は思った以上に少ないなと感じました。ちなみに日本における交通事故死亡者数のピークは1970年の1万6765人。以降徐々に減り続け45年を経て現在はほぼ1/4にまで減少してきています。乗用車の登録台数は1970年が約727万台だったものが、平成28年は約6千83万台と、約8.5倍も増加していることを考えるとすごい事ですよね。
 
死亡事故が減った要因には、アンチロックブレーキやエアバッグ、横滑り防止装置に自動ブレーキなど各種安全装備の充実に、道路などインフラの整備、警察による取り締まり強化に加え、ドライバー側でも安全に対する意識が高まってきたということなのでしょう。素晴らしい事だと思います。
 
 

高齢者だから事故を起こしやすい?実は若いドライバーの事故率も高い!

 
1dbaa56d34cab29904acedf5681e303e_s
 
でもむしろ増えているのではという印象を受けるのが高齢者による交通事故です。ペダル踏み間違えが原因と思われる高齢者ドライバーによる交通事故のニュースが、最近やたらとクローズアップされていませんか。でも、どうも特定の車種や、ドライバーが高齢者だからと意図的に誘導するような偏った報道の傾向が見て取れるのですが、これは筆者の勘違いでしょうか? 
 
交通事故総合分析センターによる「年齢層別操作不適事故割合」調査を見ると、確かに75歳以上の高齢者の事故の割合が高いというデータが示されています。高齢になると視力や注意力、運動能力も低下してしまうので事故のリスク増えるのは仕方がないのでしょう。
 
でも、このよくデータをみれば、同時に24歳以下の若いドライバーの事故割合も高齢者とほぼ同じくらい高いのが分かります。つまり事故の原因は、一概に高齢であることだけではないのです。ということは報道を見て、高齢者ドライバーを偏見の目で見るのは大きな間違いといえるでしょう。
 
実際クルマがないと生活が成り立たないという地域の居住者で、高齢でも運転のしっかりした方は少なくありません。そもそも公共交通機関が充実していてクルマがなくとも困らないのは一部の都会くらい、地方に行けば老老介護など75歳以上のいわゆる高齢者だけで生活している家庭も珍しくありません。もしそんな人たちの運転免許を取り上げるなら、それに替わる公共交通機関なりサービスを提供しなければ、高齢者をただ見捨てるだけになりかねません。
 
 

平成29年3月には認知症検査が義務付けられた改正道路交通法施行

 
97fe8c507d447e0711b39937f264520e_s
 
もちろん高齢者ドライバーが今後さらに増えてゆくことを考慮すれば、認知症の疑いや、視力や運動能力の低下など、運転が危険なレベルの高齢者をチェックする仕組みは必要です。実際、平成29年の3月には改正道路交通法が施行となって、75歳以上の高齢は、免許更新の際に認知症検査が義務付けられるようになります。
 
その検査で認知症の疑いがあるとなると医師の診断が義務付けられ、診断を受けないと免許停止の対象になります。さらに認知症と認められると免許の取り消しとなるそうです。これは仕方のない事だと思います。
 
でも、気になるのは果たして認知症のドライバーから免許を取り上げたところで、クルマを運転することを防げるのでしょうか? その辺の対策が今後必要となってくるでしょう。例えば、クルマの方で操作ミスを未然に検知して暴走をしないように制御する技術などが。
 
 

ペダルを踏み間違えても暴走しない安全デバイスが続々登場

 
見張り番

出典:ペダルの見張り番

 
先ほど述べたように、ペダル踏み間違いなどのクルマの操作ミスは、誰にでも起こり得る事です。もちろんとっさの時に操作が遅れがちな高齢者の場合、それが重大な事故へつながる可能性は高いでしょう。ただそれが分かっているならば、あらかじめ防ぐ仕組みをクルマに積極的に取り入れればいいのではないでしょうか。
 
例えばアクセルを急激に踏み込んだ場合に、その操作を検知して急発進を防いだり、前方に障害物を検知したらアクセルを踏んでも前(や後)に進まないようすればいいのです。実際そういった機能は最新のクルマに搭載されるようになってきています。
 
前後のカメラに自動ブレーキや、レーダーブレーキアシストなどといった安全機能を連携することで、かなり効果的にペダルの踏み間違いは防げるのです。こういったものは、標準化されるのがベストでしょうが、そのためにクルマの価格が上がってしまっては普及は進まないでしょう。安全デバイスの導入や、装着車の購入にかかる費用に対して、補助金を出すといったことも必要なのではないかと筆者は思います。
 
でも、すでに所有しているクルマにはそんな機能はない、買い替えも難しいという場合は? 実は後から装着できるクルマ用の安全デバイスというのも開発されているのです。
 
例えば先日、オートバックスが販売を開始した急発進防止装置「ペダルの見張り番」など。この装置は軽自動車からミニバンまで、国産車100車種以上に幅広く対応していて。適合車種はこちらで確認が可能です。
 
その機能は、アクセルとブレーキを踏み間違えた際に誤発進を防止する「オーバーアクセルキャンセラー(OAC)」と、アクセルとブレーキを同時に踏んだ際にブレーキを優先させる「ブレーキオーバーライドシステム(BOS)」の2つからなるもので、ペダルの踏み間違いによる事故を効果的に防ぐことが可能となっています。価格は取り付けの工賃込みで税抜3万9999円と、得られる効果を考えれば決して高くはありません。また、オートバックスグループの会員がオートバックス、店舗で購入&装着した場合には、1年間の保険付帯サービスも付くというのもうれしいポイント。ただし、現時点で購入に補助金などはないようですし、電子制御のアクセルを搭載したクルマでないと装着できないので、全てのクルマに使えるわけではありません。
 
 

ペダルの踏み間違えを起こせないユニークな仕組みのワンペダル

 
pedal01

出典:ワンペダル

 
他にも、アクセルとブレーキのペダルそのものに手を加えて急発進などを防ぐという商品も開発、販売されています。それが、ナルセ機材有限会社の「ワンペダル」です。
このワンペダルとは、事故を防ぐためにアクセルとブレーキを一体化させた世界で唯一(※国内及び国際特許取得済) の安全設計ペダルです。オートマチック車に取り付けることができ、その名の通り操作をするペダルは1つだけ。通常アクセルとブレーキは別のペダルで、これを片足で踏みかえて操作をしますが、ワンペダルは1つのペダルに足を置いたままアクセルとブレーキを操作するので操作ミスを防げるというのです。
 
ペダルを踏むとブレーキがかかり、足を右に傾けるというか、ずらすとアクセルとなります。アクセルONの状態でもペダルを踏み込めばアクセルから足が外れブレーキがかかります。運転中は常にペダル(ブレーキ)に足が乗っているのでとっさの時にでも「踏み間違い」や「踏み損ない」、「ブレーキの踏み遅れ」がありません。日本、アメリカ、ヨーロッパ、韓国、中国で特許も取得済みで、自治体によっては費用の一部負担も受けられるそうです。
 
取り付け可能かどうかは事前に確認が必要ですが前述の「ペダルの見張り番」よりも幅広い車種に対応が可能で、装着金額は車種によって部品、装着を含め約17~23万円ほど。こちらの会社は熊本にあり持ち込みが難しい場合は取りつけを請け負ってくれる整備工場を自分で見つけなければならず、また装着後にテストなども必要。操作にも慣れなくてはなりませんが、すでに実績もあるようですので、こういった装置の導入を検討してみてはいいのではないでしょうか。
 
最後に、単純ですがペダル踏み間違えを防ぐシンプルな方法があります。それはAT車であればMT車に替える事です。なぜなら、MT車にはアクセルとブレーキの他に、クラッチペダルがあります。そしてブレーキを踏むときは必ずクラッチペダルを踏むという操作を行うからです。
 
もしもブレーキペダルを踏んだつもりで、間違ってアクセルペダルを踏んだとしても、同時にクラッチペダルを踏んでいれば動力はタイヤに伝わらないのでクルマは加速しません。走行中のクルマであればクルマは前に進んでしまいますが、急加速や急発進は防げるはずです。高齢者であれば、ほとんどの人はMT免許のはず、暴走の可能性が低くなるという意味では、MT車を選ぶという方法も案外悪くないかもしれません。