TEL.03-3586-1522info@car-auc.jp

ハイブリッドカーなのにハイブリッドカーじゃない?

505edc6757025288981672280b67054e_s
ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、LPGガス車に燃料電池車、そしてEVにハイブリッド。現在自動車には様々な動力源が使われていますが、中でも近年特に日本において普及が進んでいるのがエンジンと電気モーターを使用したハイブリッドカーでしょう。世界初の量産ハイブリッドカーを生み出したのが日本のトップメーカー、トヨタなのですから、これほど普及が進んでいるのはむしろ自然な流れですよね。
 
今では国内のみならず、海外自動車メーカーでもハイブリッドシステムは採用されており、また、普通車だけでなく、コンパクトカーや一部の軽自動車にも普及しはじめています。でも、それらすべてを一口にハイブリッドカーと呼んでいますが、果たして全てが同じようなものなのでしょうか?
 
 

高度な技術で優れた燃費を実現したトヨタのハイブリッドシステム

 
ths_001

出典:Autoblog 日本版

 
エンジンと電気モーター、バッテリーを搭載し、それらを効率よく併用するのがいわゆるハイブリッドカーです。その代表といえるのがトヨタのプリウスで、1997年にセンセーショナルに登場して以来、圧倒的な燃費の良さで注目を浴び、今や世界中で当たりまえの存在となりました。そんなプリウス他のトヨタのハイブリッドカーが搭載しているのがTHS (Toyota Hybrid System) Ⅱ、といういわゆるシリーズパラレル式のフルハイブリッドシステムです。
 
このタイプのハイブリッドシステムは、モーターとエンジン2つの動力を駆動に使用するだけでなく、モーターのみでの走行と、エンジンとモーターの両方を使った走行を、状況に合わせて賢く切り替えることで効率よく走ることが可能です。またモーターとは別に発電機も搭載(ハイブリッドシステムによっては動力用モーターと発電機兼用するものもある。)しているので、モーターで走行しながら発電することもできるのです。
 
モーターとエンジン、それぞれが得意とする速度域を担当することで理想的な動力制御を実現しているというわけですから、現状で最も効率的なハイブリッドシステムといっていいでしょう。
 
但しそのシステムはとても複雑で技術的にも非常に高度なものが使用されています。さらにその技術は多くの特許で守られていることもあって、簡単には真似はできません。2016年にTHSに関する主要な特許の期限が切れたからといって、すぐに他の自動車メーカーに同じものが作れるのかというとさすがに難しいでしょう。20年の技術の蓄積は相当なアドバンテージなのです。
 
でも、高度な技術と優れた性能を発揮するトヨタのシリーズパラレル式ハイブリッドシステムですが、何もメリットばかりでもありません。まず、エンジンに加えてモーターと発電機を1つずつ積まなくてはならないので、重量も増える上、それを搭載するスペースも必要となります。またメカニズムが複雑な分、製造コストだってかさみます。トヨタのように多くのハイブリッドカーを投入することによる量産効果で、ある程度コストは下げられるかもしれませんがそれも限界はあるのです。
 
 

普通車だけじゃない軽自動車のハイブリッドカー

 
wagon_R-018
 
あれ? でも最近は手ごろな価格のコンパクトカーや、軽自動車でもハイブリッドカーってなかったっけ?  そう思った方あなたは鋭い。過去にはスズキが2人乗りの軽自動車ツインにハイブリッドを設定したこともありましたし、最近であれば、例えば最新のスズキの軽自動車ワゴンRのSエネチャージモデルなどは、エンジンとモーターを搭載し、モーターがエンジンの動力をアシストしてくれますから、まさにハイブリッドそのもの。
 
ただ、Sエネチャージに関しては、スタート時や加速時などに限定的にモーターは動力をアシストするだけ。プリウスなどのようにモーターだけでは走行できないということもあってかメーカーとしてはハイブリッドとは言っていないのです。しかし、その内容を見る限りは、いわゆるマイルドハイブリッドと呼ばれるものといっていいでしょう。つまり軽自動車にもハイブリッドカーはあるのです。
 
 

マイルドハイブリッドとは何?プリウスとは何が違うのか

 
719f4384172af20876f2070bdc68c091_s
 
Sエネチャージをはじめマイルドハイブリッドはプリウスなどのフルハイブリッドのように大きなバッテリーを搭載せず、比較的小型でシンプル仕組みのため、軽自動車やコンパクトカー、また既存のクルマの動力源としてエンジンの代わりに積むことも可能です。フルハイブリッドシステム程ではありませんが燃費も改善し、走行時も限られたシチュエーションだけですがアシストも期待できます。クルマは停止状態からのスタート時に特に大きな力を必要としますが、そういった場面で効果的にモーターの力を利用できるので、特にゴーストップの多い街中で有効なシステムというわけです。
 
さらにブレーキなどをかけ減速した際にはその運動エネルギーでモーターを回転させて発電します。Sエネチャージの場合は通常の12Vバッテリーと、専用のリチウムイオンバッテリーにその電気を貯め、動力のアシストに利用するほかに、ヘッドライトやエアコンなどクルマの電装品に利用するのです。通常のガソリンエンジン車の場合、発電にはエンジンの力を利用していますがそれが抵抗となり燃費をわずかですが圧迫しているのです。Sエネチャージは、その分の抵抗が減るので、これも燃費向上に効果を発揮するというわけです。
 
コスト的にもフルハイブリッドより安く済み、軽自動車をはじめ、既存のクルマに組み込むことも難しくありません。まさにお手軽ハイブリッド。
 
世界的には今後自動車の排出ガス規制はさらに厳しくなってゆくでしょう。そうなればハイブリッドカーでも対応するのは困難で、将来はEV車や燃料電池車が主流となってゆくはず。ハイブリッドカーはあくまでそれまでの橋渡しともいえる存在ですから、莫大な開発コストを投入してトヨタに対抗するよりも、Sエネチャージのようなマイルドハイブリッドを選択するというのはむしろ賢い(性能的には劣るかもしれませんが)かもしれません。
 
 

あえてハイブリッドをうたわないのはなぜなのか?

 
moby

出典:MOBY

 
このように十分魅力的なマイルドハイブリッドシステムなのに、実はスズキ自身は、「ワゴンRのシステムはSエネチャージである!」 とかたくなにハイブリッドとはうたいません。なのに、なぜかほぼ同じシステムを搭載している普通車のソリオではしっかりハイブリッドとうたっているのです。矛盾を感じますよね。ハイブリッドカーは高価というイメージを避けたいのか? 動力が増えた分軽自動車の規格を外れるという可能性が捨てきれないからか? メーカー自身はSエネチャージがすでに認知されているので、あえてハイブリッドをうたわずSエネチャージと呼んでいるとはいっていますが、あまり説得力はありませんよね。スズキが本当の所がどう考えているのかその辺は不明です。
 
でも、メーカーはハイブリッドカーとうたっていなくとも、ドライバーにとっては十分メリットのある軽自動車のハイブリッドカーです。燃費の良い軽自動車を考えている方、また、手軽にハイブリッドカーのオーナーになってみたいと考えているなら、次期愛車としてこういったマイルドハイブリッドカーを検討してみてもいいかもしれませんね。