TEL.03-3586-1522info@car-auc.jp

ウインタードライブ 駐車時のトラブルを回避!

スリップや視界の悪化、事故による渋滞など、雪道のドライブには普段以上に大きなリスクが伴います。それは多くの方が分かっていますから、夏タイヤからスタッドレスタイヤへの交換や、タイヤチェーンの用意など、ある程度は誰もが準備も行っているでしょう。それにそれなりに覚悟もできていると思います。
 
でも、ウインタードライブでは、運転のことだけに気をつけておけばよい、というものではありません。忘れがちですが、意外に油断ならないのが降雪地での駐車です。普段とは環境の違う降雪地域に旅行や帰省をした時や、自宅でも、ゲリラ豪雪など予想外の積雪があった場合など、降り積もった雪がクルマに対して予想外のダメージや、面倒ごとを引きお越こすことがあるのです。目的地に到着しても決して油断はならないのです。
 
例えば普段なら特に気を使う必要のない駐車する場所です。土地感のない外出先で、雪国では、とりあえず空いたスペースがあるからそこにクルマを停めれば良いや、などといい加減に選んではいけません。もし地元ナンバーのクルマが、その場所におらず、ほかの場所に集中しているのならば、その駐車スペースになんらかのリスクがある可能性があります。きっと避ける理由があるのです。
 
その駐車場所が、一時的に利用するものであるならば、それほど問題になることもありません。でも、もしそこが宿泊のための駐車場所であるなら、もっとしっかり吟味する必要があるでしょう。
 
なぜなら、不自然に空いているなら何か理由があるから。例えばそこが屋根の軒下になっていて、屋根から雪やツララが落ちてくるのかもしれません。建物の入り口に近く一見出入りがしやすそうで、周りも空いていて停めやすい、良さそうな駐車場所なのに、それがちょっとした罠になっているわけです。
 
雪に慣れていないと、雪の重みどれくらいのものなのかイメージがわきづらいものです。しかし、屋根などに積もり圧縮された雪の重みは想像以上のもの。およそ一立方メートルで100キロもの重さになるというのですからとんでもありません。それがある程度の高さから落下すれば、クルマのルーフやボンネットは簡単に凹んでしまいます。駐車時のリスクはそれだけではありません。(関連記事 – 突然の寒波、降雪で困った事態に ウインタードライブの準備は万全?
 
 

雪に埋もれてクルマが出せない!どうすればよかったのか?

 
557a2a9da6428b3fa64e95ab540ec334_s
 
一晩たち、駐車場に戻ってみると自分のクルマの周りに雪の吹きだまりができてクルマが埋もれていた、ということもあるかもません。そうなるとすぐに出発することはできず、その雪を処理するだけでも結構な手間がかかってしまうでしょう。
 
そのようなことも想定して、クルマを出しやすい場所を選ぶようにして、なおかつ停める際にはバック駐車をする。さらに駆動輪側にトラクションがかかりやすいかどうか路面も確認しておくと良いでしょう。
 
ルーフなどに積もった雪を下ろす作業も当然必要ですので、隣のクルマとの車間距離も意識して開けておくのがベターです。風向きにも意識しておいたほうが良いでしょう。ラジエターグリルなど、開口部があるほうを風が吹き込む方向に向けておくと、エンジンルームにまで雪が入り込んでします場合があります。
 
一晩立つとその雪が凍結してエンジンがかかりにくくなるということもあるのです。クルマの向きを風下に向けられるのなら良いのですが、駐車場のスペースの関係上必ずしもそのように停められるとは限りません。そんな場合は、シートやダンボールなどで、フロントグリルなどを覆っておくとある程度防げるはずです。
 
駐車時の注意点はそれだけではありません。ワイパーにも気をつけなくてはいけません。基本積雪地では駐車時にはワイパーを立てておくのがよいとされています。しかし、ワイパーを立てていたためにルーフに積もった雪が落ちワイパーを破損させてしまったという例もあります。
 
クルマの形状(ルーフの角度や高さ)、雪質、気温など状況によって必ずしもワイパーを立てておくのが正解でないという場合もあるので、周囲の地元ナンバーのクルマに習うのがおそらくリスクが少ないでしょう。
 
 

リモコンエンジンスターターでクルマを暖めて凍結を溶かす

 
c048e38155ed40f3595543d2bce10134_s
 
ただ、ワイパーを立てておかなかったことでウインドーに張り付いてしまったというトラブルが起きることもあります。その場合は無理にはがそうとはせずに、このような市販の解氷スプレーなどを使用しましょう。
 
またはクルマのエンジンをかけ、暖房をつけ車内を暖めることで溶けるのを待つのがいいでしょう。
AT車ならば、このようなリモコンエンジンスターターを使用するのもオススメです。
 
リモコンエンジンスターターがあれば、クルマに乗り込む前に部屋の中からエンジンをかけておき、暖気することで車内を暖めておくと同時に、凍りつき張り付いたワイパーを溶かすことができます。また、車内の温度をリモコンで確認できるというのも便利ですね。
 
ワイパーだけでなく、特に気温が低くなる地域では、ワイパーだけでなく、同じゴムパーツであるドアのウエザーストリップが凍ってドアが開けづらくなるということもあるそうです。無理に開ければ上ザーストリップが千切れることも。この場合も解氷剤を使用するか暖気でクルマを暖めておくというのが有効です。またこのようなスプレーも有効です。
 
スプレーすることでゴムパーツの劣化を防ぎ保護してくれるのですが、低温によるゴムの張り付きにも効果が期待できます。あらかじめ塗っておくと良いでしょう。
 
ガラスの凍結にも対処が必要です。一晩たつと、フロントガラスに霜が降りて視界がまったくきかない状態になっていることもあるでしょう。暖気によって溶かすことも可能ですが、気温が低い場合は時間がかかってしまいます、先ほども紹介した撥水スプレーを使って溶かすのがよいでしょう。さらにこの解氷スプレーをあらかじめウインドーに吹き付けておくというのも凍結しづらくなり効果なのでオススメです。また、カバーや古い毛布などをウインドーにかけておくのも凍結を防ぐには効果的です。
 
凍結はさらにブレーキにも及びます。ブレーキが凍って張り付くのではなくブレーキワイヤーが凍って動かなくなってしまうので、雪国では、基本凍結を防止にサイドブレーキはかけません。AT車の場合ならパーキングレンジに入れておき、MT車の場合なら、1速ギアかバックギアに入れた状態で駐車して、前後のタイヤにはしっかりタイヤ止めを設置しておきましょう。
 
翌朝出発するときは、タイヤ止めをはずすことを忘れず、またMT車ならギアはニュートラルにちゃんと戻してからエンジンを始動します。
 
 

突然の吹雪で身動きが取れなくなった場合の注意点

突然天候がかわり、吹雪となって視界が悪くなり身動きができなくなる。そんなことも雪国ではありえます。それが運転中であれば、無理して運転を続けるのではなく、コンビニやガソリンスタンド、道の駅などにクルマを停めて天候が回復するのを素直に待ちましょう。周辺の施設に移動する際には、周囲には雪の吹きだまりができているはずなので、不用意に突っ込まないように注意が必要です。
 
とりあえず非難したのに吹雪がやまず、最悪の場合、車内に閉じこめられてしまうこともあるかもしれません。
 
その場合は、まずいつでも脱出できるよう、周囲を確認しながら救援を待ちます。注意しなくてはいけないのが排気ガスです。クルマが雪に覆われ、マフラーが雪でふさがれると、排気ガスが車内に逆流して一酸化炭素中毒になってしまうことも。毎年それが原因で死亡事故も起きています。マフラーがふさがれていないか定期的に確認するか、もしくは、エンジンを停止します。
 
車内の温度も下がってしまいますが命の危険にはかえられません。そのようなことを想定して、食料や飲料、防寒具や毛布などを用意しておくと良いかもしれません。また燃料の残量にも気をつけてください。
 
省エネルギーセンターによると、2000ccのクルマが10分間アイドリング(エアコンオフで)すると130ccのガソリンを消費するそうです。エアコンONならさらに多くのガソリンを消費します。それが一時間、二時間であればいいですが、一晩(12時間)閉じ込められた状態で、アイドリングし続けると計算では15リットル以上のガソリンが消費されてしまうことになります。
 
吹雪がおさまってもガス欠で身動きができない、というのは最悪です。常にガソリン残量に気を配っておくこと。さらに万全を期すならガソリン携行缶やガソリンの缶詰など別途燃料を確保しておくべきかもしれません。
 
運転だけでなく、駐車にさえ予想外のハプニングが起こりうるウインタードライブ。でも、あらかじめ準備や心構えさえできていればリスクは避けることができます。こちらの記事を参考に、この冬は安全で快適なウインタードライブを是非楽しんでみてください。