TEL.03-3586-1522info@car-auc.jp

ドレスアップ? 性能向上?  アルミホイール交換のメリット

fdb951d0db96d7ff0b707cf90c1d11e4_s
愛車を自分なりにカスタマイズしたい! そう考えた時に、真っ先に手を加えるパーツの代表といえばアルミホイールでしょう。市場に数々のブランドが溢れるアルミホイールはデザインのバリエーションも豊富でカラーも好みで選ぶことができる。装着も今のホイールから交換するだけでいいから簡単。ボディに手を加えるのは大変だけど、ホイールならハードルは低い上にクルマの足元が一新されるだけでも印象は予想以上に大きく変わるものです。ドレスアップが一番の目的ならば、ホイール交換はまさにピッタリと言えるでしょう。
 
それに元々のホイールが鉄ホイールであれば、アルミホイールに変えることで軽量化による性能アップや、燃費の向上だって期待できる! と、そう思っている方も多いはず。でもドレスアップ効果は間違いないですが性能に関して本当の所どうなのでしょうか。
 
 

軽量化のためにアルミホイールに交換してみる

 
e3d543b1f6e273fb9cc13f8aa3efa237_s
 
クルマにとって軽量化は最高のチューニング、「走る」「曲がる」「止まる」の全てに効果を発揮する! とはよく言われていることです。確かにレーシングカーなどはわずか1gの軽量化のためにも莫大なコストを払っています。それだけ効果的であるということ。軽ければ同じ馬力でもエネルギーをより効率的に利用できるわけですからクルマの加速力は増し、スピードも上がります。またブレーキング時やコーナリングでも重量軽減によって、慣性の影響が減るので運動性が向上するというわけですね。でも、今のクルマには燃費の向上と、安全性が厳しく求められていますから、コストの問題はあるにせよ実は安全性を担保したレベルですでにかなりの軽量化が行われています。ユーザーサイドでそれ以上の軽量化をしようと思っても容易ではありません。
 
でも、ホイールの交換であればどうでしょう。鉄ホイールをアルミホイールに交換するくらいであれば自分で選んでカー用品やディーラーにお願いするだけでいい。お金はかかりますが簡単です。そしてアルミは鉄よりも軽いはずですからアルミホイールに替えることで当然軽量化となるはずですね。
 
 

アルミホイール装着はバネ下の軽量化 車体の軽量化よりも効果的なのか

 
3d34bb6ff192c8eeba82356cdf4bf6a0_s
 
クルマ好きなら聞いたことはないでしょうか、バネ下の軽量化は車体の軽量化によりも4~10倍(この数値には明確な根拠はないようですが)の効果がある、というのを。バネ下とはクルマのサスペンションのスプリング(つまりバネ)より下にある、サスペンションアームやタイヤ、ホイール、ブレーキ系などの総重量のことです。ホイールを軽量化するということはこのバネ下重量の軽減になるわけです。
 
ホイール(とタイヤ)のことに限定して考えてみても、回転するホイールの質量が軽くなれば慣性モーメントが小さくなり回転させるために必要なエネルギーも小さくて済みます。また同じく止めるためのエネルギーも小さくて済むわけです。つまり同じ力(馬力やブレーキ性能)で加速や減速がしやすくなる=性能が上がるわけですね。重い物よりも軽い物のほうが、回したり回転を止めたりしやすいという簡単な理屈です。また回転させる際のエネルギーが小さければ、動力への負荷も減少して、燃費向上にも効果的ということになります。
 
それにバネ下の重量が軽くなればサスペンションもしなやかに動きやすくなり、ハンドル操作に対する反応が良くなってスムーズな走りに繋がるというわけです。確かに効果的に思えます。
 
でも、実際には軽量なアルミホイールに変えただけで、操縦性や走行性能が如実に変わるかというと、レースのような極限で試さない限りその差を体感するのは難しいようです。とはいえクルマに対して良い効果を与えるというのは間違いないようです。
 
 

鉄ホイールよりも重いアルミホイールとは

 
49e335413ed8dff7d8bbb8df23100dc0_s
 
でも、それはあくまでホイールの交換で間違いなく軽量化ができた場合だけです。せっかく交換をしても、元のホイールよりも重くなってしまっては本末転倒性能の向上は期待できませんよね。実際、市販のアルミホイールは同じサイズであっても全てが鉄ホイールよりも軽いというわけではないのです。
 
なぜか? まずアルミは鉄より柔らかいというのは常識です。つまり鉄と同程度の強度を得るためには鉄以上の厚み、つまりアルミの量が必要です。それを踏まえたうえでデザインすれば鉄ホイールよりも軽くすることが可能なのですが、見た目を重視してボリュームあるアグレッシブなデザインなどにしてしまうと当然、重量もかさんでしまうわけなのです。
 
特にリーズナブルなアルミホイールの場合、そのほとんどが鋳造で作られています。これは溶けたアルミ合金を型に流し込んで作るいわゆる鋳物。この製法だと凝ったデザインのものを安く大量に作れるのですが、その変わりに製造の過程で内部に“ス”が入ってしまうこともあって強度はあまり期待できません。また重量も重くなりがちでアルミなのに鉄よりも重いホイールも残念ながら珍しくないのです。
 
対して性能を重視したホイールに多く採用されている製法が鍛造です。この製法の場合は、高温に熱したアルミ素材を大型のプレス機で数千トンという圧力かけながら成形し、機械加工して仕上げてホイール作ります。圧力をかけることでアルミの金属組織の密強度が上がるため剛性も高く、高精度で軽量なホイールを作ることができるのです。
 
ただし、製造の工程が増えるためコストがかかり、大型のプレス機などが必要なため、選択肢も規模の大きなメーカー(ブランド)のものに限られてしまうのでその分高価になってしまいます。でも高いなりに性能には期待できるというわけですね。
 
 

目的を明確にしてから交換するホイールを選ぼう

 
wheel-2780071_1280
 
あくまでドレスアップが目的というならデザインや価格を重視して鋳造のアルミホイールに交換するのもアリでしょう。大胆なデザイン、インチアップ(ホイールの径を大きくすること)やワイド化などで自分のセンスを思いっきり発揮してください。その際性能的には多少スポイルされても我慢しましょう。
 
でも、ホイール交換で軽量化による性能をアップも目指したい! というならばデザインだけでなくその重量に注目しましょう。特にハイブリッドカーの場合、ノーマルでもすでに軽量で空力的にも優れたホイールが装着されています。もちろん好みもありますが、無理に大幅なにインチアップなどを目指さず、高価でも高性能な鍛造のアルミホイールに交換するのが正解でしょう。