中古車オークション落札・出品代行最安なら「カーオークション.jp」

オークション初めての方
03-6867-8529 受付時間:平日10:00-19:00
中古車オークションなら「カーオークション.jp」

【金融車】の購入とは。廃車・処分時に注意したいポイントとは?

「金融車」という車両をご存知でしょうか?オークションなどで中古車両を探していると目にする事もあり、「担保車両」とも呼ばれている車両が「金融車」です。

では、この金融車について、廃車や処分の手続き等を紹介していきます。

 
 

金融車

まずは、あまり馴染みのない「金融車」という車がどのような車両なのかについて確認していきましょう。

 

金融車とは

「担保車」とも呼ばれる「金融車」ですが、一般的には車を担保にしてお金を借りた後に、その借りたお金を返済できなくなってしまい手放す事になった車両がこれにあたります。

その他にも、例えば自動車ローンの支払い途中の車両利用者がローンを払い終わらないうちに何らかの理由で車両を手放したというケースもあります。金融車が普通の中古車両と異なるのは、名義変更や廃車などの登録が簡単にできないという事です。

 

金融車を購入するメリット

金融車両を購入する最大のメリットは、一般的な価格相場よりも安く購入できるという点にあります。ものによっては市場価格の5割程の金額で取引される事もあり、こういった金融車を専門に扱う業者もある程です。

高級車が金融車としてオークションなどに出ているケースも多く、憧れの車に安く乗る事が出来るという点はユーザーには大きなメリットとなります。

 

金融車を購入するデメリット

事故車両や修復歴のある車両ではないのにも関わらず、安い価格で購入できるにはそれなりの理由があります。

 

名義変更ができない

金融車は、その車両の所有者がローン会社になっている事がほとんどです。元々、自動車のローンを組む時にはその車両の持ち主(名義人)はローンを組んだ本人ではなくローン会社になり、書類上はローン会社がその車両の権利を持ちます。車両購入者(利用者)がローンの返済を残したまま払えなくなってしまった為に「金融車」として売りに出されているというのが金融車の現状である事が多い為、名義人であるローン会社は名義変更に必要な書類を提供してくれない事がほとんどです。よって、金融車を購入するという事は他人名義の車両を所有するという事になります。

 

正規ディーラーでの整備対象外となる可能性がある

例えば正規ディーラーで購入した車両でディーラーローンを組んでいた場合、車両の所有権はディーラーが持つ事になり、購入者は車両の「利用者」として記録されます。しかし、中古車両で購入した金融車がディーラー所有の車両だった場合に、修理や整備をディーラーに依頼したとしても、書類上の利用者と実際の利用者が一致しないという事で、対応を断られてしまう可能性があります。

 

強制抹消を受ける可能性がある

名義人であるローン会社や元の所有者が明確になっている状態で車両が出品されているならまだ良いですが、そうでない所で名義人の意思に背き車両だけが他者の手を介して他者に販売される等、ワケアリの取引が考えられるケースでは、車両情報の強制抹消を受ける、車両に対して盗難届が出されているといったトラブルに遭う可能性もゼロではありませんので覚悟が必要です。

 

廃車、解体ができない

自動車を廃車にしたい場合には、その車両の所有者(名義人)が手続きを行う必要があります。何等かの理由で本人が手続きできない場合や、業者に廃車手続きを依頼する場合でも車両の所有者の印鑑証明書(発行から3カ月以内のもの)に加え、所有者の実印が押された委任状が必要となりますので、購入した金融車を手放したい、廃車にしたいと思った時に自分では何の手を打つ事もできないといった事にもなり得ます。

 
 

金融車の廃車

金融車を購入して車両を所有していたとして、年式的な理由や故障・不具合、事故などのなんらかの理由で「廃車」する事になった場合、どのように対応したら良いのか確認していきましょう。

 

売却

廃車を検討する前にまず考えるのが中古車両として買い取ってもらうという選択肢です。状態は悪くないが手放す事になった場合には廃車にせず値段をつけて買い取ってもらいたいですよね。しかしながら、金融車となると通常の中古車販売店・買取り業者では買い取ってもらえないケースが多く、金融車専門の業者に依頼をするしかありません。状態が良ければ買取りをしてくれるかと思いますが、それでもやはり値段は一般的な相場からはかなり下がるでしょう。場合によっては様々な理由で“手数料”を請求される場合もあります。

 

廃車

先にも少し紹介しましたが、金融車というのは様々な事情が乗ったワケアリ車両のようなものなので、通常ならスムーズに進む廃車の手続きもなかなか難しいというのが現実です。具体的な課題点として以下の項目が挙げられます。

 

名義変更

廃車をする為にはまず、廃車希望者が車両の正式な名義人になる必要があります。その為に金融車の名義変更を行う必要がありますが、ローンの残債がありローン会社が名義人のケースや名義人不明のケースには名義変更の手続きをする事も難しいと言えるでしょう。

 

書類準備

廃車の手続きを行う為には所有者の印鑑証明や、代理人の場合でも所有者の実印の押された委任状などが必要です。しかし金融車の場合には元々の所有者が不明、あるいは連絡が取れないケースが多い為、正式な必要書類の準備が難しいケースが多いと言えるでしょう。自分で廃車をしたい場合も、廃車の専門業者に依頼したい場合も、必要書類がそろわない事には対応ができません。

 

廃車の注意点

課題点としてお伝えした通り、廃車の手続きを行う為にはまず、名義人や所有者について情報を整理する必要があります。知人から譲り受けた車両なら知人に相談が必要ですし、業者から購入した車両なのであれば購入先の業者に連絡を取って相談してみるというのも一つの方法です。個人が責任なくオークションに出品しているケースもあれば、しっかり事業として体制を整えて金融車を扱う業者もあります。購入時に確認する事も大切ですが、電話などで問い合わせしてみると良いでしょう。

 
 

金融車の維持

これまでお伝えしてきた通り、一般的な相場よりもかなり安く購入できるという大きなメリットがある反面、いくつものデメリットを抱えているのが金融車です。

では、そんな金融車をできるだけ長く、自分の車として問題を抱えずに所有するにはどのような点に注意したら良いのでしょうか。

 

デメリットを理解する

金融車を購入するという事には不安もつきものですが、金融車を購入するにあたっての注意点や手放す時の事までもイメージしておくと安心です。

本来の車両の名義人がなんらかの形でアクションを起こした場合等に、自分がお金を払って購入した車両なのにも関わらず、手放さなくてはいけなくなるといった可能性もゼロではありません。そういった覚悟を持つ事や、購入する際の業者は信頼のおける所を選ぶといった事で、少しでもリスクを減らす事もできるかと思います。

 

信用できる修理工場を見つける

名義人と所有者がマッチしないという背景から、金融車の場合はメーカーの正規ディーラーでは修理や車検・整備を断られる可能性もあります。特に輸入車の場合にはメーカー専門の知識のある方でなければメンテナンスできない車両や、取り寄せが必要となる汎用性の低い独特のパーツ等も多くあります。車を維持する為のメンテナンスを依頼できる、信頼のおける修理工場と付き合いを持つ事が大切と言えます。

 

手放す時の事を考える

金融車の場合、ほとんどの買取り業者や廃車専門業者でも車両を引き受ける事はできません。なんらかの理由で購入した金融車両を手放すならば、購入した先の業者に相談するしか方法はないと言っても良いでしょう。その為、購入時先の業者には、手放す際の引き取りなどについても確認しておくと安心です。

 
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。欲しかった車に安く乗り始める事が出来る「金融車」。ですがそれだけ訳アリという事もあり、所有する事にリスクも生じるのが事実です。どんな車両も買取り可能という廃車専門業者でも金融車に関しては対応できない場合があります。自分が所有している車が金融車かどうか確信の無い場合でも、廃車を希望の場合にはまず廃車買取専門業者に相談してみると、廃車が可能かどうかを含めて確認・見積もりをしてくれますので是非相談してみると良いでしょう。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp