中古車オークション落札・出品代行最安なら「カーオークション.jp」

オークション初めての方
03-6867-8529 受付時間:平日10:00-19:00
中古車オークションなら「カーオークション.jp」

【自動車解体】廃車された車のリサイクル方法とは

廃車になった自動車は、部品ごとになるように専門の解体業者の元で解体されてリサイクルされる事が法律で義務付けられています。殆どの場合、これまで乗っていた自動車を廃車にする際には自動車ディーラーや自動車買取り業者に引き取りを依頼してしまうので、その後の流れについてはあまり馴染みがありません。

ここでは、そんな自動車の解体やリサイクルの豆知識を紹介していきます。

 
 

廃車

自動車を廃車にするという事は、ただグシャっとプレスして潰すだけではありません。まずは廃車の基礎知識について見ていきましょう。

 

廃車の種類

廃車には大きく分けて2種類の方法があります。

 

永久抹消登録

一般的に認知されている廃車というのはこの「永久抹消登録」です。廃車の届け出を一度行うと、その車両が再び公道を走らせる事は永久にできません。

普通自動車なら運輸支局へ、軽自動車であれば軽自動車検査協会に「解体返納」を届け出ます。「解体」は、正規に認証された解体業者に依頼をし、自動車リサイクル法に基づいた方法で解体処理を行う必要があります。まず解体したその後に、解体されたという証明を届け出て自動車としての情報を抹消する事が「永久抹消登録」の流れです。

 

一時抹消登録

廃車は廃車でも一時的に車両情報を抹消する事のできる「一時抹消登録」という廃車方法もあります。愛車が盗難に遭った場合長期出張等でしばらく公道を走る事ができない場合に、この一時抹消登録が役に立ちます。このケースでは、一時抹消登録の手続きをした直後から所有者に紐づく自動車の税金の支払いをストップさせる事ができます。そしてまた公道を走る為には所有車両として再登録を行い、車検を通します。

一時的に廃車の手続きをしたものの、なんらかの理由でその車両を永久に乗らない運びとなった場合には、永久抹消登録の時と同様に解体業者に解体の依頼をして解体の届け出を運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)に提出する事で、完全抹消を行う事ができます。

 

廃車と解体

永久抹消登録を行った場合、車体は専門の解体業者にて解体される事となりますが、この解体は「自動車リサイクル法」に基づいて行われます。

自動車リサイクル法とは、役目を果たした自動車から出されるゴミをできるだけ無くして資源を無駄にしない為に、自動車のリサイクルについて自動車所有車や関連事業者、自動車メーカーや輸入業者などにそれぞれの役割を定めた法律です。

廃車になる自動車は年間で350万台とも言われますが、それらは簡単にリサイクルできる訳ではありません。自動車の約80%は有用金属で構成されますが、それ以外のもので言うと特にエアコンに使われる冷媒として充填されるフロンや再利用ができないエアバックなどは解体に専門技術が必要とされる事から、リサイクルの仕組みが整備されている事が非常に重要と言えます。

「廃車=解体=リサイクル」資源を無駄なく再利用する為に、自動車はこのようなサイクルで新たな資源へと生まれ変わっています。

 

リサイクル

役目を果たした自動車でも、ただ潰されるだけでなく可能な限り再利用されてリサイクルされる事が大切である事がわかりました。そしてこの自動車のリサイクルは、環境に配慮した「3R」の考えに基づいて行われます。

 

Reduce(リデュース)

リデュースとはゴミを減す事を指します。廃棄物を減らしていこうという考え方です。

 

Reuse(リユース)

リユースとは、一度使ったものでもゴミにせずに再利用する事を指します。リユースを行う事により、“燃やす”“埋める”といったゴミ処理を減らす事が出来ます。

 

Recycle(リサイクル)

リサイクルとは、使ったものを再利用するリユースとは少し異なり、使い終わったものを再び「資源」の形に戻した上で別の製品に使う事です。それぞれの素材ごとに分別する事で、それぞれがまた新たな資源に生まれ変わる事ができます。

自動車を解体する時には、極力廃棄物を減らすリデュースの考え方の基でパーツごとに分けられ、再利用できるものは再利用、それが難しいものは分別され新たな製品へと生まれ変わるリサイクルへと活用されていきます。

 
 

解体

自動車を廃車(永久抹消登録)にする時には、運輸支局や軽自動車検査協会に「解体返納」を届け出ますが、その際には解体業者が該当の車両の解体作業を終えたという事が証明される「解体報告記録」の情報が必要となります。“解体される”という事はわかりますが、実際にはどのように作業が行われているのか、普段私達が知る事のない自動車の「解体」についてその大まかな流れを紹介します。

 

自動車リサイクル法

先にもお伝えした通り、自動車の解体は「自動車リサイクル法」に基づいて行われます。自動車リサイクル法では、自動車の解体について厳しく規定が設けられており、認められた解体工場で定められた方法にて解体が行われます。

自分で自動車部品をバラバラにする事も「解体」とは言いませんし、町の自動車工場で部品を取る事も「解体」にはなりません。むしろこれらの行為は自動車リサイクル法に則っていない事として“違法”となる場合もあり注意が必要です。

 

解体手順

「自動車リサイクル法」に基づいて行われる自動車解体は、以下の手順で進められます。

  1. 廃車にする車両を解体工場へ搬入する
  2. ネット上で、車両の引き取り報告を行う
  3. 解体工場にてフロンガスの回収を行う
  4. ネット上で、フロンの回収報告を行う
  5. 解体工場にてエアバックの回収・展開処理を行う
  6. ネット上で、エアバックの処理報告を行う
  7. 解体工場で部品の取り外し回収が完了した車両を破砕工程へと搬送する
  8. ネット上で、車両が破砕工程へと進んだ報告を行う
  9. 破砕工程を行う専門業者が車両を引き取る
  10. ネット上で、破砕工程を担当する業者が車両を引き取った事を報告する

 

これらの工程が順番に正しく行われると、解体業者から「解体報告記録」が出され、永久抹消登録(解体届出)の申請を行う事ができます。

また、これにより届出を出したタイミングで車検が1カ月以上残っている場合には加入している保険の種類によって、税金や保険料の還付を受ける事ができます。

 
 

破砕

解体手順の中で出てきた「破砕」ですが、3Rに基づいて車体が解体された後、更に細かいパーツへと分けられる工程です。実際にどのような作業が行われているのか見ていきましょう。

 

破砕手順

 

シュレッダー

その名の通り、部品が取り外された車両が大型の機械に入れられて粉々にされていきますが、この機械がシュレッダーと呼ばれています。

細かく粉々になりますが、この工程の中で[鉄][アルミ][銅]やその他の種別に分別されます。

 

電炉

鉄資源として再利用される為の工程がこの電炉です。車を溶かす為の高熱の炉で、ここに入る前には鉄以外の素材は全て外されている必要があります。電炉にて鉄が熔解されて精錬されると、のちに製鋼再生砕石などが生成されて駐車場整地などのあらゆる用途に再利用されていきます。

 

輸出

資源を無駄なく再利用する為、日本国内だけでなく海外へも素材が輸出されます。部品が取り外され、スクラップされた車両はサイコロ状になった状態で海外へと輸出されていきます。

シュレッダー、電炉、スクラップ、それぞれの工程ごとにかなり大型の設備が必要となる事から、通常この「破砕」工程は解体業者とは別の業者や専門工場で行われます。

また、解体工程でそれぞれの段階ごとにネット上で進捗の報告を登録していたのと同様にそれぞれの工程でネット上への経過登録が義務付けられています。これも車両1台ずつ登録する必要があり、全ての自動車がパーツレベルで最後まで管理されている事がわかります。

 
 

部品

自動車の廃車・解体について紹介してきましたが、それぞれの工程でバラバラになった部品はその後どのように活用されていくのでしょうか。その一例を紹介します。

 

ガソリン・軽油

廃車車両として工場に持ち込まれた時点で車体に残ったままのガソリンや軽油は、解体工場の中で使用するフォークリフトなどの重機の燃料として使用される事が多いです。解体業者の工場内には、その為のガソリンスタンド設備が整っている場合もあります。

 

バッテリー

バッテリーの中には無色透明の硫酸が入っています。解体業者で取り外されたバッテリーは専門の業者に引き渡された後に中の鉛がリサイクルされます。

 

タイヤ

外されたタイヤはそのまま中古部品としてリサイクルされる事もありますし、細かく破砕されて熱源として利用される事もあります。

 

エアバック

爆発を起こす事で展開するエアバックは、再利用や転売が禁止されています。その為、自動車の解体時にも意図的に展開される他、専門の処理業者へとそのまま引き渡される決まりになっています。エアバックだけがネット上で販売されている場合には違法であるケースが殆どですので注意が必要です。

 

エンジン

十分な点検が行われて安全と品質が確認されたものは中古エンジンとして保管され、再び別の車両に活用されます。再利用が難しい場合や車両の型式等の問題で需要が無い場合には、鉄やアルミとしてリサイクルされます。

 
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。普段知る事のない自動車の廃車工程について紹介してきました。一言で「廃車」と言っても、“解体”され“破砕”され、そこには多くの人の手が関わり数々の工程を踏んで新たな資源へと生まれ変わっていきます。愛着を持って乗った車両も、廃車になったその後もきっとどこかで何かに使われている事と思います。放置車両や廃車の不法投棄も問題視されていますが、定められた方法で、しかるべき工程を踏んで私達の地球を守る環境に配慮した3Rの為の廃車を考えていきたいですね。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp