中古車オークション落札・出品代行最安なら「カーオークション.jp」

オークション初めての方
03-6867-8529 受付時間:平日10:00-19:00
中古車オークションなら「カーオークション.jp」

「不動車」の定義や廃車方法・対応方法とは?

動かなくなってしまったマイカーや車検を通さないままになっている車両、走行する事のできない、いわゆる「不動車」についてその定義や廃車・処分の対応方法などを紹介します。

 
 

不動車

“動く事のできない車両”を「不動車」と呼びますが具体的に一体どのような車両が「不動車」となってしまうのでしょうか。まずは不動車の基本について確認していきましょう。

 

不動車とは

公道を走る事ができなくなってしまった車両を不動車と呼びますが、車両が動かなくなってしまう原因には以下のようなものが考えられます。

車両故障

年式が古くトラブルが出てしまう、あるいは事故などで故障してしまった状態から修理を行わずに放置している車両は不動車として扱われます。完全に走行が不可能なケースもありますし、部品の交換など修理をすれば再び走行できるケースもあります。

車検切れ

車両そのものに問題はないとしても、車検を通しておらず車検切れになっている状態の車両は公道を走行する事ができませんので「不動車」の扱いとなります。

エンジンがかからない

車両故障に近いですが、ガソリンが切れている場合や長い間エンジンをかけていない場合、その他にもバッテリーが上がってしまっているなどの理由からエンジンがかからなくなってしまった車両も「不動車」として扱われます。

放置車両

自分の所有車以外でも、例えば近所の駐車場や空き地などに長い事放置されている持ち主のわからない車両も「不動車」と呼びます。外観は綺麗でもナンバープレートが外されている車両など、公道を走る事ができない車両は不動車として扱われます。

 

不動車の修理

例え不動車だったとしても、修理する事によって再び走行できるようになるケースもあります。不動車の中でも廃車にせず修理で対応できるパターンは以下のようなケースです。

燃料切れ

給油が間に合わずエンジンが止まってしまったケースや、エンプティ状態のまま長時間車両を動かさずに保管していた場合にも稀に発生する燃料切れによる不動状態では、単純に燃料を給油すれば走行できるはずです。ガソリンスタンドでの自身によるタンク給油は禁止されていますので、スタンドの店員に対応を依頼する他、ロードサービスに依頼、または走行できる車両に牽引を依頼してガソリンスタンドまで移動させてもらうという方法で再び車両を走らせる事ができます。

バッテリー

自動車に積んでいるバッテリーには寿命があります。予兆がある場合もありますし、ある時突然機能しなくなりエンジンがかからないといった状態に陥ることもあります。特に長期間停車したままになる事が見込まれる場合にはバッテリーの寿命を気にかけ、必要に応じて交換を行いましょう。

エンジン

車の動力となるエンジンに不具合が生じて不動車となっている場合には、修理に多額の費用を要するケースもあります。エンジンそのものを交換するとなれば部品の有無を確認する必要もありますし、修理できたとしても数十万円といった支払いになります。中古車として買取り業者に査定に出すとしても、エンジンが故障していれば値段はつかない可能性もあります。

タイヤ

タイヤのパンク等により車両が動かなくなっている場合には、スペアタイヤへの履き替えか、パンク修理キット等で応急処置を行った後タイヤ交換・修理の対応をしてくれる所へと車両を持ち込みます。タイヤだけの交換であればさほど大きな修理にはなりませんが、事故などの衝撃で足回り全体に影響が出ている場合には走行安全性にも関わりますので、無理に自走せずにロードサービスや買取り業者に引き取ってもらう等の対応が必要です。

 
 

デメリット

何等かの理由で不動となっている車両があったとしても、修理や処分の方法がわからない、あるいは面倒だという理由でそのままになっているケースも珍しくありません。しかし不動車を放置しておく事によるデメリットも多く発生しますので注意が必要です。

 

税金

走行する事の出来ない不動車であっても、自動車を所有しているだけで強制的に税金の支払い義務が生じる事になります。毎年4月1日時点の所有車に対して課せられるのが自動車税車検の都度支払っている自動車重量税も自動車に関わる税金です。もしも保管している不動車が、もう公道を走る予定のない車両、あるいは廃車にする予定の車両なのであれば、手放す時期を先延ばしにしているだけでどんどん支払う税金の額が多くなります。早めに廃車などの対応をし、所有権を手放す事で既に支払っていた分の税金について還付を受ける事もできます。

 

車両価値

不動車でなくても言える事ではありますが、車は古くなる事でどんどんその価値が低下します。日常的に乗っていても、乗っていなくてもその基準は概ね変わりません。希少性の高い車両などは年式が古くなるにつれて価値が上がるケースもありますが、基本的には、手放すなら早いうちに買取り査定を依頼するのがオススメです。

 

保管場所

日常的に使用している車両なら良いですが、そうではない不動車をただ停めておくだけのスペースを有するというのは少々勿体ないものです。所有地でお金がかからないのであればまだ良いですが、駐車場代を支払っているのであればその費用も大きな維持費です。駐車条件や地域差でかかる金額の差は大きいですが、使わない車両をただ保管しておくという事はそれなりのランニングコストがかかっていると言えるかと思います。

 
 

処分・対応

何等かの理由で「不動車」となってしまった自動車が手元にある場合の修理の可否や、もう乗らないのであればできるだけ早く手放すべきである理由などがわかりました。
では実際に、不動車の処分方法について見ていきましょう。

 

中古車販売店

動かす事ができない理由・状態にもよりますが、修理によって再び走行できる見込みのある車両なのであれば中古車販売店に査定を依頼する方法があります。

ここで悩ましいのが、修理をした上で査定に出すのか、そのまま査定に出すのかという点です。修理費用を支払って直したとしても、査定基準はそれほど上乗せされないのであれば修理もまとめて依頼し、買い取ってもらうのが得策でしょう。ただ、そもそも不動車であるという事は、中古車販売店への持ち込みが難しい状態の為出張査定を依頼する必要があると言えます。その際に、修理が必要な箇所や引取りの費用なども合わせて、それぞれの項目別に買取り価格の見積もりを出してもらうと良いでしょう。車両状態によっては査定金額が付かず、無料引き取り、もしくは料金を払って廃車を依頼する事になる場合もあります。

 

廃車

業者に依頼して廃車の手続きを行う事もできますし、自身で解体業者に持ち込んで廃車の手続きを行う事もできます。しかしこの場合も「不動車」という事は自走が出来ませんので、解体工場までの輸送が課題となります。例えば新しい車両を購入する予定があり自動車ディーラーとの付き合いがある場合には、納車のタイミング、あるいは相談をして良きタイミングで、手放す不動車を引き取りや下取りまたは廃車にしてもらうという方法もあります。

 

廃車買取り業者

あまり馴染みはないかもしれませんが、廃車専門の買取り業者に依頼するというのも不動車の処分方法には適しています。中古車販売店や自動車ディーラーの場合、基本的には車両全体で価値を判断する事になる為、どこかに不具合が発生していて走行ができないとなると車両全体の価値が下がる事になります。しかし廃車専門の買取り業者であれば、その車両を廃車にする事を前提にしつつ、まだ使う事のできるものをパーツ単位で価値を判断してくれる為、思わぬ価値が見いだされて高い値段で買い取ってもらえるケースも少なくありません。また、廃車をする車両を引き取るシステムが出来ているので、不動車でも安心して引き取ってもらう事ができます。

 

その他

自分、または家族などが所有している車両が不動車となっていてその処分に困っているのであれば、上記のような方法で対応する事ができますが、注意が必要なのが「放置車両」です。私道や公道などに放置されている誰のものかわからない不動車については、どれだけ長い間放置されているものだったとしてもまずは警察に連絡をして持ち主の確認をする必要があります。警察に連絡をせずに処分に至り、万一その後、該当車両の持ち主が現れた場合には、例え不法投棄車両だったとしても処分した側の罪になってしまうというケースもゼロではありません。自分ではない誰かが所有する不動車の処分には注意を払う必要があります。

 
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。つい放置してしまいがちな、動かなくなってしまった車「不動車」。修理をして再び走行できるなら問題ありませんが、見込みのない場合や修理費用が高額になる場合にはその処分方法などを考える必要があり、少々手間なのも事実です。

しかし、不動車を所有している事は、例え自動車として活躍していなくとも税金は発生し、無駄なランニングコストがかかっている事は否めません。車両状態に適した方法で、損のない対応方法を見極めてくださいね。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp