TEL.03-3586-1522info@car-auc.jp

ミニバン?ライトバン?商用車?乗用車?何が違う?

例外もありますが普通、マイカーとして所有されるクルマは、そのほとんどがいわゆる乗用車ですよね。乗用車とは、セダンやコンパクトカー、ワゴンにミニバンなどのこと。形に違いはあれど、乗員を快適に運ぶことを主な目的としたクルマのことです。
 
対して乗員よりも、荷物を運ぶことを主な目的としたクルマが、いわゆるライトバンなどバンやトラックといった貨物車。わざわざ商用車・貨物車をファミリーカーにする理由はありませんよね。
 
例外として、日本ではなくアメリカでは、本来は貨物車であるピックアップトラックを、マイカーとする文化がありますが、日本ではそんなケースはあまり多くありません。
 
もっともアメリカのピックアップトラックは、いかつくて、ゴージャスなSUVといったイメージ。貨物車というよりも乗用車的な位置づけです。なのであれば形こそトラックですが、乗用車としてとらえるのが正しいでしょう。
 
トラックではなくライトバンは通常は仕事のために使われるもの。特別な思い入れや使用環境の都合(自宅の車庫に一台しか置くことができないなど)、明確な目的(アウトドアスポーツの足に使っている)がなければ、貨物車であるライトバンやトラックなどをわざわざマイカーとして選ぼうという方は多くないのではないかと思います。
 
 

形は似ていても、ナンバーを見れば簡単に見分けることができる

 
beer

(出典:日産)

 
では、乗用車と貨物車・貨物車の違いとはなんでしょう。まず現在、日本におけるファミリーカー、乗用車の主役といえばミニバンですよね。対してもっとも身近な商用車・貨物車の代表といえばライトバンですね。
 
ちなみにライトバンのことを、ステーションワゴンスタイルの貨物車のこと、と思われている方もいますが、実は有蓋(つまり屋根のある)の小型貨物車全般を指したものです。そして、屋根の無いのがトラックですね。
 
なのでミニバン型(日産のNV200など)のものや1BOXタイプ(トヨタのハイエースなど)、さらに軽自動車の2BOXスタイル(ススキのアルトなど)もあって、これらは全てライトバンというわけです。
 
トラックとセダンなら、乗員スペースと荷室が明確に分かれているので乗用と貨物のその違いが分かりやすいですが、ライトバンとなると、乗用車との差が分かりにくいですよね。特にミニバンとミニバンスタイルのライトバンとなるとパッと見は違いが分かりません。名前もミニ(小さな?)バンと、ライト(軽い?)バン。とても似ています。クルマに詳しくない人なら、おそらくその違いは分からないでしょう。
 
でも、実は簡単に見分ける方法があります。それはナンバーを見ること。乗用車なら3ナンバーや5ナンバーで、商用車・貨物車の場合は1ナンバーや4ナンバーとなります。
 
なので、同じ車体を使い、バン(商用)とワゴン(乗用)など、乗用と商用をカタログにラインナップしている場合、例えば日産のNV200バネット、ダイハツのハイゼットキャディなども、そのナンバーを見ることで簡単に見分けることが可能です。
 
 

商用車(貨物車)と乗用車 その特長と違いとは

 
6aef759e1300c5358b605720f09bd0ab_s
 
じゃあ同じ車体でバンとワゴンがラインナップされている場合、その違いはナンバーだけなのかというと、もちろんそんなことはありません。形こそ同じ(に見えます)ですが、ライトバンは、中身はあくまでバンなので貨物車に特化した構造や装備になっています。
 
まず、貨物を積むために、荷室の作りが簡素で頑丈になっています。またサスペンションなども、重い荷物を積んでも安全に走行が可能なように強化されています。その分足回りは固く乗用車のような快適な乗り心地は得られません。
 
さらに装備もオーディオはAM/FMラジオだけだったり、エアコンもマニュアルのみなんてことも当たり前。ものによってはパワーウィンドウやオートドアロックが付いていないものもあります。
 
加えてコストのかかる自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)なども、オプションでも設定されていないなど、装備面でかなり見劣りすることが多いです。その分安いのですが。
 
そして一番の違いは、なんといっても居住性。商用車・貨物車の場合、荷室フロア面積が1㎡(軽自動車は0.6㎡)以上で、後席使用時は後席の面積より荷室面積の方が大きいこと。さらに後席使用時、後席乗員重量より荷室に積載できる重量のほうが大きいこと、という規定があります。
 
つまり、よほどリアのスペースが広大でない限りは、後席はおまけレベルのスペースしか確保できない。それにシートの作りも表皮がビニールで、折り畳めるような簡易的なつくり。加えて背もたれも低く、角度も直角に近くて、家族乗せれば苦情が出ることは間違いなしです。
 
でも、そもそも貨物車なのですからそれは当然ですよね。こういったスペックを見るとファミリーカーとして使用するのは中々厳しいものがあるというのが正直なところ。
 
 

ランニングコストの安さから軽ボンネットバンが一時期ブームに

 
beer

(出典:スズキ)

 
では、そんなライトバンを、マイカーとして使用するのはおかしいことなのでしょうか?決してそんなことはありません。例えば1980年代、軽自動車の商用車、いわゆる軽ボンバン(ボンネットバン)が大きな人気を呼びました。なぜか?それはランニングコストが非常に安かったから。当時はまだ消費税が導入されておらず、クルマなどのいわゆる贅沢品に対しては物品税が課せられていました。
 
例えば乗用車は贅沢品だから15.5%の物品税がかかり、対して働くクルマであるバン(商用車・貨物車)は生活のための必需品だから非課税だったのですね。経済性を重視する軽自動車ユーザーにとってこの差は大きいです。
 
さらに、当時、軽自動車はバンであっても乗用車と同じ2年車検(現在は一年ごとの車検です)でした。加えて自動車保険も安い。ここに目をつけたのがスズキです。
 
するとそれが一大ブームとなり、一気に火が付いたのです。やがてダイハツのミラ、ホンダのトゥデイなども続き、お得な軽ボンバンをセカンドカーとして購入することがちょっとしたブームになったのです。
 
しかし、やがて消費税が導入され、車検も1年となり、メリットが薄れてしまうと、軽ボンバンのニーズはあまりなくなります。もともと低価格のため装備も貧弱で動力性能も最低限。セカンドカーならいいけれど、ファーストカーにはつらいということで、軽ボンバンブームは収束していきました。
 
今ももちろん軽ボンバンはカタログにラインナップされています。しかし、そのニーズは社用車ユースが主なものになっているようです。価格はやはり今もリーズナブル。例えばアルトの場合、乗用のセダンは84万7,800円~に対して貨物車であるバンなら69万6,000円~。200万円にもなる軽自動車がある時代。あえて、今、そんな低価格な軽ボンバンに注目してみてはいかがでしょう。
 
 

シンプルで実用的。ミニマルなクルマ ライトバンをあえてマイカーに

それにブームこそ終わりましたが軽を含めてライトバンのランニングコストの安さというメリットは今も変りません。例えば自動車税は、ライトバンで最大積載量1トン以下排気量1,000超、1,500cc以下の場合、年間1万4,300円です。対して乗用車の場合排気量1,000超、1,500cc以下だと年間3万4,500円です。その差は2万200円。
 
さらに車検ごとにかかる重量税は同じ条件で乗用車が2万4,600円(2年)でライトバンなら6,600円(1年)。差額は同じ2年で比べると1万2,600円です。意外に小さくないですよね。また、任意保険なども、商用車・貨物車の場合、年齢条件がないので26歳以下の若い方ならむしろ乗用者よりも安く契約できるのです。
 
そんなところに目をつけて実用に徹してマイカーにライトバン選ぶ方もいます。もともとの価格が安い分、自分なりにカスタマイズを自由にできるかもしれません。また、華美な装飾がなく外観もインテリアも実用的でシンプル、という点もむしろミニマルなクルマであると、ポジティブに捉えることもできるでしょう。
 
それにシャシーやサスペンションも頑丈で耐久性が(比較的)高いというのもバンならではの特徴です。
さらに基本商用車なので、流行に左右されることが無いので多少古くても、走行距離がかさんでいても、リセールバリューが高いというのもメリットです。
 
アウトドアスポーツなどを趣味にされているなら、汚れを気にせずスポーツギアなどをたくさん積めるのもよい点ですよね。そう考えると、ライトバンを、あえてマイカーに選ぶというのも悪くはありませんよね。
 
確かに車検を毎年受けないといけないわずらわしさはありますが、いわゆる乗用車とは違った魅力があるのも確か。バンだし、貨物車だし、乗用じゃないから…、と頭から決め付けず、自分の使用環境、条件などを考えて、ライトバンをマイカーの選択肢に加えてみる価値あるかもしれません。