TEL.03-3586-1522info@car-auc.jp

スリップ事故を起こしてからでは遅い 正しく使おうタイヤチェーン

雪国でもないのに、いきなり予想を超える大雪に見舞われるなどということが、ここ最近の冬、日本中でおきています。もともと雪に対する耐性のない東京のような都市部では、わずかな雪でも交通は大混乱。それなのに、大雪となれば道路だけでなく鉄道や流通などもあっという間にマヒ状態に陥ってしまいます。その慌てるさまは、ニュースなどを見てきっと雪国の人は笑っているのかもしれません。都会は特に雪に対する備えができていないので仕方がないのですが。
 
つい数年前にも東京で大雪が降りました。その時にも、大きな幹線道路のそこかしこに、雪で立ち往生したまま乗り捨てられたクルマによる大渋滞が見られました。おそらくスタッドレスタイヤを装着していなかったのでしょう。そのおかげで筆者は帰宅の際に渋滞にはまり動けず、さらに遠回りを強いられて、気づけば日付が変っていたなどという嫌な思い出もあります。
 
そんな大雪の機会が増えたこともあってか、最近では、比較的万が一に備えてタイヤを早めにスタッドレスに交換しておくという懸命な方が増えているよう思われます。
 
最新のスタッドレスタイヤなら、雪道やアイスバーンなどでもそのグリップ性能は抜群。舗装路でも十分なブレーキ性能を確保してくれるため、雪があっても、なくてもストレスなく走行することできますから、ウインターシーズンはスタッドレスで過ごすというのが間違いないですね。
 
でも、ちょっと注意して欲しいのが、スタッドレスタイヤは万能ではないということ。ちゃんとスタッドレスタイヤを履いているからタイヤチェーンは不要でしょ!なんて勘違いしてはいけません。
 
 

スタッドレスを装着していてもチェーン装着が必須となることも!

 
9ddf20ae9466247e33007cf69932490c_s
 
高速道路では、雪のリスクが懸念される冬場、冬用タイヤ規制やチェーン規制などが実施されることがあります。この場合、タイヤチェーンを装着するか、スタッドレスタイヤ(またはスノータイヤ)を装着していれば、問題なく走行が可能とされています。
 
しかし、特に降雪量が多い場合や、路面の状態が著しく悪化した場合には、緊急措置としてそれよりもさらに厳しい『全車両チェーン装着規制』が行われることもあるのです。そんな場合は、スタッドレスタイヤなどの冬用タイヤを履いていたとしても、そこに、さらにチェーンを装着しなければ走行することができないのです。
 
このような万が一の事態は、いつでもありえます。特に最近はゲリラ豪雪のようなことも珍しくありませんから、スタッドレスタイヤを装着していたとしても、チェーンは車に積んでおいたほうがリスクを避けられるでしょう。
 
ではどんなタイヤチェーンを選べば良いのでしょうか。まず、タイヤチェーンにはどのようなものがあるのか?紹介します。最も一般的なのは昔からある金属チェーンですね。
 
金属チェーンはその名の通り金属の鎖で出来たチェーンで、形としては亀甲(亀の甲羅)型やラダー(はしご)型などがあります。ラダー型は種類が多く、対応するタイヤサイズも豊富です。そして価格も比較的手ごろなのもポイント。ただし、タイヤの回転方向に対して交差する方向にのみ鎖が配置されるので、縦方向のグリップ力は十分なのですが、横方向へのグリップ力が弱いという欠点があります。
 
対して亀甲型の場合は、トレッド面に亀の甲羅上に鎖が配されるので縦と横、両方にグリップ力を発揮します。またラダー型に比べれば乗り心地の面でもよいとされています。ただし対応するタイヤサイズはラダーサイズほど豊富ではなく、また価格も少し高くなります。
 
金属チェーンは全般的に寿命にも優れているとされていますが、雪のない舗装路を走行すると切れやすいという欠点があります。また、乗り心地は期待できず騒音も大き目。
 
装着の手間に関しては昔のような面倒な手間は少なく、高性能のものなら後述する非金属チェーンよりも優れているものも中にはあります。また、重量はありますがコンパクトに収納できるというのも大きなメリットでしょう。
 
 

品質や性能の基準も明確!静かで快適な非金属チェーン

 
beer

(出典:MOBY)

 
金属チェーンに対して、ゴムやウレタン樹脂でできているのが非金属チェーンです。その特長は金属チェーンに比べると乗り心地や走行時の静粛性に優れていること。種類も豊富で対応する車種も幅広いです。装着性に関しては金属よりも比較的簡単な場合が多いです。
 
非金属チェーンは、金属チェーンよりも耐久性に劣る、とされていますが、乾燥した舗装路ではむしろ金属チェーンよりも切れにくいというメリットをもっています。ただ、価格的には金属チェーンよりも少し高めです。収納時にもスペースを取るものが多いのでトランクでジャマになってしまうこともあります。
 
そして、非金属チェーン(とケーブル式タイヤチェーン)は、性能に関する明確な基準が作成されていて、その審査を行う機関がJASAA(ジャサ・日本自動車交通安全用品協会)。このJASSAによって認定されたチェーンにはSマークが貼付されているのでSマーク付きのモノを購入すれば品質や性能に関しては安心ということです。
 
また、このJASSA認定品の非金属チェーンは、関越トンネルでも、チェーンを装着したままで走行することが可能です。関越トンネル内は冬場でも夏タイヤでも走行できるため、金属チェーンの場合はトンネルに入る前のパーキングなどでチェーンを外し、トンネルを抜けたらまたパーキングなどに寄ってチェーンを装着するといった面倒くささがあります。それがなくなるのはメリットといえるでしょう。
 
このほかに、緊急的に使用できるものとして、特殊な繊維で出来た布カバータイプのタイヤチェーン(実際には鎖ではないですが)というものもあります。
 
タイヤの上からかぶせるだけでスタッドレスタイヤ以上のグリップを発揮するというアイテムですが、あくまで緊急用。手軽な分雪道使用で、100kmから150km程度の耐久性しかないといわれており、チェーン規制時には使用できない場合もあるとされています。
 
こちらはあくまでいざというときのエマージェンシーアイテムと思っておくのが正解でしょう。金属チェーンや非金属チェーンのような繰り返し使用目的には適していませんので別物ですね。
 
 

タイヤチェーンは必ず事前に装着を試しておくべし

最近のチェーンは金属であっても装着簡単タイプが多いのですが、だからといって、いざというときに誰もがスムーズな装着ができるとは限りません。気温の低い雪の中、手先は寒さでかじかみ、足元は溶けた雪でぐちゃぐちゃ、それが夕方ならば視界だって悪い。
 
そんなシチュエーションで、装着の説明書を見ながらチェーン装着するのは思った以上に大変です。実際に使用する前に自宅の駐車場などで必ず装着方法を確認しておきましょう。そしてチェーンとあわせて軍手やゴム手袋、スコップや新聞紙、ビニールシートなども用意しておきましょう。
 
そして、できれば予習として装着を試してみるのがオススメです。その際にちゃんとチェーンのサイズがタイヤとマッチしているのか?チェーンとタイヤハウスのクリアランスも問題ないかなどもしっかり確認しておきます。いざというときに現場で装着できなかった!では済まされません。事前に確認しておけばそんな事態も防げます。
 
いうまでもありませんが、タイヤチェーンは、駆動輪側に装着します。FF車ならもちろん前輪で、FR車なら当然後輪です。では、4WD車の場合はどうするのか?基本は、そのクルマがFFベースの4WD車(例えばカローラやレガシィなど)かFRベースの4WD車(スカイラインやマークXなど)かで装着するタイヤが変ります。FFベースなら前輪で、FRベースなら後輪ですね。分からない場合はクルマの取扱説明書を確認してください。
 
そしてチェーンを装着しても運転は慎重に行います。いうまでもなく急発進、急ハンドル、急ブレーキは厳禁です。自分のクルマが雪上でしっかりコントロールできても周りを走るクルマが同じように対応できるとは限りません。
 
さらにスピードにも気をつけてください。金属チェーンであれば、20~50km/h程度、非金属タイプでも40~70km/hくらいが速度の目安とされています。しかし、スピードを上げればそれだけチェーンへのダメージが増えるので、周囲のクルマの速度にあわせて30km~50km以下に速度を落として走るのがよいでしょう。
 
そして雪道を抜けたら、面倒がらずにチェーンは外してください。チェーンはあくまで雪上の走行を想定して作られています。乾燥した路面ではチェーンに大きなダメージとなり金属チェーンなら走行中に切れる危険性が高まります、また道路にも無駄なダメージを与え、路面を荒らす原因になってしまいますので注意が必要です。
 
また、あまり意識されていないかもしれませんが、チェーンにも寿命があります。およそ5年程度のサイクルで交換するのがよいとされています。クルマを購入した際にあわせて買っておいて、しばらく使っていないなら、そろそろ交換のタイミングかもしれません。ここぞ、というタイミングでチェーンが役に立たない!なんてなったら最悪です。そんな事態にならないように、雪が本格的に降り出す前に、チェーンの準備と確認をしっかり済ませておきましょう。