中古車オークション落札・出品代行最安なら「カーオークション.jp」

オークション初めての方
03-6867-8529 受付時間:平日10:00-19:00
中古車オークションなら「カーオークション.jp」

ガソリン車との違いはどのくらい?ハイブリットカーの寿命とは。

地球環境保護が課題視される現代において、自動車に関しても環境に配慮した電気自動車やハイブリッドカーが広く普及し始めています。
 
ガソリンだけでなく、電気の力も使って走る事のできるハイブリットカー。高い性能を兼ね添えた自動車ではあるものの、その複雑なシステムからか“寿命が短い”という噂も広がり、中古市場においては特に注意深く検討しなくてはならない車となっています。
ここでは、そんなハイブリットカーのシステムや寿命、中古車買取り・販売の豆知識について紹介します。
 
 

ハイブリットカーの仕組み

ハイブリットカーの仕組み
 
ガソリンでも走るし電気でも走る事ができる。そんなイメージのハイブリットカーですが実際はどのような仕組みで走行しているのかご存知ですか?まずはハイブリットカーの仕組みについて紹介します。
 

ハイブリットとは

まず、ハイブリットという言葉の定義をおさらいします。“ハイブリット”とは、あるものとあるものの掛け合わせであり、異なる要素が混ざり合っている事を表しています。
 
よってハイブリットカーというのは、2つ以上の動力源となる原動機を搭載した自動車の事を指します。ハイブリットカーと呼ばれる自動車には通常、ガソリンで動くエンジンと電気の力で稼働するモーターが搭載されています。
 

ハイブリットカーに搭載されているもの

ハイブリットカーに搭載されているもの
 
通常、自動車にはエンジンが搭載されており、ガソリンを燃料としてエンジンが稼働する事で走行が可能となります。このシステムに加えてハイブリットカーには電気の力で車を走らせる為の駆動用モーターと、その電池を蓄えるためのバッテリーが搭載されています。
 
そして、これは車種にもよりますがブレーキ時に発生するエネルギーを電気エネルギーとして蓄える事の出来る「回生ブレーキ」という機能が搭載されている場合が多いと言えます。このシステムが搭載されている事により、ハイブリットカーは電気自動車と違って充電するという工程が人の手では不要となっています。
 

走行方法

ハイブリットカーの走行方法、駆動用モーターの活用方法については各メーカーによりシステムが様々です。ここでは一般的に認知度も高いトヨタのプリウスのシステムについて説明しましょう。
 
ガソリンを使いエンジンの動力で走る時と、バッテリーからの電力を用いてモーターを使って走る時と、あるいはその両方を使って走る時の3パターンが考えられます。
 
3パターン
 
これらの使い分けについては基本的に自動車のシステム側が適時エコなモードを判断して切り替えてくれるので、人が判断しなくてはならない事はありませんが、搭載されている切り替えスイッチなどを使うと、バッテリーからの電力でモーターの力だけで走りたい、あるいはガソリンの力でエンジンだけで走りたいといった希望も、条件を満たしてさえいれば可能となっています。
 

得意の走行シーン

得意の走行シーン
 
エンジンとモーターの切り替えは自動車のシステムが自動的に判断するのが通常ですが、その基準は基本的には決まっています。なぜならエンジンにもモーターにもそれぞれ得意な走行シーンがあるからです。
 
得意な走行シーン
 
まずモーターが得意とする走行シーンは「低速走行時・走り出し時」です。ガソリンの力でエンジンが動き、その動力が駆動タイヤに伝わるまでの時間よりも、バッテリーからの電力を用いてモーターを動かした電力が駆動タイヤに伝わるまでの時間の方が短いと言われています。その為例えば信号待ちからのスタートや低速走行時、あるいは急な加速時にはエンジンよりもモーターの方がもたつきのないスピーディな走り出しを期待する事ができます。
 
次にエンジンが得意とする走行シーンは、ある程度スピードが出てからの加速時です。モーターの力では足りない領域の走行については、エンジンのパワーを活用する方が適しています。高速道路などでしっかりと踏み込んで走行する場合にはモーターではそれほど早いスピードで走行する事はできません。グッっとアクセルを踏み込んで力強く加速したい場合にはエンジンでの駆動が適しています。
 
モーターの力とエンジンの力の両方を必要とするシーンは、急な加速時や高速道路などでの追い越し時です。エンジンの駆動力とモーターの駆動力を合わせる事によって、よりパワフルでスピーディな走行が可能となります。
 
 

ハイブリットカーの寿命とは

ハイブリットカーの寿命とは
 
ハイブリットカーには、ガソリンで動くエンジンと電気の力で動くモーターの両方が搭載されている事がわかりました。
ではそんなハイブリットカーの寿命について紹介していきます。
 

「ハイブリットカーの寿命は短い」は都市伝説⁈

携帯電話が普及するようになり、私達の生活にバッテリーが浸透し始めました。そして起こるトラブルでは、過充電によるバッテリーの機能低下や高温・破裂などの事例も多く発生し話題となりました。この影響もあってか、自動車に搭載されているバッテリーも機能低下や劣化が懸念され、ハイブリットカーの寿命は短いと噂されるようになり人々へのイメージとして定着してしまいました。
 
ですが多くの自動車メーカーが、ハイブリットカーの保証期間を5年または10万kmまでと定めており、もしもの時には安心して補償が受けられる仕組みになっています。日常的に長距離走行を行う事のない一般的な車の使い方であれば、一年間に走る走行距離は1万㎞以下が平均的です。その10倍の走行距離までをも補償するのですから、メーカーとしてもそれだけハイブリットカーの性能低下については問題視していないという事になります。
 

電池の種類の違い

ハイブリットカーでも、搭載しているバッテリーの種類は様々です。例えばトヨタのハイブリットカーに搭載されている最新のバッテリーはニッケル水素電池。通常寿命は10年以上と言われており、万一の事があっても交換費用は20万円前後です。
 
ホンダが採用するハイブリットシステムで搭載されるバッテリーはリチウムイオン電池を利用したもの。寿命は7年程度とされ、修理費用は25万円前後です。スズキがハイブリットコンパクトカーに採用しているバッテリーはこちらもリチウムイオン電池ですが、大容量バッテリーとしながらも寿命は5年以上を保証。保証外交換費用を概ね12万円程度と定めています。
 

実例

実際のところ、ハイブリットカーであるから早々に自動車の寿命が来て乗れなくなるといった事例はほとんどないと言います。仕事で長距離を走行する方やタクシーの運転手など、いわゆる長距離走行車を持つ方に意見を行くと10万km以上を全く問題なく走っているという声がほとんどです。
 
車種により定められているバッテリーの寿命期間は異なるものの、我々に浸透している“ハイブリットカー”は寿命が短いという固定概念は拭い去った方が賢明であると言えます。
 
 

ハイブリットカーを売りたい時、買いたい時

ハイブリットカーを売りたい時、買いたい時
 
乗っていたハイブリットカーを何等かの理由で手放したい、あるいはこれから車を購入するが中古でハイブリットカーを検討している。そういった場合に買取り価格や購入価格を左右するハイブリットカーのポイントについて紹介します。
 

年式に対する走行距離

ガソリン車の場合は、単純に走行距離があまり多くない方が状態が良好と判断され、売りたい時には高く売れるし、購入したい時にはそれなりに値段が張りますが安心が付いてくるものです。
 
しかしハイブリットカーでは、登録初年度からの経過年式に対しての総走行距離が短い場合は逆に注意が必要であるとされています。
 
ハイブリットカーに搭載されているバッテリーは、車を走らせる事で充電と放電を繰り返しています。ですがあまりに走行距離が少ない車の場合、ほとんど乗っておらずバッテリーを稼働させない状態で長く放置している時間が多いという事になります。
 
これは、バッテリーにとってはあまり良い事とは言えません。性能を維持し続ける為にも、ある程度定期的に走行し、ハイブリットシステムを動かしている事が大切であると言えます。
 

足回りの劣化・消耗品

足回りの劣化・消耗品
 
ハイブリットカーはそのシステムを搭載している分、ガソリン車と比較すると車両重量が重たくなる傾向にあります。これは純粋にその分の重さが足回りへの負担に直結する為、しっかりとした整備・点検が必要であると考えられます。
 
特に回生ブレーキを搭載している車種ではブレーキパッドの減りが薄く、削れは少ないので交換はしていないものの表面がツルツルになってしまっており異音が生じるなどのトラブルの発生が考えられます。ガソリン車よりも、特に足回りにはしっかりとメンテナンスを施しましょう。
 
 

最後に…

いかがでしたでしょうか。環境に優しい、エコであるというイメージのハイブリットカーですが、ただエコカーなだけではなく、ハイブリットならではの仕組みやメリット・デメリットを知ると、より楽しく乗る事ができる車です。
乗っていた車を手放す際にも、中古車を購入する際にも、ハイブリットカーの特徴をしっかりと理解し、損の無い取引が進むよう心がけましょう。

中古車を1番安く購入するなら絶対カーオークション!

  • オークション初心者でも簡単マイページで1CLICK入札!
  • 業者しか見れないオークション出品車を自由にチェック
  • 入札無料だから希望のクルマを落札するまで利用できる!
カーオークション.jp