TEL.03-3586-1522info@car-auc.jp

低走行車両

low_running01

中古車を買うときにいままでの走行距離を気にされる方は多いと思います。同じ価格で走行距離10000kmのものと50000kmならば、よほど使い古した車が好きでもない限りは10000kmの車を選ぶことでしょう。

 

しかし、走行距離の長い車が必ずしも自動車として劣っているとは限りません。長く使われている車でもきちんとメンテナンスが行われている車は買ってから長持ちしますし、その逆もしかりです。

 

とはいえ、やはり平均値に注目すれば低走行距離の車の方が長持ちするのは事実。買ってから長持ちする車がほしいなら、低走行距離の車を買うようにするといいでしょう。

 

目次

  1. 低走行車両の魅力とは?
  2. 低走行車両の注意点

 

低走行車両の魅力とは?

さて、今回は低走行車両の魅力、買う際の注意点などを解説していきたいと思います。低走行車両の定義は人によってまちまちだと思いますが、今回は10000km以下の車を低走行車両としたいと思います。

 

新車に近い車両

低走行車両の一番の魅力は、やはり何とっても新品に近く、購入してから長い間使えることです。

 

特にワンオーナーの低走行車両は丁寧に扱われていた可能性が高く、新車とほぼ同じ状態で手に入れることができます。それでいて価格は新車と比べて大分安いので、予算はあまり取れないけど新車に近い中古車がほしいと考えている人にとっては魅力的な車両といえます。

 

ほぼ新車と同じクオリティでありながら、価格は新車よりも大分安い。それが低走行車両の一番の魅力です。

 

特にその傾向が顕著に出るのが輸入車です。輸入車は一般的には国産車ほど長く乗れません。と言っても、別に輸入車の質が悪いというわけではありません。輸入車は故障した場合に部品を取り寄せなければいけないため、修理に費用が掛かるのです。そのため、「修理するよりも買い換えたほうが安い」という状況が、割と早い段階で訪れます。修理にかかる費用が新しい中古車を買うよりも損となっては話になりません。

 

エンジンのパワーについて

低走行車両中古車を売りたい業者などは「それなりに走っている車の方がかえって調子がいい」などという売り文句を言ってくるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。エンジンやATは走れば走るだけどうしても消耗します。どんなに丁寧に乗っていたって、劣化するものは劣化します。走行距離が長い車というのは、どうしても故障するリスクが高くなるわけです。

 

確かに、前のオーナーが丁寧に乗っていて、定期的なメンテナンスを受けていれば、多少は長持ちするかもしれません。しかし、我々素人には前のオーナーがどんなメンテナンスをしていたかなんてわかりません。ましてやカーオークションは現物を見ないで買うものです。高走行の車は、全体的に見ればリスクが高い買い物といえます。

 

内装、外装もキレイな低走行車両

また、低走行車両のもう一つのメリットとして、内装・外装の美しさが挙げられます。低走行ということはそれだけ前のオーナーが使っていないということであり、当然中も外も新品とあまり変わらないということになります。一方、高走行車両は一見きれいに見えても、やはり車体には細かい傷がたくさんついており、内装もどことなく汚れているものです。

 

もちろん中には状態のいい高走行車両もあるかもしれませんが、そんな車がオークションに流れてくることは稀です。

 

いつ流れてくるかもわからないものを待つくらいだったら、早く低走行車両に決めてしまった方がいいと私は思います。

 

価格の安さ

そして最後のメリットは価格が新車と比べてかなり安いこと。低走行車両は低走行といえども立派な中古車であり、新車ではありません。そのため新車と比べればかなり安い費用で購入することが可能です。しかし、よくよく考えてみれば新車と数千kmしか走っていない車に差なんてあまりありません。

 

最近の車は燃費も頑丈さも向上していますし、大切に乗ってやれば十分に長持ちします。たかが数千kmなんて誤差みたいなものです。それでいて新車よりもかなり安く購入できるのですから、これはお得としか言いようがありません。

 

低走行車両の注意点

 

走行距離の改ざん

低走行車両次に低走行車両を自動車オークションで購入するにあたっての注意点です。自動車オークションで車を買う際に一番心配なのが、走行距離の改ざんです。自動車オークション会場には、走行距離をチェックするシステムがあるため、基本的にはオークションに走行距離を改ざんした車が流れてくることはありません。

 

しかし、それでも人間のやることですからどこかに穴はあります。自動車オークションで走行距離を改ざんした車をつかまされる可能性は、決してゼロではありません。

 

ワンオーナーの車両に注意

特に危険度が高いのは一度もオークションに出品されていない、いわゆるワンオーナーの中古車です。現在の業者オークションでは、一度オークションに出品された車については走行距離のデータがオークション会場に残ることになります。

 

つまり、一度でもオークションに出品された車は、その後いくらメーターを改ざんしていても、すぐにばれてしまうということになります。逆にいえばオークションに一度も出品されていない車の走行距離のデータについては、オークション会場は持っていないわけです。

 

つまり、一度もオークションに出品されていない車は、走行距離を戻してもばれない可能性がいくらかあるというわけです。

 

とはいえ、その可能性はあくまあで「ゼロではない」ものの、実質的にはほぼゼロともいえます。そんなリスクを背負ってまで走行距離を戻すような業者は、現在はほぼ絶滅しています。また、万が一怪しい車をつかまされた際には、日本オートオークション協議会の相談窓口などに相談することも可能です。これでもまだ万全ではないとおっしゃるかたもいるかもしれませんが、それは仕方のないことです。

 

少なくとも中古車ショップで直接買い付けるよりはメーターをいじられるリスクは低い買い方であるといえます。

 

代行業者を活用する

それでもまだ心配だという方は、自動車オークションの代行業者に「メーター改ざんがないかとても心配である」という旨を伝えてください。

 

オークション代行業者の人間はオークション前に車に直接触れることができるため、怪しそうな車(たとえば、走行距離が短い割にやたらと傷が多い車)などはきちんと避けてくれます。

 

ちなみに、業者がメーター戻しをしていないかチェックするときにまず確認するのが「点検整備記録簿」です。整備記録簿とは車の点検を行った際に発行される証明書のようなものです。点検にはお金がかかります。点検整備記録簿があるということは、それだけ前のオーナーが自動車のメンテナンスをしっかりと行っていたという証拠でもあるわけです。

 

また、できる業者はペダルについても厳しくチェックするみたいです。普通は10000kmも走っていれば、それなりにペダルも傷ついてきます。しかし、走行距離を改ざんしている車のペダルの多くは、「走行距離以上にボロボロ」か、もしくは「交換された新品」であることが多いようです。

 

もちろん、走行距離以上にボロボロなのは走行距離を改ざんしているため。交換された新品であるのは、そのことを隠すためです。我々素人には判断がしづらい部分ですが、ちゃんとしたオークション代行業者はそういうところもきちんとチェックしているわけです。

 

そして何より大事なのは、少しでも怪しいと思った車には手を出さないようにオークション代行業者に依頼すること。

 

中古車は決して安い買い物ではないので、「迷ったらやめる」ぐらいの精神で臨むのが一番です。