TEL.03-3586-1522info@car-auc.jp

中古車業界の事故車基準に注意

accidentcarstandards_p01
事故車は自動車業界では、「修復暦車」と呼びます。修復暦車の定義は「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復暦のあるもの」 と規定されています。簡単に言えば、自動車の骨格(フレーム)に当たる部位の交換や修理をした自動車が事故車、すなわち修復暦車です。たとえば、世間ではちょっとした衝突事故でドラミラーが曲がり、それを修復した場合にも事故車ということがありますが、これは自動車業界では修復暦車とは言われません。

 
もう少し詳しく解説すると、
(1) フレーム (サイドメンバー)
(2) クロスメンバー
(3) インサイドパネル
(4) ピラー
(5) ダッシュパネル
(6) ルーフパネル
(7) フロア
(8) トランクフロア
(9) ラジエータコアサポート
のうち、(1)~(8)に損傷があるもしくは修復がある、あるいは(9)が交換されており、なおかつ隣接する骨格部位に曲がりやへこみ、その修理暦があるものを修復暦車といいます。

 

目次

  1. 修復暦車の価値
  2. もし事故に有ったら
  3. 修復暦のある自動車を購入する際には
  4. 修復暦のある自動車の見分け方
  5. 修復歴車をつかまされたら
  6. 修復歴車を売る場合
  7. 水没車ってどんな自動車?
  8. 水没車をつかまないために

 

修復暦車の価値

accidentcarstandards_p02修復暦車の価値は、残念ながらそうでない自動車と比べて極端に低いといわざるを得ません。事故車という言葉が持つ力はすさまじく、そのイメージが商品価値を低下させるため、一般の購入者も中古車買取業者も、修復暦車を激しく嫌います。再販に当たってはかなりの値引きをしないと売れないため、当然買取価格も安くなります。

 

もし事故に有ったら

修復暦車の市場価値が低いことはお分かりいただけたと思います。これを機に「いつか自動車を売るとき高く査定してもらうために、自動車にはもっと気を付けて乗ろう」と思っていただければ幸いなのですが、残念ながら自分が注意するだけでは防げない事故もあります。他人が自分の車に突っ込んで来たらどうしようもありません。

 
もし万が一相手に過失がある事故に巻き込まれたら、修理代を受け取るのは当然ですが、それ以外に自己減価額も請求する必要があります。自己減価額とは、その自動車が修復暦車になったことにより下がった査定価格を穴埋めするためのものです。修復暦車にならなければ将来もっと高い価格で売れたのですから、その差額を相手に請求するのは当然といえます。もし事故にあった場合には、日本自動車査定協会に「事故減価額証明書」を発行してもらいましょう。

 

修復暦のある自動車を購入する際には

修復暦のある自動車をそれと知ってて購入する際の注意点です。当サイトでは基本的にはそもそも修復暦車を買うこと自体をお勧めしません。修復歴があってもきちんと修理されていればいいんじゃないか?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、必ずしもそうとは言えません。損傷が骨格全体に広がるので、その後一部分だけ修理しても、一度事故にあって歪んだ自動車は決して元のカタチには戻りません。

 
自動車は大変精密で繊細な機械ですから、ちょっとフレームがゆがむだけでも車本来の能力を発揮できなくなる恐れがあります。確かに修復暦車はそうでない自動車と比べればかなり安いですが、だからと言って飛びつくのはどうかと思います。

 
それでも修復暦車がほしいんだ!という場合には、なるべく修復歴が軽いものを買うようにしましょう。現在の修復技術は高く、軽い修復暦ならば問題が起こることはあまりありません。ただし、店によってはいい加減な修理を行っているところもありますから注意が必要です。特にやたら安い車ばかり並べている中古車屋には注意が必要です。どこかから事故車を適当に引っ張ってきて、見た目だけ修理して売っている可能性があります。

 
ちなみに、自動車というものは前よりも後ろの方がもろくできています。後ろ側に修復暦がある場合には、特に注意が必要です。

 

修復暦のある自動車の見分け方

世の中には修復暦のある自動車を優良な中古車と偽って販売している悪質な中古車もあります。そんな悪質な中古車店を見抜くには、以下の方法を試してみてください。

 
フレーム修正跡のチェック

 
事故車を修正する際には、クランプという器具を使います。これは自動車を挟んで動かないようにするための器具で、ボディの下の車の裏側、タイヤとタイヤの間に固定されます。ここにクランプの爪痕がある自動車はまず事故車であるとみて間違いないでしょう。

 
クランプの爪痕はギザギザしていて、規則正しい模様が並んでいます。購入前に一度チェックしましょう。

 
車を遠くから眺める

 
修復歴車は車全体のカタチがゆがんでいるので、遠目に見るとなんだか違和感を受けるものです。違和感を覚えた場合には、遠くからその自動車をよく眺めて、どこがおかしいのか確認しましょう。もしどこがおかしいのかわかったら、今度は自動車に近づいてその部分をよく見ましょう。

 

修復歴車をつかまされたら

修復歴がある自動車を販売する場合は提示義務があり、これを隠して販売した場合は契約を必ず無効にできます。販売店側は修復歴に気がつかなかったというかもしれませんが、提示義務を破った向こうが悪いのですから気にする必要はありません。気にせずにクレームをつけましょう。

 

修復歴車を売る場合

修復歴車は普通の中古車買い取り専門店に売ろうとしてもまず高く買い取ってもらえません。それよりも修復歴車を専門に取り扱っている業者に買い取ってもらった方がいいでしょう。

 
近年は修復歴車を専門的に取り扱う業者が増えてきています。その理由は簡単で、修復歴車は日本では人気がありませんが、海外では人気があるからです。特に日本車は品質に優れているため、自動車産業の盛んでない中小国家は修復暦車でも喜んで買い取ってくれます。こうした海外とのパイプを持っている自動車買取業者を探せば、高く売れるでしょう。最近は修復歴車を専門とした一括見積サービスなどもあるので、気になる方は一度利用してみてください。

 
また、買取が難しい場合は解体業者に廃車を依頼するという方法もあります。解体業者は自動車についているパーツや自動車に使われている鉄を高く買い取ってくれるため、買取業者に買取が難しいといわれた場合に利用してみるといいでしょう。

 

水没車ってどんな自動車?

accidentcarstandards_p03近年は日本各地で局地的なゲリラ豪雨が頻発しており、問題となっています。急な豪雨は川を氾濫させ、多数の車を水没させます。このように水浸しになってしまった自動車を水没車といいます。水没車は次第に動かなくなり、やがて停止します。こうなると再びエンジンをかけることは不可能です。

 
自動車にはたくさんの機械が搭載されており、水没するとその機械に異常が出ます。場合によっては火災や発煙が発生する恐れもあり、非常に危険です。修理するにも多額の費用が必要で、それにお金をかけるくらいだったら新しい自動車を買う方が経済的なため、水没車は廃車になることが多いようです。

 
しかし、世の中には水没車でも買い取ってくれる買取業者があります。水没車は基本的にはそれ自体が再利用されることはなく、パーツごとに分解されて再利用されます。また、場合によっては整備費用の安い東南アジアやロシアなどの海外に送られ、そこで修理されて再び使われることもあります。水没車にも価値はあるのです。

 
水没車はさびやカビが発生する前に売ってしまった方がお得です。

 

水没車をつかまないために

水没車は日本ではあまり流通することはありませんが、津波や洪水、河川の氾濫などの大災害が起こった後は多くの水没車が中古車市場に流通することになるため注意が必要です。災害が発生してから少なくとも3か月、できれば半年以上は中古車の購入には気を付けたほうがいいでしょう。ナンバープレートに最近水害があった地域名が書かれている場合には特に注意が必要です。