TEL.03-3586-1522info@car-auc.jp

オークションでの落札代行Q&A

代行Q&A

一般的なオークション(ヤフーオークションなど)と違い、オークションの参加資格を持つ自動車業者のみが出品に参加することができます。

 

目次

  1. Q1.中古車オークションとは?
  2. Q2.中古車オークションはどうして成立するの?
  3. Q3.中古車オークションの具体的な流れは?
  4. Q4.中古車オークション落札代行とは?
  5. Q5.中古車オークション落札代行を利用するメリットは?
  6. Q6.中古車オークション落札代行を利用するデメリットは?
  7. Q7落札代行にかかる費用はどれくらい?
  8. Q8.事故車は買わないほうがいいの?
  9. Q9.自分の目でチェックできないというのは不安なのですが……

 

Q1.中古車オークションとは?

A1.中古車オークションとは、簡単にいえば中古自動車ショップが参加できる「せり」です。

 

Q2.中古車オークションはどうして成立するの?

A2.もちろん中古車オークションが成り立つ理由は、「それぞれの業者に金銭的な利益がある」からです。ここではそれぞれの立場から見たメリットについて考えていきたいと思います。

 

会場のメリット

まずはオークション会場が得られるメリット。それはオークションの場を提供することで、売り手から「出品料」や「成約料」、買い手から「落札料」を得られることにあります。

 

場を提供することによって収益を得ているため、不良在庫を抱える心配がありません。

 

売り手のメリット

また、売り手側のメリットとしては、多くの買い手に車を見てもらえるということが挙げられます。

 

通常、中古車店の店舗に車を置いておくだけでは、ごく限られた地域の顧客にしか商品を見てもらうことができません。しかし、中古車オークションを利用すれば、より多くの見込み顧客を獲得することができます。

 

買い手側のメリットとしては、より多くの車を見ることができるということが挙げられます。たくさんの自動車を見ることができるため、たくさんの車の中からより良い状態の中古車を入手することができます。

 

Q3.中古車オークションの具体的な流れは?

A3.まずは出品者が出品車両をオークション会場に持ち込みます。その際には基本情報などを書き込む「出品票」に書き込みをします。
出品票には車の車種やグレードはもちろん、出品者側の記載したアピールポイント、車検年月日などの購入を決めるうえで重要なポイントを書き込むので、間違いがないようにしなければなりません。

 

車両の検査

持ち込みが終わったらオークション会場が車両の検査を行います。傷やへこみはないか、エンジンはきちんとかかるか、走行距離の改ざんはないかなどをきちんとチェックします。チェックした内容は先ほどの出品票に追記されます。また、出品票にはオークション会場の評価基準による点数も付けられます。これはいわばヤフーオークションなどで見られる「大変いい出品者です」という評価と同じようなものだと思っていただければ結構です。評価点数が高い出品者のほうが、当然後々買い手がつく可能性が高いです。

 

出品票が完成したら、オークションにどの順番で出品されるかを決める順番付けが行われます。出品番号が決まったら、中古車たちは出品ヤードに移動して出品の時を待ちます。この時、車にはキーが付けられた状態で置かれるため、購入希望業者はエンジンをかけたり、実際に車の様子を見たりすることも可能です(実際に走ることはできません)。ネットでも写真や情報が公開されるため、遠方の場合でもある程度の情報を得ることはできます。

 

本番のせり

事前チェックが終わったらいよいよ本番のせりになります。本番のせりでは、購入希望者はその車がほしいと思ったら競りの状況を確認したうえで、目の前におかれる端末の入札ボタンを押します。ボタンを押すたびに価格が上がっていき、出品者が設定した売却希望価格以上になればその時点でせりは終了し、落札者が決まります。

 

流札

逆に、売却希望価格までに入札額が達しなかった場合はお流れになります。これを「流札」といいます。流札となった車は出品者の元に戻され、もう一回出品するか、オークション会場から持って帰るかを決めます。
さて、せりが終了し落札した場合には、落札者は購入代金を支払い、出品者はそれを受け取り、名義変更の書類を出品者から受け取ります。

 

これで落札は終了し、車両は落札者のものとなります。なお、既定の期間中に車の不具合が発見された場合には、落札者はオークション会場に対してクレームをつけることができます。このクレームが受理された場合、落札金額が減額となったり、あるいは落札そのものが無効になったりすることもあります。そのようなことがないように、出品者は出品票にすべてを包み隠さずに正直に書く必要があります。

 

Q4.中古車オークション落札代行とは?

A4.中古車オークション落札代行とは、その名の通り落札行為を代行することによる手数料です。

 

Q5.中古車オークション落札代行を利用するメリットは?

A5.落札代行サービスを利用する最大のメリットは、ズバリ自動車が安く買えること。顧客が何もしないでも業者の方で安くていい自動車を見つけてきてくれるため、一般中古車店よりも10%以上安い価格で購入できることも少なくありません。

 

情報を得られるメリット

また、多くの情報を手に入れることができるというのも大きなメリットです。自分たちの足で一軒一軒店舗を見て回ろうとすると、時間も手間もかかります。しかし、中古車落札オークション代行を利用すれば、全国の中古車オークション会場に出品されている自動車の様々な情報を得ることができます。

 

落札価格を知ることができるというのも大きなメリットです。通常、中古車店で自動車を買う場合、落札価格がいくらだったのか教えてもらえることはまずありません。しかし、オークションの落札代行では落札価格を知ることができるため、その価格が本当に納得のいくものなのかを知ることができます。

 

Q6.中古車オークション落札代行を利用するデメリットは?

オークションでの落札代行Q&AA6.落札代行サービスの最大のデメリットは、これから購入する自動車を自分自身の目で確認できないこと。落札オークション会場には業者の人間しか入れないため、顧客自身が自分の目で車の状態を確かめることはできません。とはいえ、オークション会場の社員が代わりに確認してくれるため、それほど心配することでもありません。

 

自己責任

また、基本的に落札代行サービスはノークレームとなっています。前述のとおり出品された中古車はオークション会場社員の目によってチェックがなされるため不具合があることはほぼないのですが、それでも人のやることですから不具合が全く生じないわけではありません。そのあたりは自己責任になるので、考え方によっては多少リスクがある購入方法ということもできます。

 

どうしても何らかの保証がほしいならば、新車を買った方がいいでしょう。

 

Q7落札代行にかかる費用はどれくらい?

A7.業者によって違うので何とも言えませんが、代行手数料の相場は35000円~50000円ぐらいです。また、落札価格の○○%となっている業者もあります。弊社は業界最安レベルの手数料で代行いたします。

 

Q8.事故車は買わないほうがいいの?

オークションでの落札代行Q&AA8.必ずしもそうとは言えません。事故者は一般的に買い手が付きにくいため、安くてそこそこの品質の自動車を所望している場合にはむしろねらい目ともいえます。

 

事故歴について

事前にオークション会場が車をチェックするという仕組み上、中古車オークションで出品者側が事故歴を隠しきるのはほぼ不可能です。軽微な事故歴ならば、気にしないでいい場合ケースがほとんどです。

 

Q9.自分の目でチェックできないというのは不安なのですが……

A9.その気持ちはわかりますが、心配は不要です。前述のとおり、出品者は出品票を書かなければならず、またオークション会場のチェックも入るため瑕疵をごまかせる可能性は非常に低いです。

 

信頼の比較

もちろん、人間のやることですから100%希望する車を手に入れることができるとは限りませんが、それは中古車ショップで買っても同じこと。むしろプロのチェックがしっかりと入る分、オークション代行の方が信頼できるかもしれません。